百田尚樹氏の大虐殺反論に見る、朝鮮出兵・キリシタン弾圧すら知らないトンデモ

大虐殺論争

昨日より、百田尚樹『日本国紀』において、「大虐殺」について記述に齟齬があるとTwitter上で話題になっていました。それは次のツイートです。

なるほど、確かに矛盾しています。しかも「日本の歴史的には大虐殺もなければ」と自画自賛しておきながら、実際には信長による「大虐殺」があったという点で、まことにオカシナ文章です。何千ものリツイートが得られている所以も、その滑稽さゆえにでしょう。

さてこれに対して、百田尚樹氏から反論が出ました。

……。「文学的修辞」という言い訳を主張し始めました。恐らく百田氏のこの指摘が発表されるまで、ファンを含めほとんどの人が、この指摘のようには読んでいなかったでしょう。まさか百田氏は自分のファンがバカだったと気がついたのでしょうか?

ましてストーリーテラーの肩書を語るくらいですから、誰にでもわかる文章に最初から仕上げてほしいものです。

百田尚樹氏の無知蒙昧

ところで、百田氏の「(海外に比べ)日本人は国家として、あるいは民族として大虐殺はしなかった」という再解釈の文章は、それでも尚おかしいです。

というのも日本史を知っていれば、国家やら民族が大量虐殺した事例や、宗教を原因とした弾圧は幾らでも見つかります。以下に数例あげます。

  • 文禄・慶長の役(豊臣政権vs朝鮮):捕虜の斬首8000人以上
  • キリスト教徒弾圧(豊臣・徳川政権vsキリスト教徒):犠牲者不明(元和の大殉教:55人、日本二十六聖人:26人など)
  • 島原の乱(徳川政権vsキリスト教徒ら):犠牲者37000人

もしかしたら百田氏にとってみれば、朝鮮人8000人程度なら大虐殺でもないし、神道・仏教に逆らったキリスト教徒がいくら惨殺されても大した問題ではないのかもしれません。

知の巨人・渡部昇一氏、百田尚樹『日本国紀』の傲慢を一喝。

2018.11.13

【悲報】竹田恒泰氏、『日本国紀』に鎮魂歌を捧げる【反日リベラル本】

2018.11.12

『日本国紀』「男系誤謬説」への誤解を糺す

2018.11.12

3 件のコメント

  • ツッコミに対して
    (海外に比べ)とあとからいろいろ付け足してくるのは
    この手の人たちにありがちなことですので・・・。

  • コメントを残す