【眞子さま&小室圭】皇室記者、週刊誌の「美智子さまが関わった」は“ウソ”と発言

美智子さまの発言

朝日新聞社会部記者で皇室を担当している島康彦氏が次のように呟きました。

皇室関係者からの話によれば、美智子さまは、眞子さまと小室圭さんの懸案について全くに口を出されていないそうです。特にここで言及されている「交際に言及」と「公務負担」については『週刊新潮』(2019.2.14号)のことを指していると思われます。

そこで本記事では、島記者によってフェイク認定された箇所を検討していきたいと思います。

「交際に言及」についての直接発言

まず「交際に言及」は次の箇所が該当します。

「皇后さまはかねて、ご公務に真摯に取り組まれる眞子さまのお姿をご覧になり『さすがは内親王ね』と感嘆なさっていました。一昨年の5月に小室さんの存在が報じられた後も、伊勢神宮の祭主を務める黒田清子さんを念頭に置かれながら『結婚して皇室を離れたとしても、眞子には引き続き、民間にありながら公的なお仕事に携わってもらいたいの』と、繰り返し切望されていました」

『週刊新潮』(2019.2.14号)

もちろんこの発言は、後に出てきます「公務増加」とも関係する発言です。

「交際に言及」についての間接発言

また発言内容そのものはありませんが、次の二箇所も「交際に言及」に関係するでしょう。

「そもそも皇后さまは“お相手”として報じられた翌日、さっそく小室さんが眞子さまとの会話内容をメディアに明かしてしまったことに、強い衝撃を感じておられました」(同)

『週刊新潮』(2019.2.14号)

「眞子さまはご両親のこうした経緯をご存じで、ご自身の置かれた境遇と比べて納得のいかないご様子です。実際に昨年7月、小室さんが留学するフォーダム大学が“フィアンセ”との文言をホームページに載せた際、宮内庁は正式な婚約者ではないとして訂正を求めましたが、これについても大いに不満を募らせておられました」(同)

『週刊新潮』(2019.2.14号)

「公務負担」 について

また、眞子さまは『国民体育大会総合閉会式』『全国都市緑化祭』『森と花の祭典—「みどりの感謝祭」』という三つの公務に当たられることが決定しましたが、この公務負担について美智子さまが主導したとの主張をしています。

その“急先鋒”こそが、他ならぬ皇后さまだという。それゆえ今回の眞子さまのご公務増加についても、とりわけ皇后さまのご意向が強く反映されていると明かすのは、御所の事情に通じるさる関係者である。

『週刊新潮』(2019.2.14号)

「ご両親とは一向にわだかまりが解けていません。先ごろ公表された小室文書は、眞子さま側からの“反撃”とも読めますが、今度は反対に、皇后さまのご意向も踏まえたご公務増加という“軛”に見舞われたわけです」(同)

『週刊新潮』(2019.2.14号)

すべては、一刻も早く小室さんから引き剥がし、成年皇族の本分を全うしてほしいと願う皇后さまの深謀遠慮なのである。

『週刊新潮』(2019.2.14号)

具体的には、小室圭さんとの結婚が“ご破算”になったことを受けて次のように発言したと指摘されています。

「以来、一貫して小室さんを懐疑的にご覧になってきたのですが、それが事実上の“ご破算”となったことを受け『眞子には公務を続けてほしい。それは成年皇族としての人生を形成し、新しい天皇・皇后をお支えすることに繋がります。まして次の代は皇嗣家という非常に重要な家ができるわけですから、ぜひその状況でつとめを果たしてほしいのです』と、しきりに仰り、その流れに沿って公務の引き継ぎは決まっていったのです」(同)

『週刊新潮』(2019.2.14号)

まとめ

以上の美智子さまの高裁への言及、ならびに公務増加への関わりについては、島氏が聞いた“皇室関係者”によれば「ウソ」であるとのことです。美智子さまは沈黙を守られているとのことです。

ところで、『週刊新潮』も島氏も、共に情報源は匿名の関係者ですから、どちらが正しいのかは「不明」としか言いようがありません。

しかしウソだと決めつけられたからには、『週刊新潮』は何らかのコメントを発表しても良いのではないでしょうか?

また美智子さま以外にも皇族の方々の言葉が週刊誌を通じて報じられていますが、こちらについて島氏が何も言及していないことは興味深い事実です。

「一体何が真実なのか?」は時間とともに明らかになっていくでしょう。

眞子さま「四面楚歌」 小室圭問題で「皇族」から非難相次ぐ

2019年2月8日

関連記事

小室圭さんバッジ問題、「婚約内定前」から公費で外遊か? 「外務省」問題なし

2019年2月10日

【眞子さま&小室圭】週刊誌は「破談しない」と確信している

2019年2月10日

【小室圭&皇室記事】今週の週刊誌まとめ一気読み【2/4~10】

2019年2月9日


コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください