眞子さま「四面楚歌」 小室圭問題で「皇族」から非難相次ぐ

四面楚歌の眞子さま

小室圭さんが「文章」を発表して以来、先週から今週にかけて週刊誌では、皇室関係者の方々が相次いで「眞子さまが“四面楚歌”の状況にある」ことを報じています。

どうやら眞子さまは小室圭さんと結婚する意志を今でも強くお持ちのようですが、それ以外ほぼすべての皇族の方が結婚に反対されている状況のようです。

今回は、これまで明らかになった、皇族の方々の「苦言」をまとめていきたいと思います。

天皇陛下

今上陛下の本件に関する“お言葉”は直接的には報道されていません。しかし、これまでの陛下の振る舞いから、現在の状況で小室圭さんと眞子さまが結婚されることは、少なくとも陛下の“思い”を裏切るものであることが報じられています。

『週刊女性』はこの件に最も踏み込んでいます。

「現在の両陛下は、これまでずっと国民に寄り添われながら務めを果たされてきました。もし、このまま国民から祝福されていない状況で眞子さまと小室さんが結婚した場合、両陛下の“思い”を裏切ることになってしまいます。
確かに、多くの人から祝福される状況というのは数字では測れませんが、小室さんに不信感を抱いている国民は少なくないでしょう」

『週刊女性』(2019.2.19号)

このような理解は、宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司氏によってお墨付きが与えられています。

「現在の天皇・皇后両陛下に限らず、皇室の方々は今国民とともにある。ことを最も大事なこととされてきました。もちろん、秋篠宮殿下も同じお気持ちで、“国民感情”を非常に大切にされているでしょう。だからこそ、多くの人に納得してもらい、喜んでもらう状況になることを求められたのだと思います」……「ご結婚が決まれば、一時金の額を決める『皇室経済会議』は必ず開かれます。ただ、おふたりのご結婚が国民に祝福されていないと思われる状況の場合、“限度額を支給するのか”“どの程度の減額が妥当なのか”などの判断が難しいでしょう」(山下さん)

『週刊女性』(2019.2.19号)

よって、陛下のみならず、皇族全体が現状に満足していないこと、もし仮に「おふたりのご結婚が国民に祝福されていないと思われる状況の場合」には一時金の額が限度額まで出ない可能性があるなどとまで指摘されています。

美智子さま

天皇陛下と同じく、本件に関する皇后・美智子さまの直接の“お言葉”は未だ報道されていませんが、小室圭さんの「文章」を受けて、眞子さまの引き剥がし作戦に出た旨が報じられています。

過日、来年度の眞子さまの公務として『国民体育大会総合閉会式』『全国都市緑化祭』『森と花の祭典—「みどりの感謝祭」』の三つが発表されました。この三つの公務を眞子さまに任せたのは美智子さまであり、眞子さまを小室圭から“引き剥がし”、皇室に残ってもらうためであるとか。

(美智子さまは)「以来、一貫して小室さんを懐疑的にご覧になってきたのですが、それが事実上の“ご破算”となったことを受け「眞子には公務を続けてほしい。それは成年皇族としての人生を形成し、新しい天皇・皇后をお支えすることに繋がります。まして次の代は皇嗣家という非常に重要な家ができるわけですから、ぜひその状況でつとめを果たしてほしいのです」と、しきりに仰り、その流れに沿って公務の引き継ぎは決まっていったのです」(同)

『週刊新潮』(2019.2.14号)

「ご両親とは一向にわだかまりが解けていません。先ごろ公表された小室文書は、眞子さま側からの“反撃”とも読めますが、今度は反対に、皇后さまのご意向も踏まえたご公務増加という“軛”に見舞われたわけです」(同)


『週刊新潮』(2019.2.14号)

またそもそも美智子さまは小室圭さんに不信感を抱かれていたとも報じられています。

「そもそも皇后さまは“お相手”として報じられた翌日、さっそく小室さんが眞子さまとの会話内容をメディアに明かしてしまったことに、強い衝撃を感じておられました」(同)

『週刊新潮』(2019.2.14号)

追記:以上の美智子さま発言についてはウソとの指摘があります。以下の記事を参照ください。

【眞子さま&小室圭】皇室記者、週刊誌の「美智子さまが関わった」は“ウソ”と発言

2019年2月11日

皇太子殿下

今年五月に即位が決まっている皇太子殿下も、小室圭さんの問題に留意されているようです。皇太子殿下の「知人」が次のように語ります。

皇太子さまの知人がこう語る。「今年に入ってから、皇太子さまがご友人とお会いした際に、小室さんのことが話題に上ったそうです。皇太子さまは深刻なご表情で一言『困りましたね……』とつぶやかれたそうです」

『女性自身』(2019.2.19号)

この「知人」というのは、皇太子殿下から直接話を伺った「友人」は違う人物のようですから、「皇太子殿下⇒友人⇒知人⇒雑誌編集部」という伝聞での情報です。

また次のようにも。

「皇太子さまは、小室さんをめぐる問題は、平成のうちに沈静化させるのが望ましいとのご意見だったそうです。
2月24日には天皇陛下のご在位30年の式典があり、4月10日にはご成婚60年を迎えられます。本来ならば、“有終の美”を飾られる両陛下に国民の注目が集まるはずでした。小室さんの動向ばかりが取りざたされる状況は好ましくないとお考えなのでしょう」(宮内庁関係者)

『女性自身』(2019.2.19号)

確かに代を跨いで小室圭さんの問題が引き継がれてしまうとは弱ったものです。また、雅子さまの“お言葉”はまだ報道されていません。

秋篠宮殿下

眞子さまの父親である秋篠宮殿下の“お言葉”は多く伝わってきています。先の誕生日会見でも直接的に「多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況にならなければ、私たちは婚約にあたる“納采の儀”を行なうことはできません」「相応の対応をすべき」と言及し、現状でのお二人の結婚に反対されました。

またこの誕生日会見を受けて発表された、小室圭さんの「文章」に対する辛辣なコメントが伝えられています。

そんな中、ある宮内庁関係者は小誌の取材に重い口を開き、こう明かした。
「秋篠宮さまも文書を読まれましたが、『これでは婚約は難しい』と漏らされているようです」

『週刊文春』(2019.2.14号)

「文書は、『解決済み』という小室さんの一方的な主張を書いただけで、借金問題の進展を告げるものではなかった。『この期に及んでこんな文書を出すとは……』と呆れていらっしゃるようです。ましてや、誕生日会見で仰った『相応の対応』にはまったく当たらない、とお考えのご様子です」(前出・宮内庁関係者)

『週刊文春』(2019.2.14号)

ここまで大きな騒動になるとは思っていなかったでしょう…。

紀子さま

眞子さまの母・紀子さまも、小室圭さんの「文章」に落胆していたことが伝えられています。

「紀子妃殿下は、今回のコメントを目にされて『今さら何でしょうか。遅すぎます』『内容も、よく意味がわかりません』と悔然となさっていました。妃殿下はそもそも、一昨年12月に初めて金銭トラブルが報じられた際、いち早く佳代さんに電話をかけて急遽面談をされたほど、この件を問題視なさっていました。それから1年余り、ひたすら沈黙し、殿下の呼びかけにも“ゼロ回答”を貫いてきた小室さん母子に対し、積もるお気持ちをついに吐露なさったようでした」

『週刊新潮』(2019.2.7号)「「紀子さま」が「小室圭さん」釈明文書にきつすぎるお言葉」

先の秋篠宮殿下の誕生日会見で、紀子さまは「私家族として非常に難しい状況の中にありますが,私は,長女の眞子がいとおしく,かけがえのない存在として感じられ,これからも,長女への思いは変わることなく,大切に見守りたいと思っております」と仰っていましたから、現状を大変危惧されていることでしょう。

佳子さま

また眞子さまの妹・佳子さまについては、直接的な発言については報道されていませんが、眞子さまと“共闘状態”にあると報じられています。

「1月上旬には、夜の10時過ぎまで大学に残られ、卒論執筆のラストスパートをかけられていたそうです。姉妹そろってのお出かけは、お2人にとって心安らぐひとときになったことでしょう。
小室さんの文書が物議を醸す中、あえて佳子さまは眞子さまに同行されたのです。これは、孤立無援となっている眞子さまへの“共闘宣言”であると思われます。佳子さまは以前、紀子さまの反対もあって、ダンスサークルへの入会を諦めたことがありました。
断念しかけたダンスに再び打ちこまれている佳子さまは、ご両親の反対を押し切って選んだ道を貫く眞子さまにも、共感されているのかもしれません」(前出・皇室担当記者)

『女性自身』(2019.2.19号)

さすがに姉妹揃ってお出かけするだけ「共闘宣言」「眞子さまに共感」と解するのはかなり想像力を働かせすぎだと思いますが(笑)

別の週刊誌では、佳子さまは「小室圭問題に関わりたくないと」態度を取られているとか。

「佳子さまも、その問題にかかわりたくないのでしょう、すぐに自室にこもり、かつてのように食後に家族で語らう時聞がほとんどなくなってしまったと聞いています。……」(前出・別の宮内庁関係者)

『女性セブン』(2019.2.21号)

こちらの方が理に適っているようにも思えますが、真相は誰にも分りません。

悠仁さま

なんと本件に絡み弟・悠仁さまの行動まで報じられています

「……また、近頃は悠仁さまが眞子さまに対して、よろしくない態度を取られることも増えているそうです。
小室さんを信頼されているとはいえ、眞子さまはご家族の中で深い孤独を感じていらっしゃるのではないでしょうか。それでも、公務には真摯に取り組まれています。宮内庁関係者の問では、“並大抵の精神力ではない”とささやかれています」(前出・別の宮内庁関係者)


『女性セブン』(2019.2.21号)

具体的な内容は一切不明なのですが、ポジティブな書き方でないのは確かでしょう。

この様に皇室の方々に関する週刊誌記事を読む限り「小室圭・眞子さまvsその他の皇室の方々」という構造が見て取れます。

このような四面楚歌の中、眞子さまが英断を下されることはあるのでしょうか?

【関連】一億総バッシングのなか応援の声も。

関連記事

小室圭さん「駆け落ち」は既定路線——すべて“計画通り”か

2019年2月7日

【小室圭問題】女性記者たちが語る「真実」「本音」——秋篠宮殿下は責任転嫁している

2019年2月6日

「小室圭さんが公表した文書にアナタは納得した?」緊急アンケートの結果【反対の声多数】

2019年1月29日

小室親子「慰謝料として払う用意がある」、元婚約者「納得します!」

2019年1月29日

小室圭さん「逆襲文書」に眞子さま号泣

2019年1月29日

6 件のコメント

  • 小室さんは結婚を辞退するべきです。
    結婚したら家と家の付き合いがあるので、母は流石に皇族と付き合うのは無理でしょう!

  • 半島の血が入っているか?ーーーの方がはるかに大きな問題だ。  なぜみんなほかの問題にだわるのだ! おれからみれば非日本人だ! ―――だけど、これを言ったらテンヤワンヤになるかもね―――

  • 日本の有名人・芸能人は在日・帰化人しかなれない          で検索
    小室圭は韓国から送られたスパイ                  で検索

  • コメントを残す