【日本国紀】有本香「パクリ指摘は悪質な誹謗、開示請求する」⇒「私達がパクリました!」とウソが証明される

我々がコピペしたと謎の告白

過日開かれた「百田尚樹チャンネル オフ会」において、コピペ騒動に揺れる『日本国紀』の敏腕編集者・有本香氏が、次のように告白したそうです。

その他のソースによれば、有本氏は「校正していく段階で“私達”が参考にしたんです」と表現したとこのこと。

ほんと「コピペしてない」とか、「コピペしたけど少量だ」とか、「コピペして何が悪いんだ」とか、「コピペは推奨される良いこと」とか、「コピペしたのは編集側で、百田さんが泥を被ってくれました」とかコロコロ意見が変わりますね。

コトの真相

しかし常識的に考えて著者原稿に対して、校正の段階で編集側が勝手にWikipediaのコピペを混入させるなど有り得ない話です。

こんな馬鹿な「言い訳」を誰が信じるというのでしょうか? まぁ信者というものは「信じたい“真実”を信じる」ので、こういう「百田氏が泥を被った」というリアリティのないリアリティショーで十分なのかもしれません。本当に馬鹿げた話です。仮にもし有本氏の発言が真実であるならば、100%オリジナルの百田氏原稿バージョンを再度刊行すべきではないか。

おそらく真相は、編集者(スタッフ)がコピペを駆使して原稿下書きをつくり、その後、百田尚樹氏が12章~終章を中心に原稿に手を入れたが、刊行時期を早めるなど「ビジネス」を優先させたため、コピペ跡を十分に消すことが叶わなかった、といったところでしょう。

嘘をつきまくる有本香氏

ここまで嘘八百を平然とつけるというのも驚きですが、これが今の「保守論壇」の姿であると証明したことこそが『日本国紀』の業績かもしれません。多くのブーメランが発掘されています。

なんと、このコピペ問題が取り上げられ始めたころ、有本香氏は「パクリの元ネタは◯◯」というような告発を「悪質な誹謗ツイート」と攻撃していました。

またコピペ指摘をした批判者に対して、ツイッター社やプロバイダに開示請求すると恫喝していました。

また次のような謎の嘘松ツイートも。

校正していく段階で“私達”が参考にしたんです」と自白した通り、有本氏ら編集陣がコピペを混入させていたのですから、「自分たちがコピペした」と自覚しつつ有本氏はこれら恫喝ツイートをしていたわけです。

平然とウソをついて恫喝する恐ろしい人ですね。

有本香「自分守りのセコいウソは見透かされる、ウソつきを二度と相手にすべきではない」

最後に有本香氏のありがたい正論を紹介して終わりにしたいと思います。

ほんとブーメランが突き刺さっています。

関連記事

『日本国紀』における「無断転載」の総覧——その問題点の考察

2019年1月18日

【日本コピペ紀】ブーメラン職人、有本香氏の発言集。

2018年12月16日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日

【悲報】有本香氏、『日本国紀』のパクリ告発を「悪質な誹謗ツイート」と断言【日本コピペ紀】

2018年11月16日

10 件のコメント

  • コピペ?歴史の内容は、いろいろ参考にして、それに基づいて、考えを書くのが、コピペ?
    日本を愛する人達とは、なんか違う。お左さんは、人の事ぱかり、自分の事にねると、知らん顔。嫌な世の中ですね。

    • @バナナさんへ
      あなたのお説は、コピペしても経済効果等発生しない様ですね。
      とは言え、「愛国者気取りのお右さん」の一例として参考にさせて頂きます。
      自他への批判精神に関しては、「コピペ本を売り捌いて荒稼ぎ等していないから、『自分の事がどうの』と仰っても困る」とお答えして置きます。

      • 盗用だのコピペだの言ってるけど、引用の範囲は全く超えてないんじゃないですか?引用はちゃんと著作権法でも認められているんですけどね…常識って知ってる?大丈夫ですか?

    • 遊幸 (@rakuzaokino) さんへ
      「馬が混ざってきている」なら可愛いギャグですが、自警団に捕まると「おい、朝鮮人がいるぞ! ガギグゲゴと言ってみろ」という怖いことになると思います。
      気をつけてね、バナナさん。間違って殺された日本人もいるんだから。

  • 擁護者方としては、この様なご歴々の為に「時系列付きの主張一覧表」を作成し、絶えず改刷もとい更新する必要がありそうです。
    批判者達としては、「私は行為Aを行った」という発言を捉えて、過去の「行為Aを行う者は人間性がαだ」というそれを例示すれば、「彼こそ人間性がαだ」といった、社会通念上妥当な指摘が可能です。
    しかし擁護者方としては、「行為Aという事実の認定は困難だ」「事実たる行為Aへの評価は状況次第だ」「事実たる行為Aへの評価がどうあれ、αへの判断は総合的にすべきだ」といった、後日の修正主義的な発言を提示して、反論する必要があります。
    取り分け、国家権力者に連なるご歴々を擁護するからには、重い説明責任を担わざるを得ません。
    それが耐え難いので、「正しい方が仰る方は常に正しく、間違った奴の言う事は常に間違っている。正しい方か間違っている奴かは、私が認定する」という、中二病の出来損ないじみた妄論に走るのでしょうか…

  • 他人の著作や論文を丸写しする行為=コピペは、普通の日本語で「盗用」といいます。著作権法違反で罰せられる行為であり、特に学術界では重大犯罪です。全部でなくて一部を加工した場合は剽窃。こちらも盗用に準じた犯罪行為です。

  • 一連の経緯に対する説明が聞きたい。私もなぜウィキペディアが入り込んだのか知りたい。いつもあれだけ論理的に政治を解説しておられるのだから、そんなこと朝飯前でしょう。

  • コメントを残す