【日本会議】安倍政権に「遺憾の意」全文

日本会議が安倍政権に苦言

安倍晋三首相の支持団体である「日本会議」が、即位前に新元号を発表する政府方針に「遺憾の意」を表明しました。

これを受けて共同通信は、次のように保守分裂の可能性に言及しています。

安倍晋三首相を支持する保守系団体「日本会議」が、皇位継承に伴う新元号を4月1日に事前公表する首相方針に「遺憾の意」を示す見解を機関誌に掲載したことが2日、分かった。天皇代替わり前の公表は「歴史上なかった」として、先例としないことも求めた。憲法改正など基本理念を共有する有力支持団体が不満を表明するのは「異例中の異例」(関係者)で、波紋を広げそうだ。

日本会議と連携する自民党保守派は皇室の伝統を尊重する観点から、5月1日に皇太子さまが新天皇に即位された後に改元政令を公布するよう訴えたが、首相が受け入れなかった経緯がある。

共同通信

波紋を広げそうだ」や「首相が受け入れなかった経緯がある」と述べ、両者の対立に軸を置いた記述になっています。一方で、産経新聞は、これを報じながらも表現は穏やかなものになっています。

保守系団体「日本会議」が、皇位継承に伴う新元号を4月1日に事前公表する首相方針に「遺憾の意」を示す見解を機関誌に掲載したことが2日、分かった。天皇代替わり前の公表は「歴史上なかった」として、先例としないことも求めた。

見解は機関誌「日本の息吹」2月号に掲載された。歴代天皇が即位後に改元してきた「代始改元」の伝統と、天皇一代に一つの元号とする明治以来の「一世一元」の制度を踏まえ、新天皇即位後の新元号決定と公布が「本来の在り方だ」と批判した。

産経新聞

ただ事実だけを伝えるスタイルになっています。

以上の二記事の間でニュアンスが微妙に異なり、実際にはどのようなものであるのかが問題になります。

ネット上での見解

このように日本最大の保守系団体が安倍総理に苦言をしたとあって、SNS上でも大変な関心を集めています。幾人かの論客が、早速、声明を発表しています。

リベラル色の強い菅野完氏が日本会議の方を持つのに対して、保守色の強い谷田川惣氏が政府の方針に賛同するというのは興味深いですね…。

全文

この日本会議の見解は、機関誌『日本の息吹』(2019.2号)に載っています。次のようなものです。

「新元号の制定に関する政府の方針」への見解

 安倍晋三首相は、1月4日、年頭の記者会見を行い、新元号の制定に関する政府の方針を発表した。それにれば、改元による国民生活への混乱を最小限にとどめるため、新元号は4月1日に閣議決定して国民に公表、政令の交付は今上天皇が行われる。そして施行日は、新天皇ご即位の5月1日とされた。
 「元号法」第2項は「元号は、皇位の継承があった場合に限り改める」と定めている。これは「代始改元」の伝統、つまり歴代天皇がご即位後、国家の安泰と国民の幸福を願って改元が行われてきた皇室の長い伝統と、明治以来の「一世一元」の制度を踏まえたものである。
 それ故、新元号の制定については、新天皇がご即位決定し公布するというのが、本来の在り方である。にもかかわらず、政府は「退位特例法」制定時に国会が行った附帯決議を最優先し、「国民生活に支障が生ずることがないようにする」ためには「事前公表」しかないと判断した。
 しかしながら、元号制度の伝統の尊重と国民生活への支障の回避とは決して矛盾するものではない。「元号制度の伝統」を尊重して、新元号は新天皇のご即位後に閣議決定し公表すると共に、「国民生活への支障を回避」するために「施行」時期を遅らせるという方法もあり得た。
 政府は先に、御代替わりの式典の挙行に係る基本方針に「憲法の趣旨に沿い、皇室の伝統などを尊重する」と表明している。日本国憲法は、天皇を「日本国及び日本国民統合の象徴」と定めている。それ故、新天皇のお即位後に新元号を定め、天皇と国民が「新元号」に込められた理想と願いを共有し、「一つの時代」を共に歩んでいくことこそ、「憲法の趣旨に沿い、皇室の伝統を尊重する」ゆえんでもあろう。その意味で、遺憾の意を表面せざるを得ない。御代替わり前の元号の決定・公表は、歴史上なかったことであり、今回の元号制度方式が、将来の先例とならぬように求める。
 政府に置かれては、新元号が新天皇の御代を象徴するものであることの重みに改めて留意され、新元号公布にあたっての皇太子殿下へのご報告、新元号の国民への定着に万全の努力を払われるよう強く要望するものである。

平成31年1月17日

日本会議

日本国憲法を「押しつけ憲法」を揶揄して「改憲」を訴える日本会議が、「憲法の趣旨に沿い、皇室の伝統などを尊重する」と訴えて、新元号の制定方針に苦言を呈するのは、些かおかしな印象を受けますが、それは私だけでしょうか?

5 件のコメント

  • 安倍政権にせよ日本会議にせよ、そんなに一代一代の伝統に則りたければ、秦の始皇帝に倣って「今上(徳仁)天皇元年〜」を主張すべきではないかと思います。
    元号制を存続させるのみならず、嘉語を元に定めた名称を新天皇が公布するという形で国民に恩を着せようとするから、時代錯誤な面倒を起こす訳です…

  • 私は、早く決めて早く発表すれば良いと思っていますが、どうでも良いことではないですか?
    それより大嘗祭を盛大に行うことです。

    • @正しいとは何かさんへ
      我々一般的な国民としては、「一元一号制を継続するなら、先ずは公的文書作成時の西暦との選択制を導入して欲しい。そもそも、何故元日から改元しなかったのか。せめて、一刻も早く新元号を認知して順応出来る様に、安倍政権は日本会議等との主導権争いを、直ちに辞めて欲しい」と思うのが常識的です。

      あなたの様な方なら、「践祚大嘗祭のみならず、毎年の大嘗祭を正式な内廷費で盛大に挙行して頂きたい」とご主張なさりそうですが、意外と控え目にお見受けします。
      個人的には、「三種の神器に代表される様に、伝統的な象徴は陰然としてこそ威厳を増す」と考えます。
      とは言え、象徴天皇制は国民主権憲法と不可分の存在ですので、「税金を注ぎ込んで演出した重苦しさ」より「国民負担にも配慮した風情が窺える馴染み易さ」が、より重視されて然るべきでしょう。

  • 元号は平成が終了する2019年4月30日をもって廃止すべきで2019年5月1日以降は新元号ではなく、1374年ぶりに西暦だけに統一すべきです。大相撲の本場所日程は2019年以降西暦で書かれてますが、車の車検などの有効期限は2019年5月1日以降も西暦ではなく、元号で書かれてます。日本での元号は645年度の大化から使用され、平成までに使われてる元号の数は247です。消費税が日本で導入されたのは1989年4月1日で平成元年度が始まった時なので平成になったから導入されたと思います。日本での消費税は当初3%で1997年4月1日からは5%に増税、2014年4月1日からは8%に増税し、現在に至ります。2019年10月1日には消費税が10%に増税する予定ですが、金の無駄使いをなくすことや税抜き価格があることを理由に日本での消費税は平成が終了する2019年4月30日をもって廃止し、全世界では2021年3月31日をもって消費税を廃止すべきです。1989年3月31日までに製造したエレベーターや電車などの開閉ボタンの表記は基本的に漢字ですが、平成元年度が始まった1989年4月1日以降に製造したエレベーターや電車などの開閉ボタンの表記は基本的に外国人に分かりやすいマーク(三角、矢印)なので平成になったから変わったと思います。開閉ボタンがマーク(三角、矢印)表記なのは外国人には分かりますが、日本人には分かりにくい人もいます。最近はマーク(三角、矢印)とひらがなの表記が増えてますが、それでも日本人には分かりにくい人もいると思います。2019年5月1日以降に製造するエレベーターや電車などの開閉ボタンの表記はひらがなと英語にするべきでマーク(三角、矢印)表記のエレベーターの設置は2020年7月までに完了させるべきです。福井放送は1989年3月31日まで日本テレビ系列単独ネットでしたが、平成元年度が始まった1989年4月1日からはテレビ朝日系列とクロスネット局になったので平成になったからテレビ朝日系列とクロスネット局になったと思います。2020年4月1日には福井県にテレビ朝日系列単独ネット局を新局開局させるべきです。プロ野球の南海ホークスが福岡ダイエーホークスに改称した理由はダイエーに売却したためですが、1989年度なので平成になったから売却して改称したと思います。2005年度には福岡ソフトバンクホークスに改称し、現在に至ります。プロ野球は福岡ソフトバンクホークスの消滅と通算成績が多いことを理由に2020年度シーズンをもって廃止すべきです。NHKスペシャルは1976年4月にNHK特集として放送を開始しましたが、平成元年度が始まった1989年4月に現在のNHKスペシャルにタイトルを変更したので平成になったからタイトルを変更したと思います。NHKスペシャル自体は2021年3月をもって放送を終了させ、NHK特番としてスタートさせるべきです。

    • @匿名さんへ
      私としては、「平成終元後に西暦へ統一」という旨のご主張を客観的に尊重し、かつ主観的に支持する次第です。

      序でで恐縮ですが、後学の為にどの程度の所要時間で記載なさったかをお教え下さい。
      「事実関係のご例示は全て記憶で賄ったか」「Wikipedia程度であれ参考資料をご使用か」も、併せてご提示頂ければ何よりです。

  • コメントを残す