日本会議が安倍首相に苦言——新元号に事前公表に「遺憾の意」を示す

新元号

今年の代替わりにともない、元号も変更になります。

保守は元号が大好きです。

今回の代替わりでは、社会の混乱を防ぐために、元号の発表が代替わりよりも前に行われます。この順序に対して保守派は反対していました。そして、今回、安倍晋三総理の支持母体である保守系団体「日本会議」が、このような元号発表の順序について安倍総理を批判したというニュースが流れました。

産経新聞

まず保守系新聞の産経にはつぎのように。

保守系団体「日本会議」が、皇位継承に伴う新元号を4月1日に事前公表する首相方針に「遺憾の意」を示す見解を機関誌に掲載したことが2日、分かった。天皇代替わり前の公表は「歴史上なかった」として、先例としないことも求めた。

見解は機関誌「日本の息吹」2月号に掲載された。歴代天皇が即位後に改元してきた「代始改元」の伝統と、天皇一代に一つの元号とする明治以来の「一世一元」の制度を踏まえ、新天皇即位後の新元号決定と公布が「本来の在り方だ」と批判した。

産経新聞

ただ事実だけを伝えるスタイルになっています。これは次に挙げる共同通信の速報と異なっている点で興味深い事実を提示しています。

共同通信

一方、共同通信は次のように発表。

安倍晋三首相を支持する保守系団体「日本会議」が、皇位継承に伴う新元号を4月1日に事前公表する首相方針に「遺憾の意」を示す見解を機関誌に掲載したことが2日、分かった。天皇代替わり前の公表は「歴史上なかった」として、先例としないことも求めた。憲法改正など基本理念を共有する有力支持団体が不満を表明するのは「異例中の異例」(関係者)で、波紋を広げそうだ。

日本会議と連携する自民党保守派は皇室の伝統を尊重する観点から、5月1日に皇太子さまが新天皇に即位された後に改元政令を公布するよう訴えたが、首相が受け入れなかった経緯がある。

共同通信

一方で共同通信は、「波紋を広げそうだ」や「首相が受け入れなかった経緯がある」と述べ、両者の対立に軸を置いた記述になっています。産経新聞よりも一歩踏み込んだ記述と評価できるでしょう。

確かに、これまでも改憲をやるやるといいながら一向に進んでいませんし、入管法改正に関しても保守派の意見を斥けて成立させたした。はたした安倍総理が「日本会議」から見捨てられる日はくるのでしょうか?

まだ二つしか速報を確認できませんでしたが、今後も見つけ次第、更新します。

日本会議「遺憾の意」文章の全文

関連記事

安倍首相、沖縄・広島・長崎での追悼式典でのスピーチも毎年コピペ。

2019年1月4日

【悲報】安倍首相、「年頭所感」にコピペ改変疑惑。四年間も使い回しか。

2019年1月4日

現代文学は歴史か? 保守論壇にみる「通史」の歴史戦

2018年10月28日

3 件のコメント

  • 日本会議は、安倍政権の票田扱いされているという危機感があるかも知れません。
    歴代アメリカ政権の様に、強制力を行使しつつ国益を搾取出来る様な立場とは、大違いですね…

  • 新年号は、もう決まっていると聞きました。「晋恵」でしょう?
    首相夫妻の名から一文字づつ取るそうです。
    だから日本会議が怒っているのですよ

  • >確かに、これまでも改憲をやるやるといいながら一向に進んでいませんし、入管法改正に関しても保守派の意見を斥けて成立させたした。はたした安倍総理が「日本会議」から見捨てられる日はくるのでしょうか?
    日本最大の「保守」団体が、なぜか「リベラル・デモクラティック・パーティ」を支持しているというのは永遠の謎。
    ついでに言うと自民党支持者がリベラルを揶揄するのも、そしてそのことを看過しているのも永遠の謎。

  • コメントを残す