南京大虐殺のさなか、アメリカから「やめろ」と抗議を受けた公文書「393.115/128」が発掘される

南京大虐殺の根拠は無数に

南京大虐殺に代表されるように、支那事変が起こり日本軍が長江デルタ地帯に進出すると、略奪・殺人・放火・強姦を繰り返していたことは夙に知られます。

これを認めず、否定しようとする人も多いのですが、当時日本軍兵士の陣中日記に、残虐行為をした告白が数多く残されている以上、何らかの大規模な残虐行為が行われと理解することが自然でしょう。

またこのような日本軍による蛮行が行われていたことは、支那事変が起きた当時から世界中でよく知られた事実でした。残虐行為が起きるとほぼ同時に各国から非難が殺到し、日本軍・政府は再発防止のために様々な方策を取ったことが知られます(笠原十九司『[増補]南京事件論争史』平凡社, 2018, pp. 32-54)。

アメリカからの抗議に対応を約束する原田少将

今回紹介するアメリカの外交関係公文書「393.115/128」は、これを端的に示す証拠です。

この文章は1938年1月19日に上海から打たれたものです。その中では、支那事変に伴いやってきた日本軍がアメリカ人の財産を破壊・略奪したことに対する抗議に加え、

  1. 今後、非戦闘員の中国人へのアトローシティ(残虐行為)が起きないように防止策を取ること
  2. 残虐行為を犯した者への懲罰の促進

という二点を原田熊吉少将に求め、その原田少将もこれを約束したと書いてあります。原文は本記事の末尾にあります。

日本側の証言とも一致

このアメリカ公文書の資料的価値が高い理由は、これを裏付ける証言が日本側資料にも存在する点にあります。

たとえば、A級戦犯で死刑になった広田弘毅氏の最終弁論には次のようにあります。

外務省は日本陸軍に依り南京において犯されたいわゆる残虐行為にたいし「二組」になった多数の苦情処理を受領した。……外務省はこれらの苦情を「額面」どおり受け取った。そして広田の命に依り陸軍省の関係局に強い抗議を提出する措置をとった。……在東京米国大使館より国務省宛に発せられた電報もまた残虐行為と称せられるものならびに第三国およびその国民の財産に対する干渉を停止せしめるため、外務省は実際に処置を講じたという事実を確認している。

『日中戦争 南京大虐殺事件資料集Ⅰ』青木書店, 1985, pp. 413-414

このように第三国の資料と日本の資料とが一致して同じ現象を説明しているという点で、日本軍による蛮行の「事実」を力強く証明しているでしょう。

【南京大虐殺】日本軍の「組織的犯罪」を示すアメリカ公文書「793.94/12207」が発掘される——強姦・殺戮・略奪・放火の報告

2019年2月3日

393.115/128: Telegram

393.115/128: Telegram
The Commander in Chief, United States Asiatic Fleet (Yarnell), to the Chief of Naval Operations (Leahy)

[Shanghai,] January 19, 1938—2 p.m.
[Received January 19—8:40 a.m.]

0019. Today returned recent calls Major General Harada, Japanese Military Attaché, [and] Furujo, liaison officer, brought their attention serious effects numerous incidents involving desecration American flags, destruction, looting American property had on American public opinion. Stressed points that Americans look on flag with same reverence Japanese look on Emperor and such incidents if continued might create dangerous situation which responsible authorities trying avoid. Also stated believed honor Japanese Army required action prevent future atrocities against Chinese noncombatants and that prompt punishment offenders necessary for good name Japanese Army abroad. Major General Harada replied [he] realized gravity situation, army authorities taking steps prevent recurrence incidents and punish offenders.

Cf. Foreign Relations of the United States Diplomatic Papers, 1938, The Far East, Volume IV, pp. 239-240.

【追記】日本軍の「組織的犯罪」を示すアメリカ公文書「393.94/12207」が発掘される——強姦・殺戮・略奪・放火の報告

関連記事

南京大虐殺の犠牲者は「50万人」以上——アメリカ公文書「RG59-793.94/11631」が従来説を大きく覆す

2019年2月1日

【靖国神社】遊就館において南京事件(南京大虐殺)は、どの様に展示されているか

2018年12月14日

【時事】「南京大虐殺」81周年記念式辞にみる日中関係の未来

2018年12月13日

【トンデモ】南京大虐殺は無かった?(百田尚樹『日本国紀』幻冬舎, 2018)

2018年11月9日


71 件のコメント

    • この記事の一体どの部分が「日本を貶めるウソ」なのでしょうか?
      具体的に説明してみて下さい。

    • 『情報を得るには英語は必須です。日本語だけでは偏った情報しか得ることは出来ないです。
      英語のサイトでは日本で報じられていないことが多く書かれています』。
      新観点に基づく新事実が書かれている文章ですから、あなたの思想信条に取って不利益であれ、上記に該当します。
      『葉公竜を好む』扱いされたくなければ、全文をご読了の上で適宜ご論評を加えるべきでしょう。
      「当該文書を中国側が発掘するに辺り、朝日新聞や本多勝一記者の協力があった」等と、末尾に記載されているかも知れませんよ(苦笑)。

      • いち愛読者さんへ
        ウソの情報と有用な情報とを見分けなければならないです。
        最初からウソと分かっている英文を苦労して読む必要はないです。
        私が英語が必要だと言ったのは、ウソを見分ける為です。
        例えば、温暖化のウソなどについて日本では報じられていないことが書かれています。

        • お前バカなの?
          温暖化を否定する科学者には石油業者から賄賂渡していたとウィキリークスに告発されてるけど。
          アホなの?

          • 論理で負けるといつもこのようにバカだ、アホだと言論封殺して来ますね。
            発狂していつもバカだ、アホだと言ってきます。
            本当に情けない人です。

    • 右派も原爆投下について厳しく抗議し核兵器禁止条約への批准を求めるって言えば「パヨク」の皆様も概ね同意してくれると思うよ。

    • 作り話…で片付くには証拠が多過ぎます。
      失礼ながら失笑しますね。

      原爆が出来たのはもっと後ですし、日本よりドイツでの製造が懸念されてたのですよね。

      結論ありきで議論を始めると時系列が破綻しますが、典型的すぎて。もう。

      • 「南京大虐殺」は戦後ですよ。1971年の本多勝一からですよ。
        なぜ1971年かを常識的に考えれば捏造だと分かります。
        証拠はなくても捏造だと分かります。常識で見れば分かります。

        • 『「南京大虐殺」は日本への原爆投下を正当化する為の作り話』だとのお考えですね。
          張本人に擬せられた本多勝一氏は、ヴェトナム戦争等も含めたアメリカの戦争犯罪を追求し、アメリカ人記者との往復書簡でも激しく論争しています。
          因みに、イエス様はマルコによる福音書第3章23節で、『どうして、サタンがサタンを追い出すことができようか』と仰っています。
          ベルゼブルに取っては、イエス様の御業でサタンが被憑依者から追放されれば、彼の勢力が弱体化して漁夫の利を得られるかも知れません。
          しかし、「イエス様がベルゼブルと結託していた」という推測は、利害関係に毒された邪推に過ぎません。
          これが、二千年来から今日に至る人間社会の常識です。

          • いち愛読者さんへ
            イエスはサタンが「南京大虐殺」という捏造をすることを予言しているのではと思う。
            「うそを言っている者たちに、わたしはこうする。見よ。彼らをあなたの足もとに来てひれ伏させ、わたしがあなたを愛していることを知らせる」
            と言っています。

  • はぁ…じゃあ南京大虐殺が無かった証拠を出してくれよな…
    政府見解でも人数は断定できないけど「ある」としているのに、あなた反日ですか?

  • 南京論争って「トンデモ」の味わいが無いんですよ。
    稲田朋美や東中野修道の敗訴、及びそれに伴う産経新聞の報道ぐらいかなあ、クスってなったのは。あとは産経記者の無知蒙昧記事か(南京安全区の面積が日本の国土面積の10倍以上になっていたり)。

    百田さんが「嗚呼 堂々の中支那方面軍」とかを書いてくれれば、とも思いますが、否定派のコピペの寄せ集めで終わりそうだし。

  • この南京大虐殺については、南京攻略戦の際の日本軍側の司令官で、後に南京大虐殺の責任で絞首刑にされた松井石根自身が、処刑前に、反省の意思を示し、それを受け入れる旨を発言していたり、
    東京裁判で、日本側に寛容な姿勢をしめしていたパル判事も、日本軍による大規模な虐殺の事実の存在自体は、認定しており、
    被害者の数などの議論はありうるとして、事実自体が捏造、みたいに言うことはできんだろな

  • 在南京英国大使館からの抗議も、当時ありました。秦郁彦著「南京事件」によると、揚子江ぞいにあった同大使館の屋上から、虐殺の現場が見え、銃声や叫び声が毎日見聞きできたから、当然ですね。日本軍は姑息な事に、虐殺現場を移動して抗議に応えたそうです。

  • 作り話と言ってる人は、本気でまともに歴史学んだことないでしょ。
    情けない話です。真実の歴史をきちんと直視せず、嘘の歴史を喧伝することこそ日本を貶める行為です。
    同じ日本人として恥ずかしい限り。
    無いという人の証拠や証言は嘘ばかりで
    あるという証拠は日本側にも南京側にもいくらでもある。それが南京事件です。

    ところで、細かいですが、2段落目に脱字があります。

  • そもそも支那人による日本人虐殺に対する懲罰紛争が支那事変
    蒋介石が謝罪と賠償していれば北支事変で収まったんだよな

  • 2月2日8時40分の匿名です。
    否定論の難しい所は、「相手にしても無駄」と思わせるところかもしれませんね。
    とはいえ、放置しとくとそれなりに拡散(して世界に恥をさら)しますし。
    「無かったことを証明せよ」がやはり適切なのでしょうね。

    • 信じる人は多いので、やはりこういう発信も必要でしょう。
      既に信じ切っている人間に何を言っても無駄ですが、それを未然に防ぐ手立てになるかと。

      • その通りですね。
        正しい知識がなければ、否定論のエサになってしまいますから。
        予防が一番大事ですね。

  • 無かったという人は、この文書の信ぴょう性を攻撃すればいいだけなのに
    なぜ単に「無かった」だの「反日」だの「デマ」だのと言い張るだけなんでしょうね。
    やっていることが反日で凝り固まっている韓国人のそれと全く一緒。
    反論するなら証拠と論拠を明確にしてくれないと何の意味もありませんよ。

    というわけで「虐殺は無かった」とする側からの明確な論拠なり証拠を目にしてみたいです。

  • 頭を冷やしてください。
    米国が抗議したというだけでは証拠になりません。
    通州事件の事は歴史を勉強している皆様ならご存知ですよね。
    その後の経過は今の韓国レーダ照射と同様ですね。
    中華民国は謝罪もせず日本に対して挑発を繰り返した。
    彼らは大陸軍を持っていて日本に負けるとは思ってもいなかったのです。
    しかし戦闘で劣勢になった中華民国は日本にプロパガンダを仕掛けました。
    これも、歴史を勉強している皆様はご存知ですよね。
    当時は今のようなビデオもネットも無かったので宣伝戦は中華民国の完勝でした。
    当時の米国は中国市場を奪いたかった事情もあり完全に中国の側でした。
    日本に対しては強硬な敵対国であり当然謀略を承知で利用した側面があります。
    また便衣兵も歴史に詳しい皆様ばかりですから知っていますよね?
    ベトコンと戦った米国などは大虐殺国になりますよ。

    • >通州事件の事は歴史を勉強している皆様ならご存知ですよね。
      >中華民国は謝罪もせず日本に対して挑発を繰り返した。

      通州事件って、中国国民党や中国共産党の軍隊によるものではなく、日本側の傀儡政権(冀東防共自治政府)の保安隊による犯行であって、
      当時の中国軍側が謝罪するような性質の話じゃないんですが
      実際、当時、その冀東防共自治政府が、日本側に、この通州事件について、謝罪と賠償してるし。
      仮に、日本側が、中国側に、通州事件について、謝罪とか求めたりしたら、
      「何的外れなこと言ってんの?」と対応されるだけだと思うよ。

  • 虐殺された方々の遺骨は一体どこに行ったのでしょうか。
    当時は現代のような火葬技術もなければ一箇所に集める運搬方法もあったのでしょうか?

  • 戦争というのは、どこの国の軍隊でも容易に残虐行為に走りますし、軍人自ら多くの記録を残しているということは、残虐行為はきっとあったのでしょう。現代人にできることは、ただ、我々は過去から学ぶという態度をとり、同じことは繰り返さないと誓うことだけだと思います。

  • かつては「犠牲者数二十万以上」とデマが吹聴されていた(共産党は今でも言ってるが)
    南京大虐殺の証拠がたったこれだけとは失笑ものw
    非戦闘員の殺害が皆無だったとは思ってないが、南京陥落前の市人口が約20~25万人
    (スマイス報告より)、南京事件終了時の1938年2月の人口が約25万人(イギリス領事報
    告・南京アメリカ大使館書簡より)で、南京市の人口は全く減ってないのに、まだ「南
    京大虐殺があった!」と言うなら、もうねつ造の域に達してるね。
    これで「論壇」を名乗るとか管理人は羞恥心が欠落してるよ。もっと勉強して下さい。

  • あれ?コメントが掲載されない。
    一度管理人がチェックして、載せるか載せないかを決めてるの?
    これは呆れる。「論壇」じゃなくて「吹聴」と名前を変えた方がいい。

  • 「虐殺が有ったらしいが止めろ」と言われて「虐殺防止は徹底する」と返しただけの話でしょ?
    本当に虐殺が有り、その証拠でアメリカが動いたのなら、元に成る証拠を出せと言うだけの話。
    実際には、バネー号事件も話が付き、アメリカも沈静化して行ったのが事実。
    この後も「虐殺有っただろ!取材させろ!」と言うジャーナリストが南京に行ったが何も発見出来なかった。

  • 南京事件を史学的に語れる人は、ネットではなかなか発言しにくい。
    なぜなら、左右の双方から憎まれるから。学問的に語ろうとすればするほど、右と左の双方の極論者から、矢が飛んでくるからな。

    結論から言うと、南京において日本軍による中国人の大量殺戮事件が「あった」ことは疑問の余地はない。
    しかし「30万」はありえない。まあ、この数字についても冷静に分析すれば、「捏造」ではなく、単なる「ミステイク」なんだが、頭に血が登った右の極論者は、これすら認識できないんだよな(ため息

    日本では秦説の4万人説が人気があるが、これはあくまで「最低限」の数だ。秦の著書は、史料を読み込んだ人間が見れば、極力犠牲者を少なく見積もろうとするバイアスがあることが分かるし、史料の一部を無視すらすることがある。
    とはいうものの、10万を越えるとは考えにくい。私は4~6万人の上位改良説に説得力を感じる。

    だが日本の歴史学者の仕事が国際社会から疑問視される理由もある。それは日本の研究者は、秦も含め日本側の史料と第三諸国の史料で研究史、中国側の史料を軽視していからだ。

    ただ日本の研究者を弁護するなら、これは仕方ないところもある。秦も含めて日本の歴史学者は、「中国側の史料は信用できない」と言うトンデモ歴史修正主義者に対抗するために、「じゃあ、日本側と第三諸国の史料だけで、あったと証明してやろうじゃないか」と言う立ち位置で仕事をせざるをえなかったからだ。

    アメリカ側の史料は、今さら感である。
    遠くから事件を見た者の証言なので、申し訳ないが事件の詳細を調査する目的では、あまり重要とは言えない、今さら系の参考史料だ。

  • ぶっちゃけ、歴史学的にはとっくに決着はついてる。
    「あった」けど「30万は過剰」。
    トンデモ論者と極論者と、よく調べもしない無知な人が入り乱れ、議論が「歴史」から「政治宣伝戦」にシフトしてしまってる。

    今回の史料は、遠くから事件を見た人の証言。あまり重要では無い、「今さら」系の参考史料。

  • 中支那方面軍が南京を占領した期間は約4週間。28日間としてその間に30万人こ殺そうと思うと毎日1万714人、24時間毎分7~9人殺さなきゃいけなくなる。
    中支那方面軍の駐在時の兵站資料とその後の数を合わせてみなければわからないが明らかにおかしい数字なのは言うまでもない。

  • 歴史を科学的に見ると、「南京大虐殺」も「南京小虐殺」もなかったです。科学的に見る訓練が必要です。温暖化のウソと同じです。どうしてないと言えるのかと言えば、「地動説」を説明するのと同じです。「地動説」にしたら天体の動きに辻褄が合いますね。
    「南京大虐殺」がなかったとしたらすべて辻褄が合います。「南京大虐殺」は矛盾だらけです。
    科学的、論理的に考えれば、「南京大虐殺」がなかったのは明らかです。
    常識で見れば分かります。

    • 東京は毎日のように女の人の悲鳴が聞こえてたって大学の教授が言ってたわ
      だからアメリカに謝罪しろなんて話では(当然)なかったが
      過去は過去

  • 南京虐殺否定論者は、いわゆる「無学者、論にまけず」で、持論が論破されているのが理解できないから、決して自分の主張を引っ込めないので、疲れますね。まあ、根強く「で、その根拠は?」と問い詰めて、洗脳を解いてあげましょう。もっとも、某与党ネットサポーターズクラブの「コメ1行20円(80円設もあり)」のアルバイトの人である可能性も否定できませんが。人助けをしてあげましょう。

  • 連投失礼。
    >>(上の)匿名さん
    >>>中支那方面軍が~28日間~毎分7~9人殺さなきゃいけなくなる~
     当時南京を攻略した帝国陸軍中支方面軍は総勢約10万人でした。完全武装の兵士1人が26日間に、非武装の一般人3人を殺すのって、簡単すぎません?
     貴方は、まさか南京虐殺って一人の犯行だと思ってませんでした?
     最近テレビで放映された南京虐殺の下関(シアカン)埠頭場面の再現CGでは、数十分内に2万人以上が殺されていましたね。
     南京に空から一番乗りした海軍航空隊の奥宮正武大尉(のち中佐、ミッドウェー海戦時の連合艦隊参謀。戦後は航空自衛隊空将)は、同じシアカンで数日後、30分以内に500人が機械的に虐殺され、揚子江へ投じられているのを目撃しています(参考;奥宮正武著「私が見た南京虐殺」)。
     奥宮空将は、別の著書「さらば海軍航空隊」で、南京虐殺を「武士のやることではなかった」と嘆じる一方、撃墜された戦友の遺体が、中国人ボラティア団体の手で丁寧に葬られているのを発見、「死ぬほどはずかしかった」とも書いています。日本側の信頼できる資料でも、南京虐殺は簡単に考証できるのです。
     貴方は、南京虐殺を論ずるには無知すぎますね。

  • 上の英文は天皇狂信者が将来的に犯罪おかす可能性があるから対策しとけよってだけじゃん。
    下の英文は日本軍が組織的に衣料品を奪ったって書いてあるな。最悪なのが女性への襲撃とも書いてあるけどこっちは軍の関与には触れてないな。当時、日本の衣料品が足らなかったのは当たり前のことだし占領下で強姦(とはかいてないけど)が起こるのも不思議ではないけどね。この文章読んだだけじゃあ南京事件も大したことなさそうって感想しかないな。当時外国人の記者もいたんだから虐殺写真の一枚や二枚くらい出てこればいいのに。

  • 元兵士が残虐行為をしたて告白は中国様が思ってるような虐殺やら強姦じゃなくて戦争行為そのものや敵兵士を戦闘で殺した事を残虐行為と言ったんじゃないの?

    • その類いの元日本軍兵士の手記などは、
      既に戦闘が終了し、武装を解いていて、本来捕虜として扱うべきである中国軍兵士らを、一方的に虐殺してしまった、という内容のものなのですが

  • 昔の話やろう どうでもよい 米国の作った日本国憲法を遵守している日本人 戦争なんてめんどくさいことする今の日本人にはいないよ 米国 ロシア 中国 勝手やってくれ 日本人を巻き込むな ご主人様が米国でもロシアでも中国でもどの国でもよい 但しチョンだけには服従しないけどね

      • ゆうさんが、ライタイハンとやらについて、どう書いているのか、全文引用できますか?
        それとも、貴方の脳内にあるだけの事実の一つ?
        別称デマともいうやつですか?

  • ドヤ顔で英文出してますけど、英文の内容が虐殺とはあまり関係の無い内容ですね…

    なんで英文の内容を詳細に解説せずに、「アメリカがこう言ってた!これが証拠」で終わらせてるんですかね

  • アメリカの公文書など信用できません。自分たちは正しくて日本が間違っていたと日本国民を騙すのが仕事ですから。

  • アメリカ側の日本からの倍賞請求を防止するための捏造文書に違いありません。日本が戦争を起こしたことにしないと日本から多額の倍賞金を請求されます。

  • 正しいとはなにか にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください