【日本国紀】返本率・消化率からみる地域性【POSタレコミ】

『日本国紀』は売れているのか?

発売三カ月少々にして9刷65万部の偉業を成し遂げた大ベストセラー『日本国紀』。しかしその裏では、「押しつけ配本」だの、バックヤードに「押し本状態」だのと噂されていました。

幻冬舎の見城社長は「売れている!」と豪語していますが、果たしてその実情は如何なものなのでしょうか?

今回、某炎上系書店のPOSデータ(2019.1.28まで)のリークがありましたので、それを通してこの問題を考察していきたいと思います。

突出しているのは東京本店・梅田本店

まず某炎上系書店全体のデータから。

仕入累計売上累計消化率返本率
297982025567.6%4.5%

ということでかなり優秀なのではないでしょうか? 某炎上系書店のシェア率は5%程と聞いていますから、オリコン発表(Amazon売り上げを含む)の実売40万部との整合性もあります。

返本についてはこれから本格化していくと思います。

ただし消化率については、東京本店・梅田本店の両店が異様に高くこれを押し上げています。

 売上累計消化率返本率
新宿本店324190.40%5%
梅田本店270692.30%0.3%

両店は某炎上系書店の基幹店ですから、予想される売上数の計算もしやすかったのだと思います。

ただし、これら両店では、少なくとも1500冊以上の「まとめ買い」があるので、それを加味する必要があるでしょう。

その他に消化率が多い店と言えば次のようなところ。

 売上累計消化率返本率
泉北店27681.7%5%
熊本はません店19079.5%

これらの地域の近くには、人口に比して保守の方が多くいらっしゃるのかもしれません。

返本率・消化率が悪い店舗

一方、返本率・消化率が悪い店舗には次のようなものがあります。

 売上累計消化率返本率
イトーヨーカドー川崎5122.6%5.8%
ゆめたうん徳島店13133.1%61.6%
吉祥寺東急店19046.4%39.3%
丸亀店13634.5%26.9%
大手町ビル店20735.8%
0.2%

こういう地域には「保守」は少なくリベラル左派が巣食っているのかもしれませんね。61% も返本している店があるというのは驚きですね。

もちろん単に見込み違いで多く入荷しただけという可能性もありますが(笑)

関連記事

【日本国紀】「押しつけ配本」のカラクリがほぼ解明【こうやってベストセラーが創られる】

2019年1月23日

『日本国紀』における「無断転載」の総覧——その問題点の考察

2019年1月18日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日

11 件のコメント

  • 熊本はません店なんですがそこから車で約20分程のところに自衛隊の駐屯地があったりするのでそれも関係してるかもしれないですね

  • どうやら『日本国紀』、1000万部はおろか100万部も難しそうですね。
    あーあ、世界文学史上の最高傑作だったのに…

  • コピペ云々を抜きにしても、こう中身が毎回コロコロ変わってしまっては、申し訳ないがアホらしくて持っていられない。

  • もう百田さんのスキャンダルじゃなくて、出版界のスキャンダルだもんなぁ。一層本が売れなくなったらと思うとイヤです。ウソばっかりの本じゃない本もいっぱいあるよ〜。って読書量がなくても言いたい。

  • 有楽町のビッグカメラに9刷がありました!この店舗では7冊×2列出ていて、8刷、9刷が入り混じっていました。9刷は1月30日付。帯によると65万部だそうです。

  • 日本国紀への反論って何ですかそれ?
    取り敢えずは、コピペ問題を解決するのが先決問題でしょ。
    出版物の条件を備えていない日本国紀は批評の対象外です。

  • コメントを残す