【日教組】『日本国紀』が高校の図書館に配架されない悲劇【言論統制】

下火になりつつ『日本国紀』ブーム

ブログなどウェブサイトを管理している人は、Google Analyticsという分析ツールを用いて、どの様な人がどのような経緯でサイトにアクセスしているか常に観察しています。Googleさまに情報が筒抜けと言うのはマジなんだと実感できる驚愕のツールです。

これまで当ブログは三か月間にわたり『日本国紀』対して、百田氏曰く「張り付いて」きました。ここまで炎上し続けたというのは、ひとえに『日本国紀』のスゴさゆえに他になりません。普通、 時事ネタというのは半日で鮮度が落ちます。

しかし流石に「鼻についてきた」ようです。それは先に言ったGoogle Analyticsのデータから如実に証明されます。

刊行すぐさま剽窃箇所が見つかり大炎上しましたが、逆に余りに剽窃箇所が多く発見され過ぎて、陳腐化してしまったきらいがあります。今となってはリベラル・左側の文化人すらも「コピペは本質ではない」と言い出す始末。

そうじゃあないでしょ。百田尚樹氏も有本香氏も、歴史学者じゃあないんです、現政権の中枢とも親しい「保守論客」です。故にその倫理観が最もクローズアップされて然りであると私は考えます。というかコピペしていることが殆ど明確なのに、その内容を問うことに意味があるのでしょうか?

高校が配架リクエストを拒否!

前置きが長くなりましたが、過日より、高校の図書館にリクエストをしても、『日本国紀』の配架が拒否されたという投稿が話題に。

英断なのか、憶断なのか、配慮なのか、日教組の陰謀なのかは今のところ不明です。

確かに『日本国紀』は愛国ポルノで、分別の無い歳の人に読ませるのはどうかなぁと思う一面はあります。でも配架しても大丈夫ではないかと思います。こんなサイトを運営している私も、昔は小林よしのり著『戦争論』を読んで、「こういう考え方もあるのか」と影響をだいぶ受けていました。目覚める人は何してても目覚めます。

なお次のような意見も。

ネットの反応(賞讃側)

このツイートへの反応は、なんと高校側を称賛するものが多いです。

この見解はまさにごもっとも。擁護側はWikipediaを切り貼りして歴史書を作ったのははじめての試みだ!と逆ギレしていましたが(笑)

ネットの反応(苦言側)

逆に『日本国紀』を馬鹿にしているとしか思えない発言が(笑)

もうすでに『日本国紀』はコピペ本ということは擁護側で前提になったようです。

陰謀論3つでした。考え過ぎ。

「言論の自由」とまで言えるかどうかわかりませんが…。

思想的に濃すぎるものは判断が分かれるところだと思います。

関連記事

【百田尚樹×ろだん】カップリング説が浮上【虎ノ門ニュース公認】

2019年1月29日

『日本国紀』における「無断転載」の総覧——その問題点の考察

2019年1月18日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日

12 件のコメント

  • 限られたスペースしかない学校図書館には不要だろ
    所々が間違っていたり、基本的な史観が昭和で止まってる受験にも役にたたない歴史書っぽいもので、何の要求を満たすのか
    公共図書館と学校図書館(大学図書館を除く)では役割りが異なることを忘れている

  • 一番大きな問題点はシンプルですよね。無断転載、剽窃はあってはならないし、それらが明らかになった以上、関係者は何らかの対応をとって責任を果たさなければならない。知らぬ存ぜぬで逃げ切ろうとする関係者が糾弾されるのは当然のこと。

  • >今となってはリベラル・左側の文化人すらも「コピペは本質ではない」と言い出す始末。
    二項対立の問題に還元しないと売れない、あるいは気が済まないんでしょう。
    剽窃はイデオロギー以前の問題だといくら主張しても、やっぱり二項対立の問題だと主張する人を嫌というほど見てきました。
    『日本国紀』騒動の教訓の一つですね。

  • 共産党宣言や資本論なんかは、思想云々より、まず人類史に残る偉大な古典なんだから日本国紀なんかとは比べ物にならない。

  • 学校以外の図書館ならば、最新の刷だけを残し、旧いモノは来館者に無料配布する手(毎回買い替える予算枠が必要だけど)が使えますが、高校では使えませんからね。最初から納入しない方針なのでしょう。

  • 百田氏に「張り付いてる」と言われる辺り、張り付かれることは百田氏にとってよほど都合が悪いのでしょうね。

    思想信条問わず、盗作や著作権の侵害は許されてはいけないことだと思いますので、これからも頑張ってください!

  • コメントを残す