【百田尚樹×ろだん】カップリング説が浮上【虎ノ門ニュース公認】

虎ノ門ニュース

本日の虎ノ門ニュースで、百田尚樹氏が『日本国紀』のコピペ問題について言及しました。コピペ問題に関する当ブログの見解は後で述べるとして、それよりはるかに重大な事実が発覚しました。

先ず書き起こしをご覧ください。「一人」として言及されているのは、当ブログの主催「ろだん」氏であることは言を俟ちません。

居島 ずいぶん時間的に余裕のある方々ですよね。
百田 一人ね、もうね…
江崎 そうじゃなくて、それだけ好きなんですよ。やっぱり。
百田 (ハッ)あ、そうか…!(何かに気づいたようにメスの顔で感慨深く頷く)
居島 そこまでいくと何かしら執念めいたものまでね。ちょっと感じますけどね。
百田 一人、熱狂的なやつがおるんですが、三か月間にわたって、もう二十四時間へばりついとるんですよ。仕事、仕事大丈夫かなと思いますけどね。
居島 爆笑
百田 ものすごいですよ。
居島 戦前の検閲官よりすごいですね。

57:23~

どうでしょうか…。

どうやら、ろだん氏が百田氏に恋をしていたとバレたようです。

そしてこの事実を突きつけられた百田氏の表情は、完全に「メスの顔」でした。というのも百田氏もずいぶん長く「ろだん氏」に執着してツイッター上で言及していました。自分の「本心」に気が付いてしまったのでしょう。

もはや「百田尚樹×ろだん」のカップリングは、「虎ノ門ニュース」において公然の秘密のようです。

「見城徹×ろだん×百田尚樹」の三角関係の噂も

ところで「見城氏×ろだん」のカップリングもツイッター上で騒がれました。発端は次のツイート。

暖炉の前の椅子に座って、ドーヴネのシュヴリエ・モンラッシェを飲みながら、ずっと待ってるよ」と言うこのエロースを感じる挑発。

この「暖炉」は「ろだん」のアナグラムであるという説がツイッター上で流れていました。見城氏も次のような示唆的なツイートを。

ろだん氏もこの挑発に気がついたようです。完全にメスの顔で次のように挑発。

さらに愛の告白まで。

時系列的にこの「見城徹×ろだん」のやり取りの方が、今回の虎ノ門ニュースよりも先ですので、恐らくこの会話を見て百田氏は目覚めてしまったのでしょう。それにしても、ろだん氏は見城氏に恋をしていると宣言しているにもかかわらず、本心では百田氏を愛していたことを見抜く江崎氏の洞察力には驚くべきものがあります。

今後も「見城徹×ろだん×百田尚樹」の三角関係から目が離せません。

コピペ問題に関する反論

最後に余談ですが、百田尚樹氏が「虎ノ門ニュース」で述べたコピペ擁護論にたいする反論を述べておきます。

  • 本ブログで「コピペ」と述べている箇所は、字句の一致のみならず、文章構成まで酷似している箇所である。端的に言えば「剽窃」している箇所である。
  • 百田氏は当ブログが「固有名詞」「年号」「句読点」なども一致箇所として計上していることに不服とする。しかし当ブログでは、字句の一致のみならず、文章構造まで一致している箇所のみを指摘している。
  • 仮に「固有名詞」「年号」「句読点」などの一致からだけでコピペ認定していいのであれば、現在判明している3%の一致よりも、その分量は遥に多くなる。
  • 以上の指摘が是であることは別記事「『日本国紀』における「無断転載」の総覧——その問題点の考察」をご覧いただけば瞭然であろう。

それでは百田氏の言い訳をご覧ください。58:26より。

関連記事

外国人介護士「まるでフィリピンパブだよ!」と惨状を告白

2019年1月30日

【日本国紀】「見城徹×ろだん」の炎上商法説が急浮上。ろだん氏はコメントを発表

2019年1月27日

【身元特定】アンチ百田の筆頭「ろだん氏」の正体がついに判明【FBI超能力捜査官の登場】

2019年1月20日

【悲報】アンチ百田の筆頭「ろだん氏」の身元特定が進む

2019年1月19日


11 件のコメント

  • 著作権があるかないかは創作性があるかどうかです。朝日新聞の場合は、情報操作する為に文章を工夫しているので創作性があるといえます。

    • @正しいとはなにかさんへ
      「南京大虐殺はあった。」は歴史的事実の捏造に過ぎず、「南京大虐殺では、30~40万人が殺害されたという説が存在するが、『蒋介石秘録』の邦訳版での註記がその傍証となっている。」なら創作性が認められるんですね。
      分かります。
      「正しいとはなにか×朝日新聞」で交際発表の暁には、是非私めにも招待状をご送付下さい。
      両者の愛読者(後者は課金契約中)として、取る物も取り敢えず馳せ参じたく存じます。

  • 正当な批判を繰り返していると、批判対象の人物から誰々がこういう批判をするのは、私に嫉妬しているからだという、批判への反論になっていないただの人格攻撃をしてくることがあるが、これは批判へ反論できなくなって苦し紛れに、人格攻撃をしているに過ぎない。

    この行動は陰謀論者が自説を正当化するために、自分が認められないのは謎の組織が妨害しているからだと陰謀を唱えるのと何ら変わらない。

    つまり、詭弁や陰謀論はまともに反論ができなくなった者が、自らを正当化するための最後の砦なのだ。

  • この番組での百田らの妄言には向かっ腹が立つ。よくも、こう、恥知らずなことをベラベラとしゃべれるものかと呆れる。それこそ日本の恥だ。何が日本を好きになる通史だ。徹底的に懲らしめてやらなければ、日本の出版文化は地に墜ちる。

  • コピペコピペって騒いでいる時点でアホ丸だしだろ。とにかくコピペしているという印象を与えたらダメージになると思って潰してるんやろうなという印象しかない。自分らの印象がどんどん悪くなるだけよ。
    あ、中身をみないでアレコレ言うアホには効果あるみたいですね。本すら読まないアホ相手の印象操作をがんばってくださいね。

    • 2019年1月30日 8:09 AMの匿名さんへ

      君さ、本をたくさん読んで、文章力を磨いて、投稿する前に推敲した方がいいよ。

      >とにかくコピペしているという印象を与えたらダメージになると思って潰してるんやろうなという印象しかない。

      って書いておいて「印象操作をがんばってください」とかもうね。「お前がそう思うならそうなんだろう」って思い出さないか? 説得力ゼロだよね。

      そして、このツイッターなみの短い文章に「印象」って言葉を何度使うの? ボキャ貧なのは本を読んでいない証拠だよ。君がdisっている「本すら読まないアホ」は、私からすれば君も含まれる。間違いなくそういう集合の、ど真ん中に君はいる。

      そうさな、百田さんの本を書写して(コピペじゃない)、文章の流れとか抑揚とかを学んで、語彙力も増やした方がいいと思うよ。

      私は大学生の作文指導もしているんだが(本業ではない)、本人たちは真面目に書いているのに、君と同じような同語の反復を頻繁に見る。何かを読んだ時に、自分の頭の中で音読をしていない証拠なんだ。君が「読んだ」と思っているのは、音声で言うなら「右の耳から左の耳へ」ってことで、ちっとも身についていない。黙読というと格好いいが、そういうのは「読む」ではなく「見る」という。そうではなく、文字列を音声化して頭の中に刻むんだよ。「あれ?」とこんがらがったら小さくていいから実際に声に出せ。そうすれば、その本に書かれた内容は、視覚と聴覚で二重に記憶に残る。音声化した上で書き写せば三重になる。

      こうした積み重ねの先で、自分が描いた文章を読めば「印象、印象、印象…印象って俺はバカなの?」って、同語反復の異常さにどこかで気づくよ。気づけば、代名詞を使うとか、ネットの類語辞典で検索するとか、構成そのものを変えるとか、対策は立てられるはずだ。

      私が指導している学生は、やっぱり同語反復をしていたんだけど、書き直しを厳しく言った子ほどすごく上達して、企業の面接官から「就活のエントリーシートの文章がすごく上手だ」とほめられた例がいくつもある。生来のセンス、的なものもあるけどね。

      君ね、このレベルで社会に出たら恥をかくよ。まあ、勇猛果敢にも、かつ場違いにも、私よりは若年であろう君が、ここに投稿してきたことへの励ましのメッセージだと思って読んでくれたまえ。ネットはフラットなんだ。なお君の投稿内容はスカスカなので、あえて論評しない。

      しかしながらもしも、君が四半世紀以上前に社会に出て、こういうレベルの文章を社内や取引先に流している50過ぎの中高年だったら、気の毒だが、もう諦めろ。

      お前の半生は実に不毛だった、これからもずっと不毛だろう、ということだ。
      (着手後25分、ここまで)

  • 内容に関係ないんですが、これカップリング表記は「ろだんさん×百田さん」ではないですか。
    百田(メスの顔)ってなってるんで、表記の仕方が逆だと思うんです。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください