小室親子「慰謝料として払う用意がある」、元婚約者「納得します!」

とうとう金銭トラブルも解決?

眞子さまと婚約が内定している小室圭さんと、その母・佳代さんに降りかかった金銭トラブル。いや、降りかかったのではなく、身から出た錆でしょうか?

さて過日、秋篠宮発言に促される形で小室圭さんが文章を発表。その内容は、 ❶当初、返済しようとしたけど元婚約者から断ってきた、❷その後、突然、A氏から返済を求められたが、専門家の助言にそれを断った、❸この問題については「解決済み」と認識している、というものでした。 ただし「解決」にむけて含みを持たせた内容になっています。

この含みから推測される通り、やはり小室親子サイドが、弁護士を通して元婚約者側に「解決」のための接触があったようです。『週刊女性』(2019.2.12号)の記事「眞子さま「借金トラブル」円満解決で悲願の結婚へ!」にその仔細が載っていましたので、これを紹介したいと思います。

元婚約者のつぶやき

『週刊女性』は小室親子の金銭トラブルを最初に報じただけあって、その追及は最も濃い。元婚約者殿も雄弁に語ります。

「佳代さんや圭くんに対して、面白くないという想いはありますが、恨みの感情はまったくありません。圭くんも本当の息子のように思っていましたから。ただ私は貸したお金を返してほしいだけです」

およそ一年間も長々と執拗に報道されて、「私は貸したお金を返してほしいだけ」というのはナカナカの役者…。もっとも、この一年の間、これに答えてこなかった小室親子サイドに最大の問題があったわけですが。

しかも元婚約者の謎の友人が登場して、次のような証言を。

「佳代さんは、婚約していた竹田さんに何度もお金を無心していました。圭さんが通っていた国際基督教大学(ICU)の入学金と授業料、アメリカ留学費用、アナウンススクールの授業料、さらには小室家の生活費なども合わせて約440万に。
佳代さんからの電話はいつも“お金をヘルプしてほしい”というもので、財布扱いされていることに嫌気がさした竹田さん(元婚約者の仮名)は、’12年9月に婚約解消を申し出ました。
当初の佳代さんは“月に1万~2万ずつしか返せない”と、返済意思を見せましたが、数日後には一転、小室さん親子は“贈与なので返済しない”と主張したのです。

貸した金額「440万円」まで知っているという謎の友人(笑)

詳しすぎだろ!

とツッコまずにはいらせませんね。そういえば、最初のころは概数で「400万」と報道されていましたが、だんだんと金額が上がっているような。このまま1000万とかなったりしないか心配です。

ただし、小室親子サイドから元婚約者の証言の真正性についてクレームが一切ついていない以上、この元婚約者の見解が事実を反映していると考えて良いでしょう。

小室佳代さんからの接触

また最も重要な情報として、母・小室佳代さんの弁護士から、元婚約者側に書留が届き、解決に向けた話し合いがしたいとのこと。元婚約者によれば次のように書いてあったそうです。

「過去の経緯などについて、双方で行き違いがあるのならば、解消したい。直接お会いして、ご意見を承りたいので、ご検討していただきたい。ただし、依頼人との直接のやり取りは避けてほしい」

どうも小室親子サイドは「返金」する意思があるようです。次のようにも元婚約者は証言。

「本音は全額を返金してほしいですが、最悪、生活費は諦めてもいいと思っています。ただ、ICUの入学金と授業料、アメリカ留学費用、アナウンススクールにかかった費用は、小室家が生活をしていくのに関係のないお金なので、必ず返して欲しいです。
お金を返してもらえるなら例えば“和解金”という名目などでも納得して、この件は打ち止めでかまいません。
少なくとも、相手側は1歩踏み出してきたし、私も弁護士と相談しながら今後、協議を進めていくつもりです」

具体的に300万円ほど返してほしいそうです。ここまで炎上しているならもっと引っ張れそうな気もしますが、本心はどうなのでしょうか。炎上している間は週刊誌などから取材謝金も得られるでしょうし。

秋篠宮家関係者のコメント

この返金に関する小室親子サイドの行動は、宮内庁も知っているとのことです。いつものことなあら正体不明の自称関係者が登場。

「小室さん親子には、元婚約者から受けたお金の支援を“贈与”と主張していることから、借金を返済するという形ではなく、“慰謝料”や“迷惑料”などの名目としてお金を払う可能性があるそうなんです。もちろん、双方で話し合ったあとに金額などは決定していくと思います」(前出・秋篠宮家関係者)

もちろん小室圭さんは先の文章で「解決済み」という姿勢を崩していませんでしたから、これからも「借金の返済」とは決して認めないでしょう。これを認めたら「嘘」をついていたことになって更に炎上すること必至です。

今後、どのような形で幾ら返金されるのか、注視していきたいと思います。

追記:非常に厳しい報道が相次ぐ

関連記事

外国人介護士「まるでフィリピンパブだよ!」と惨状を告白

2019年1月30日

小室圭の乱「眞子さま洗脳」、元婚約者X氏の証言

2019年1月28日

「小室圭さん」ご母堂「天皇陛下」謁見要求!

2019年1月28日

眞子様、小室圭さんの結婚に対する各界の声まとめ【母親の借金問題】

2019年1月28日



19 件のコメント

  • これは最初から仕組まれたことだな!
    贈与されたお金は、解決しているって世間に公表→
    相手から反論がくる→ 
    譲歩して迷惑料払うから、そちらもそれで譲歩して
    という筋書きか!

  • 道鏡を打て!出でよ晴明とか。天皇家の権威が家に落ちる前に、なんとかしてください。世界最古で尊敬されている天皇陛下、皇后陛下、天皇家をおとしめて廃絶させる企みに思えます。

  • これだけ騒がせてる中で結婚出来たとしても眞子さまも幸せな結婚生活は望めないかと思いますが、小室さんだって皇族の方々に顔向け出来ないでしょう!!!
    出来ますか!?

  • なんだ かんだと 言っていても皇室全体が眞子さまの ご結婚に 前向きな方向なんですよね。
    振り回されたのは 国民とマスコミでしょうかね!

    • 全然前向きじゃないと思うけど。結婚していいけど
      出てくんなよ が皆さんの思いじゃないかと思うけど

  • 小室家は、日本国民を完全に舐めていますね。
    秋篠宮眞子様も、早くこんな男と別れなさい。
    小室母子は、日本国追放ですね,。
    普通に考えても、こんな男あきませんよ。

  • 今までは解決済みで借金はなかったわけで・・・・
    慰謝料と弁護士費用はどこから支払うのでしょうか?
    大学の時の奨学金、現在の事務所からの生活費も返済義務のないものなんですよね!?

  • KK さんは紀子さまの悪口もかなり言ってたいたと読んだ事があります。反対された抵抗でしょうが、絶対にしてはいけませんね。話が通じないからって天皇皇后に直接話そうと考える事自体が間違っています。こじれた原因は自らが原因であり借りた男性では無いと思います。

  • 眞子さまと婚約する前に撮ったとされる、女の子はべらかせた写真がチャラ男すぎて、眞子さまはこんな人間と婚約していいのだろうかと思ってしまいます。以前付き合っていたお金持ちの彼女の話もですが、お金のために眞子さまに近づいたように思えてなりません。こんな人に税金が使われることをみんな納得してないと思います

  • 皇室は、日本の象徴と言う格式な立場で、明るく誠実な発表かと思いましたが、眞子様のお相手として、誠実な家族とは思えない
    大切なことは、金銭問題より、人間性や生き方ではないか あまりに見苦しい 小室さんについては、幻滅しました

  • 元々援助したら老後の面倒をみるからと言っていた。婚約解消したなら義務が果たせないので当然返すべきもの。学資としてひとりで使っておいて、そのために相手は破産までしたのに贈与だったと言い切る冷酷さは理解できない。ここまで国民が不審を持つのに弁護士の仕事が来るだろうか?

  • 小室親子は、天皇家まで巻き込んで 結婚が出来たら自分達が一番偉いと勘違いをし、二人に子が授かった時には、どのように教育するのかを考えただけでも身震いします。
    眞子さまは、初めて深くお付き合いした男性なのか、世間も知らず日本男子も知らず 本当に残念です。
    日本の皇室も、舐められたものです。
    幸せになりたいなら、己第一主義は捨てることからですよ。

  • ×解決向けた話し合い
    ◯解決に向けた話し合い

    ×更に炎上すること必須です。
    ◯更に炎上すること必至です。

    どの記事も単純なタイプミスっぽい誤字が多いのは、スマホか何かで急いで入力して記事をアップしてるからでしょうか? 管理人さんは自分とは意見が異なることも多いですが、少なくともいろいろな方面で見識がとても深い方である事は確かと思っています。それだけに、記事をアップする前に一度でも推敲してみればすぐ分かりそうな誤字が目立つのが残念でなりません。

    アンチに該当する人たちって、記事の内容ではなく、こういうちょっとした間違いから書き手に何らかのレッテル(例えば「日本人ではないのではないか?」etc…)を張ってきて、著述全体を否定しようとする可能性もありますので、つまらない揚げ足取りを防ぐ意味でも、今後はまず一度記事の下読みをされてから投稿されてはいかがでしょうか?という事は進言させていただきます。

  • 天皇陛下のために死んでいった人たちの こと考えたことありますか?
    お国のためならたとえ高貴なかたでも当時の朝鮮王朝に嫁がれた方子さま。
    高貴なかたは潔いのです。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください