小室圭の乱「眞子さま洗脳」、元婚約者X氏の証言

眞子さま洗脳

先に小室圭さんが、約430万円の借金問題について文章を発表し、物議を呼んでいます。 週刊誌やテレビなどでは小室圭さん、およびその母親の小室佳代さんに対する個人攻撃が続いています。

そんな中、『週刊文春』(2019.1.31号)に「「小室圭の乱「眞子さま洗脳」」という記事が。

内容は勿論、正体不明の皇室関係者がその内情を告白するというものなのですが、小室圭さんの母親・小室佳代さんの元婚約者X氏の証言などが載っていましたので貴重な資料としてアーカイブしておきたいと思います。

小室圭さん発表文章に激怒なもと婚約者X氏

母親・佳代さんとその元婚約者X氏との間で、こじれにこじれている430万の借金問題。小室家側は「解決済み」との認識に対して、X氏は「未返済の借金」という認識です。

秋篠宮殿下の「小室家としてきちんと説明し、多くの人が納得し、喜んでくれる状況を作るべき。そうでないと、納采の儀は行えない」という言葉を受けてか、過日、小室圭さんがこの借金問題に関するコメントを文章として発表。内容としては「あれは解決済み。お金くれたX氏には感謝してる。理解を得られるように頑張る」というものでした。

これに対して元婚約者X氏は大激怒。

「彼らがこういう文書を出しても、事態は何も変わりませんよ。いまだに私には何のアクションもありませんから。(借金問題を巡る)見解が異なるわけですから、両者で話し合った結果を公にするのであれば構いませんが、こちらをまったく無視して、勝手な言い分を文書にしてマスコミに出されるなんて、一体、どういうつもりなんですか、と問いたい。『この問題は解決済みですが、感謝はしています。ありがとうございました』と今さら言われでも……。今後、佳代さんが協議を申し入れてくる、というのであれば、応じざるを得ないだろうと思います。一体、どんな和解案を持ち出してくるのか分かりませんが」

「「小室圭の乱「眞子さま洗脳」」 『週刊文春』(2019.1.31号)

その後の一部噂では、母佳代さんは元婚約者X氏に和解交渉のコンタクトをとったとのこと。まさか和解案で400万以上せびるつもりでしょうか…。

X氏にしてみれば、この問題を引き延ばせば伸ばすだけ、週刊誌などからお金をせびれるので、生半可な交渉には応じないでしょう。

小室家と元婚約者X氏のやり取り証言の食い違い

ところで430万円が「解決済み」であるか「未返済の借金」であるの見解の相違について、小室圭さんは次のように説明しています。

その際に母が婚約期間中に受けた支援については精算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました。……

平成二十五年八月ころ、母は元婚約者の方から交際していた期間に負担した費用の返済を求めるお手紙を受け取りました、婚約解消時の確認事項に反する突然の要求に驚いた母は、専門家に相談してアドバイスを受けるとともに、元婚約者の方と直接お目にかかって、ご要望には応じかねることとその理由をお伝えしました。

小室圭氏発表文書

ここで重要なことは、❶当初は返そうとするつもりがあったけどX氏から断ってきた、❷その後、突然、X氏から返済を求められそれを断った理由は、専門家の助言に従ったからと説明している点です。

つまり今回の小室圭氏文章には、当初から「贈与」であるは認識していなかったが、その後の状況の変化に応じて返済しなかっただけ、という理解が窺えます。これは最終的にX氏に430万円を返済するための伏線であると思われます。

これに対して元婚約者のX氏は次のように反論。

手紙や電話でやり取りをしてから、しばらくすると、突然、佳代さんと圭くんが私の自宅を訪ねてきた。そして、圭くんは『返すというか、もともと贈与を受けていると認識しておりますので』と言い出したんです。確かにその時、誰かに作ってもらったのか書面を渡されました。そこには、『貴殿から贈与を受けたものであって貸し付けを受けたものではありません。従いましてその金額について返済する気持ちはありません』と書いてありました。

「「小室圭の乱「眞子さま洗脳」」 『週刊文春』(2019.1.31号)

X氏の認識では、当初から小室家は「贈与」説で押し切ろうとしていたと理解しているようです。

どちらが真実かは解りませんが、いかんせん小室側はお金を返済していない以上、分が悪いです。

眞子さまは洗脳状態

そして、記事のタイトルにもあるように、謎の匿名関係者が次のような内部事情を告発。

「十一月の誕生日会見以降も眞子さまが、ご両親に小室さんとの結婚について話題に出すことはないそうです。その一方で、眞子さまは小室さんとスカイプなどで、頻繁に話しているとも聞きます。眞子さまが、文書発表の件を、事前に把握されていたにもかかわらず、秋篠宮さまに報告せずにいたとすれば、眞子さまは小室さんにまるで“洗脳”されている状態にあると言えます。小室さんは眞子さまを巻き込んで暴走しているに等しい」(同前)

思えば、当初から、二人の交際を不安視する向きもあった。

「お二人はデートの時、周囲の目も気にせずに手をつないだり、肩を寄せ合ったりしていました。デート中、電車の中で小室さんが眞子さまに『マーちゃん』と呼びかけたり、ベアリングと、お揃いのブレスレットもなさっていた。デート中はいつも熱愛といった様子で、ときに警備に当たる皇宮警察の人聞が、頬を赤らめて『見ていられない』とつぶやくほどだったそうです」(別の宮内庁担当記者)

「「小室圭の乱「眞子さま洗脳」」 『週刊文春』(2019.1.31号)

スカイプで頻繁に話してるって、いったいどうやって確認したんだよ(笑)

こういう身元不明の情報が飛び交うのが週刊誌の醍醐味なので、それを踏まえて楽しむ必要がありますね…。

しかし熱愛なら解りますが、「洗脳」とまで言い切るのはいかがなものかと。

しかし、いずれの週刊誌・ワイドショーも、眞子様は小室圭さんと結婚する意志が今も揺らいでいないことは一貫しています。

思えば母親の金銭トラブルなのに、その息子の結婚が延期されるとは不憫でなりません。

追記:小室親子「慰謝料として払う用意がある」、元婚約者「納得します!」

どうやら「解決」に向けて大きな動きがあったようです。

関連記事

「小室圭さん」ご母堂「天皇陛下」謁見要求!

2019年1月28日

眞子様、小室圭さんの結婚に対する各界の声まとめ【母親の借金問題】

2019年1月28日

小室圭さんは、どうして400万円返さないのか? なぜ解決済みと強弁するのか

2018年12月5日



2 件のコメント

  • 小室圭と真子さまは二人とも利害が一致しての行動の気がします。幼児性の残った二人です、数ヶ月連絡しないでクールダウンが必要です。余りに関係が密になってから周囲に諭されてる。まるで汚いアダムとイヴのよう、キリスト教大学出たのになにもわかっていない。どんな教育を受けたのでしょう?

  • 庶民の私は、相手を幸せにしようと思えば、なかなかプロポーズできない。
    もし、相手に幸せにしてもらうのが目的なら、一刻も早くプロポーズしたい。

    庶民の私はいつも、自分が払えるものを買います。
    小室親子は、いつでも、払えるものではなく、買いたいものを買います。
    そのため、誰かにヘルプしてもらっています。

    変わらないことがあります。
    眞子さまが悠仁さまのお姉さまであること。天皇の孫であること。
    小室家は、どんなことがあっても眞子さまを手放すはずがないでしょう。努力して頑張って、甘い言葉をかけ続けるでしょう。

    海外に居ても、毎日のように連絡を取り合い洗脳して離れないようにするでしょう。

    洗脳された人はどんなに家族が願っても戻れないので、私は眞子さまが、今も洗脳され続けていることが、怖くてたまりません。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください