【日本国紀】見城徹氏、激高して計1000冊の「まとめ買い」を自白【自社購入か?】

不自然な大量購入

過日、紀伊国屋書店新宿本店のPOSデータをタレこんでいただき、12月中に三回の不自然なまとめ買いがあったことを報告しました。(関連記事

12/06 …250
12/19 …250
12/27 …250

ほぼ等間隔に250冊づつ計750冊の購入。

この「まとめ買い」の無い日は、一日10~15冊程度の売れ行きでしたから、紀伊国屋新宿本店の12月中の『日本国紀』の売れ行きは、その大半がこの三回の「まとめ買い」によって占められています。

よって紀伊国屋書店で『日本国紀』は上位にランキングされ続けていますが、この順位は、このような大量購入によってかなり底上げされているものであることは間違いないでしょう。

逆上する見城徹氏

このように『日本国紀』は、不自然な組織買いによってランキングが上位に表示され、実際にはそんなに売れていないのに「売れている」という錯覚を与えていることが明らかになりました。

これを記事にしたところ、幻冬舎社長・見城徹氏が逆上。

見城氏の煽り耐性の無さには驚かされますが、オカシナ記述の多いツイート。ここから気が付くことは次の二点です。

  1. 聞いてもいないのに1月に250冊の「まとめ買い」があったこを自供。250×4の計1000冊の「まとめ買い」があったことになる。
  2. なぜかその「まとめ買い」は、売り上げの数字から引かれて判断される。「こちらは」と見城氏が述べている以上、これを判断しているのは幻冬舎である。

見城氏の逆上ツイートから解ること

この見城氏による逆上ツイートを踏まえて、計1000冊に及ぶ『日本国紀』の「まとめ買い」をまとめると次のようになります。

  • 「まとめ買い」の分量は必ず250冊であり、これが定期的に行われている。
  • 12月~1月中に行われた計1000冊の「まとめ買い」は、当該期間の紀伊国屋新宿店における『日本国紀』売り上げの大半を占めている。にもかかわらず幻冬舎は、この数字を「売り行き」から引いて判断している。

以上の点から、この計1000冊の「まとめ買い」は、紀伊国屋のランキング上位を維持するための自社(もしくは近縁団体)購入であることが強く疑われます。

というか250冊も善意の第三者が定期購入していたなら、普通、何らかの形でこれを自慢しますよね? 見城氏や百田氏は、パブライン(紀伊国屋書店の売り上げデータ)をしょっちゅう取り上げて話題にしているのに、この250冊×4については当ブログが指摘するまで沈黙、指摘された後は上記のように逆切れ状態なところも非常に香ばしい。

出版関係の方の人のお話では、紀伊国屋新宿本店での売り上げやランキングを他の書店が参考にして経営判断しているため、自社購入などを通して紀伊国屋新宿本店のランキング上位を保とうとすることはよくある事なのだそうです。特に宗教書にこの傾向があるとか。

確かに「売れている」と見せかけることは非常に重要なテクニックです。売れていないものを積極的に買おうとは誰も思いませんから。

まさにベストセラーは「圧倒的努力」によって人為的に創られる、ということでしょうか?

見城氏のコメントが待たれる

当然、以上の考察は見城氏のツイートから得られる仮説であって、見城氏が「そうではない」と主張されれば、確かにそうではないのかもしれません。

見城氏(ならびに『日本国紀』関係者の方々)は当ブログに足しげく通っているようですから、いずれ公式見解が出されるのではないかと期待しています。

しかし、なぜか計1000冊の「まとめ買い」が「売れ行き」から外されること、そして一度にではなくて定期的に250冊づつ購入されれている事実の重みは消えないでしょう。

関連記事

【日本国紀】組織買いリーク、全体売上の64%【こうやってベストセラーは創られる】

2019年1月25日

【日本国紀】「押しつけ配本」のカラクリがほぼ解明【こうやってベストセラーが創られる】

2019年1月23日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日


16 件のコメント

  • 前に「政治資金収支報告書」って書きましたが、考えるとおかしいですね。
    自分用に1冊2冊ならともかく、大量に買って支持者に無償で配ったら寄付行為になるし。
    頭が残念な社長が社員教育用に買ったか、宗教団体か。
    あるいはブラックボックスの官房機密費かw

    しかし、管理人氏も見城さんとすっかり馴染みになったようで、うらやましいです。

    • 私は見城さんのファンなんですけどね。ちょっと今回の件では思う所があります。
      250冊×4はちょっと多過ぎですので、裏が有ることは間違いないでしょう。

  • ちゃんと、「第1刷〜最新の直前の刷だけで250冊」と指定してご購入頂きたい物です。
    『ゴミですか?ゴミはゴミ箱へ』と言いますが、不良品には相応しい処分場があるでしょう(相応しい方法に則っているかはさて置き)。

  • 組織買いとするのはバカバカしいとあるけど、通常大量購入が個人によるものと考える方が不自然に思える。

    1.社員250人に購入させる(または配布する)ワンマン社長が4人いた
    2.社員1000人超に購入させる(または配布する)ために、1人のワンマン社長が1ヶ月以上かけて小分けで購入中
    3.250人に購入させる当てのある、とあるAさんが4人いた
    4.1000人以上に購入させる当てのある、とあるAさんが1ヶ月以上かけて小分けで購入中
    5.日本国紀信者のAさんが、ランキング上位を維持するために私財を投げ打っている

    パッと出てきた背景はこんなのだけど、見城さんが考えるバカバカしくないストーリーってどんなのだろう?
    無理だろうけど、1000冊の購入先を知ってる書店員、配達員に真相を聞いてみたい笑

    自社購入がよくある事とは…ランキング上位にいるっていうのはかなり有効な広告なんでしょうね。得票数は愛だと言ってる元アイドルがいたけど、もはやその総選挙と変わらない。そんな意味のないランキングを発表し続けてる本屋にもガッカリ。

  • 確かに裏がありそうで、褒められたことじゃないですが、
    不自然な大量購入はどこでもあることで、250冊×4はまだ可愛い方。
    もっと不自然に買われているケースはたくさんあり(知り合いの代理店の人も白状してました)、代理店や会社がまとめ買いするケースもある。ランキングも広告ですから。
    そういうのが常態化しているということも触れないと、客観視できないでしょう。
    百田氏のケースばかり取り上げるのは、おかしいです。もちろん擁護してないですよ。

  • 確かに金の出どころはまだ分かってないが、まとめ買いを認めた時点で、日本国紀が人為的に作られたベストセラーって認めることになるんだよね。図星を突かれて相当苛ついてるようだな。
    金の出どころまで判明したら完全に終わりなんだよなぁ。そりゃ苛つきもするか。

  • 細かいけど売り上げと売れ行きは別ですよ、なので氏のツイッターの後半はおおむね正確です。
    とはいえ毎回決まって250冊だと同じ団体であると推測されますし、組織的購入はフライデー報じるところの飛鳥新社から小川氏の出した書籍を自民党が相当数購入したとの例もあります。まあ『どんな組織が買うんだよ(笑)』ではなく『どんな組織が買ったんだろう』あたりが反応としては妥当でしょうけど。

    • @nieさんへ
      「売り上げへの判断に基づく売り上げの認識」に関しては仰る通りです。
      当該の論評に関しては、ろだんさんの勇み足でしょう。
      とは言え、見城社長が「’18年内の目標発行部数100万部」という大風呂敷を広げておきながら、期日を延期するばかりで撤回もしない有様からみて、「この様に合理的経営判断は、その場凌ぎのポーズではないだろうか?」と疑うに十分です。
      『どんな組織が買うんだよ(笑)』という煽りじみた表現に関しては、ご指摘もさる事ながら一応は国粋主義的な内容のみならず見城社長のアベ友振りも加味して評価すると、「社会正義及び庶民感覚に適う権力者一味への批判」として容認すべきでしょう。

  • 本の大量購入は前々から取りざたされてますね

    しかし今回は一括ではなく継続的に250冊という不自然極まりないブースト
    これだけの工作資金を出せるのはどこぞの議員が噛んでるのか分かりませんが続報に期待したいです

  • その数字は引いて、と、まとめ買いの数字を引いてカウントしていると書いてあるのにそこは無視して
    上位にするためのまとめ買い
    って、おかしくない?

  • >それはその客が必要だったんだろう。まとめ買いの数字はすぐに判るから、
    >こちらはその数字は引いて売れ行きの判断をしている。

    なんかこの短い中にも矛盾と曖昧な点だらけですね。

    ・「その(まとめ買いした)客」が「必要」とした買ったと判断しているのなら、なぜ「こちら(幻冬舎?)」はその数字を「引く」必要があるのか?

    ・「数字を引いて売れ行きを判断する」とは具体的にどういうことか?「60万部突破!」とか言って喧伝してる数字には、この紀伊国屋本店の1000冊や、他のいくつかの有名店舗でも「必要だった客」によってなされたであろうまとめ買いの刷数は含めないで「ん十万部突破!」の数字はカウントしているということか?

    などの点を見城社長に聞いてほしいところであります。

  • 【追加】
    「その数字は引いて売れ行きの判断」とは具体的にどういうことか?

    ・そのまとめ買いの数字は「ん十万部突破」の数字に含めていないということか?

    ・紀伊国屋の売り上げランキング算出の数字からは除外してもらっているということか?

    ・上記いずれでもなく、たんに見城氏の頭の中で、今後どのくらい増刷するかなどの経営判断をするときに、まとめ買いの数字は参考にならないので引いて考えているということか?(だとすればなぜか?客は必要だからまとめ買いしてるんじゃないのか?)

  • 「売り上げ」と言わずに「売れ行き」と言っているところを見ると、「たんに見城氏の頭の中で、今後どのくらい増刷するかなどの経営判断をするときに、まとめ買いの数字は参考にならないので引いて考えている」というだけの話を、まるで「公表されている売り上げ部数にはまとめ買いされた数は含めていない」と言っているかのように錯誤させようとしていると思われる。実に姑息。

  • pipisan にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください