竹田恒泰公式サイト、余命三年時事日記が「アクセス不能状態」に【パヨクの攻撃か?】

アクセス不能が続く「余命三年時事日記」

1/20にアクセス不能になり、翌1/21に復旧した「余命三年時事日記」が、再び1/23夜から接続不能状態になっています。

昨日、一次的に復旧していた時にブログ管理者は、ダウン(閉鎖)した原因が「不正アクセス」であり、敵対勢力による攻撃という見解を示していました。

403騒動だが、不正アクセスによりパスワードとURLが改ざんされていた。……

余命がじゃまということはわかるが、その勢力が在日と反日勢力のコラボではねえ..。先がみえているよな。日本再生という点での余命の役割は終了しており、現在の最前線は地方裁判所の提訴窓口となっている。

2771 お知らせ0122

今回、再びダウンしたということで、今後の動向が注目されます。

竹田恒泰氏の公式サイト「竹の間」もダウン

*竹田恒泰氏公式サイト「竹の間」はその後、復旧しました。

これと時を同じくして、1/23より竹田恒泰氏のサイト「竹の間」もアクセス不能状態が続いています。

「余命三年時事日記」と同じ403エラーの画面であることから、両者は同じサーバー(エックスサーバー)を利用していることが解ります。

この403エラーは、Webサイト管理側の意向により第三者の閲覧が禁止されているか、あるいはサーバに大量のアクセスがあり一時的にダウンしている可能性を示唆します。

両者が自主的にサイトを閲覧禁止にしたとは考えにくいですから、エックスサーバーに対して保守系サイトをダウンさせるような不正アクセスが集中したのかもしれません。

今後の動向が気になります。

関連記事

【余命三年時事日記】公開停止の原因は不正アクセス。在日と反日勢力の陰謀論を唱え出す。

2019年1月23日



5 件のコメント

  • まあ「余命はデコイ」らしいんで、彼らにとっては「万事順調」という事になる……
    と思いきや「デコイ情報を無視するとは●●人ども許せん」とか怒り心頭に発してる信者の方もいらっしゃるようで、更に高度な心理戦を展開しておられるのでしょうかね?
    今ふと「この飛車囮だからね、とったらダメだからね!ダメだからね!」と、まっすぐな目をして言ってくる子供の姿が浮かびました。

  • 「403」てのはアクセスが出来ないようにパーミッションが切り替えられた事を意味しますね。これは管理権を持ってる者にしか出来ないんで。
    パンクしたのなら「503」になります。

  • 一時的な「403」だったのだから、サイト管理者のミスでない限り、サーバー管理者側の何かしらのミスでは。
    余命氏に専門的なIT知識なんてなさそうですから、意図的なものではないでしょう。
    サーバー管理者側も意図的にこのような行為に及べば、信用問題ですからありえないしょうし。

  • 管理人 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください