【日本国紀】百田尚樹氏、信者まで無差別に晒し攻撃【無差別爆撃】

信者まで無差別攻撃

批判を一切受け入れられない百田尚樹氏。瞬間湯沸かし器の異名は日顕上人ではなく百田尚樹氏にこそ相応しいかもしれません。

そんな百田氏の気性の激しさを象徴するような珍事発生。

といっていつもの晒しあげ攻撃。どうやら百田尚樹氏は、serow氏の発言が気に喰わなかった模様。『日本国紀』236頁には亀山社中が日本初の株式会社って書いてあるので、それが間違いであると指摘されたのだと思ったのでしょう。

百田氏には、この指摘を晒すことにって「アンチの指摘は重箱の隅」と印象付けたかったという意図があったと思われます。

もちろんこの百田氏発言を受けて信者たちは、その意をくみ取り、serow氏を「重箱の隅をつつくアンチ」として認定。

実は信者だったというオチ。

このように百田氏から晒あげ攻撃を喰らったserow氏なのですが、その後、実は信者だったことが判明。百田氏に訴えかけます。

ちょっと百田氏も間合いの悪いそうなコメント。信者なら批判をしてもいいけど晒してはいけないとか不文律とかあるんでしょうか。きっとあるんでしょうね(笑)

確かにこのserow氏は熱烈な信者のようで、『日本国紀』の英訳を熱烈に希望しています。

百田氏がぐうの音もでないようなベストセラーを書けばいい」と言い放っていますが、まさかその自分が百田氏から「不服なら「亀山社中は株式会社ではない」という本を書けよ」なんて言われるなんて思ってもいなかったでしょうね。

有本氏も苦言

この情けない騒動を見て、有本氏も一言苦言。

結局、彼らとって重要なのは、批判内容ではなくその発言者が敵であるか味方であるかという区分なんですよ。行動原理がそもそも、味方は無条件に全面的に擁護して、逆に敵は無条件かつ全面的に攻撃するという単純な構造の元にあるのです。

味方なら批判してはいけないなんてルールないでしょうに。

こういう細かい行動の一つ一つにトンデモ保守の偏狭さが現れるのです。

関連記事

【日本国紀】売れ残りまくっている件【タレコミ続々】

2019年1月22日

【日本国紀】幻冬舎・見城徹社長のトンデモツイートに思うこと

2019年1月20日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日


20 件のコメント

  • はじめまして。百田尚樹氏とか有本香氏とか批判対象には「氏」の敬称をつけるのに「瞬間湯沸かし器の異名は日顕」と日蓮正宗の前法主を呼び捨てにした上で、こういう言い方をするところを見ると、貴方は創価学会員?それとも正信会系の檀徒?顕正会員?日顕上人とか御隠尊猊下とか使えとは言わないけれど、お里が知れますよ。「日本国紀」の馬鹿馬鹿しさを知るのには参考になりましたが、ここは大石寺批判の場なのですか?

    • 創価学会の日蓮正宗批判ビデオが、インターネットでパロディの対象になっているという背景があります。その中で、「瞬間湯沸かし器の日顕」という表現があるのでパロディとして使われたのでしょう。

      • コメントと訂正は確認しました。しかし、創価学会か正信会あたりが日顕前法主を非難する時に使っている「瞬間湯沸し器の異名は日顕」などという敬称抜きの表現を安易に使っていては、百田尚樹・有本香両氏の事を批判出来ませんよ。両氏と同じような感覚でパクっているように見えますから。

          • 当方は日蓮正宗などが言うところの「邪宗・身延」、日蓮宗の檀家ですが、日蓮正宗や正信会、創価学会、顕正会に関心があって、いろいろと本を読んだりネットなどで調べてたりしているだけです。当方は「瞬間湯沸かし器の異名は日顕」なんていう創価学会や正信会が使うような表現を右から左に使いたくないですね。

  • チーム日本国紀(仮名)では、「コピペではありません。あったとしてもごく僅かな比率です」と前置きすればパクリも正当化出来る様ですね。
    ろだんさんも「サイン本を含む全刷を購入する愛読者です」と前置きすれば、彼らは喜んでご指摘を尊重するでしょう(笑)。

  • 読者の感想に対して敵味方て…有本さんって小学生みたいですね。「あの子、〇〇ちゃんの悪口言ってたから敵だよー!」みたいな笑

  • 有本氏の発言、何をもって百田氏は「敵味方を間違え」ていると評価しているかで意味合いがだいぶ変わりますね。
    有本氏の発言から読み取れる可能性は二つ
    ①百田氏はserow氏の発言を読んでも敵味方の判別が出来なかった。
    ②百田氏はserow氏が味方であるにもかかわらず、批判に対して逆上した。
    ①の場合、有本氏はserow氏の指摘に同意し、かつ「敵味方」という、極めて強い表現で立場を表明している事となります。
    そしてこの場合、件の記述に関しては有本説=serow説と、百田説は真っ向から対立する事となり、有本氏は日本国記の信憑性をどう評価しているのかという問題になり、
    ②の場合、同じ内容の指摘に対しても、敵か味方かによって態度を使い分けると宣言している事となり、単純に、有本氏が日本語をどう扱っているのか、という問題になります。

    • @匿名さんへ
      有本女史と百田氏の結託関係からみて、②と解釈すべきでしょう。
      とは言え、①の一環として「serow氏は元から敵だったのに、本件でやっと分かるとは察しが悪いにも程があります。この調子では、あなたに対する私の本心もお分かりではない様ですね」と解釈すれば、疑心暗鬼に陥るでしょう。
      つぶやきならではの舌足らずさにより、その様な解釈が発生し得ますし、百田氏に取っては荒唐無稽な事態ではないかも知れません。

  • 敵味方ってww
    とはいっても、今回間違って攻撃された信者さんは味方と認識されていますが、
    一兵卒として忠誠を誓ったのI井氏は敵扱いのままで可哀想ですな。

  • フレンドリー・ファイヤースキルを持たないと、きょうび保守論客もできないのか。すごいな〜

  • 管理人 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください