【余命三年時事日記】偽サイト乱立の後、本家サイトが復旧【自作自演説も】

閉鎖後、同名を名乗るブログ登場

1/20に突如閉鎖された、「余命三年時事日記」のサイト。

識者による予想によれば、サーバー会社による凍結ではないかと言及されていました。

*尚、ここで用いられている「悪意」とは、単に知っているという意味であり、 逆に知らない場合には「善意」の語が用いられます。

その後、同名を名乗るブログが立ち上がり、後継サイト(?)の誕生かと話題になっていたのですが、本日、次のようにトップページが更新され悪戯であることが判明しました。

いやはや迷惑な悪戯でしたね(笑)

もとも「余命三年時事日記」って非論理的なサイトですから真偽の見極めが難しい上、信者というのは信じたいものを信じてしまうので、このような悪戯は辞めるべきでしょう。

本家サイトが復活

その後、本家サイトが復旧しているとの連絡。

ということは、どうやら、サーバー側が凍結したという説は憶断だったようです。

余命三年時事日記
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/

確かに復活しています。

自作自演説も?

また、本家サイトが一時的に公開停止状態になったいた原因として、「サーバー側の凍結」説が唱えられていましたが、復旧した以上それは正しくないようです。

自作自演ではないかという声も。

自作自演であろうとなかろうと、後継サイトは「反対勢力の攻撃により~」と主張することは可能性は高いでしょう。信者の危機感を煽れますので。

今後とも気を付けて様子を見守っていきたいと思います。

関連記事

閉鎖した余命三年時事日記、その日のうちにLivedoorブログで復活!?

2019年1月21日

余命三年時事日記が公開停止——サーバー側の対処

2019年1月20日


5 件のコメント

  • 復活する度に、信者方から復活祝い金をせしめそうですね。
    増刷(修正)する度に購入を半ば強制する、作者及び出版社の顰みに倣って…

  • 釣サイトの方、言い回しはうまく似せてたけど一回読んだだけで内容が把握出来るあたり別人の文章くさかったですからね。
    そして、ブログ移転前と指示の中身が変わっている事にすら気づかない信者の皆さん……
    「絶対に助からない人」を見てしまった気がします。

  • 一回読んだだけで内容が把握出来る文章だから偽物ってのが笑えるwww

    確かにあれなに書いてるかさっぱりわからん宇宙語だもんなぁ。信者はわかるんだろうけどwww

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください