【トンデモ】『日本国紀』、日本が「友好国」に戦争を仕掛けてしまう。

ともかくいろいろツッコミどころが満載の『日本国紀』、実は読者にツッコませて、保守からリベラルに転向を狙っている啓蒙書ではないかと疑いを強めるほどです。

今回は、百田氏が大東亜戦争の構造を全く理解していないことを示す記述を紹介したいと思います。それは次の記述です。

コラム「大東亜戦争は東南アジア諸国への侵略戦争だった」と言う人がいるが、これは誤りである。
日本はアジアの人々と戦争はしていない。日本が戦った相手は、フィリピンを植民地としていたアメリカであり、ベトナムとラオスを植民地としていたフランスであり、インドネシアを植民地としていたオランダであり、マレーシアとシンガポールとビルマを植民地としていたイギリスである。日本はこれらの植民地を支配していた四ヵ国と戦いって、彼らを駆逐したのである。

 百田尚樹『日本国紀』幻冬舎, 2018 , pp. 391-392

太字の箇所が滅茶苦茶おかしいです。というのも、1941年12月大東亜戦争が始まる前に「フランス」はドイツに敗れ、当時は親独傀儡のヴィシー政権であり、日本はフランスに対して開戦していません。つまり大東亜戦争下においてヴィシー政権フランスは、日本の「友好国」であり協力関係を結んでいました。

またベトナムとラオスへの進駐(1940年の北部仏印進駐と、1941年の南部仏印進駐)は、ヴィシー政権との協定によるもので、しかも仏印に進駐した後も、ヴィシー政権による植民地統治をそのまま容認していました。よって決して日本軍は植民地解放などしていません。極めて初歩的な問題です。

また1945年3月の欧州情勢変化(ドゴールのパリ入城とヴィシー政権崩壊)にともないフランス植民地にも政情の変化が生じ、日本軍がこれに対応する形で明号作戦を実行しました。しかし、これはフランスに対して「戦争」を仕掛けたわけではありません。当時の日本側文章にも、戦後の研究書にも、この衝突は「武力処理」と表現されています(『戦史叢書』32, pp. 577-706)。

一体、百田先生は、ベトナムとラオスでどの様にフランスと戦争状態になり、植民地を解放したと考えなのでしょうか? 考えれば考えるほど百田氏の歴史観の浅さが解る一文です。

【日本国紀】読書感想がもはや宗教【トンデモ】

2018.11.11

【日本国紀】ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)によって洗脳されているという虚構【トンデモ】

2018.11.11

【日本国紀】もし日本が鎖国しなければ世界統一していたかも説【俺TUEEE】

2018.11.11

【日本国紀】フィリピン兵16000人くらい虐殺しちゃったけど独立させてやったし侵略戦争じゃないよ論

2018.11.10

13 件のコメント

    • まったく理解していないでしょ

      >大東亜戦争の構造を全く理解してないとも言えない
      小理屈で自問自答するのがウヨらしくて失笑

  • トンデモですし、あの戦争の構造をまったく理解していませんね。日中戦争がなかったことになっているみたいですし。

  • >進駐するにあたり衝突(明号作戦)は生じました
    進駐するにあたって衝突したのではなくて、欧州情勢の変化(ドゴールのパリ入城とヴィシー政権崩壊)で、
    必然としてフランス植民地にも政情の変化が生じたので、日本軍がこれに対応する形で作戦を生じた、と表記すべきです
    そもそも、明号作戦が行われたのは、大戦末期の1945年、仏印進駐は日米開戦前の出来事なのですから、「進駐するにあたり衝突」という表記は、解釈の幅の余地なく誤りとなります

    • ありがとうございます。寝ぼけていたのか錯誤がありました。深くお詫び申し上げます。また、私は実は昭和史はド素人ですので、間違いが多くあると思います。今後ともご指摘いただけると有難いです。

  • コメントを残す