竹田恒泰氏、パパの贈賄容疑を「フランスvs日本」の構造に置き換える。氏子たちの妄想も加速

JOC会長・竹田恆和氏の贈収賄容疑

JOC会長・竹田恆和氏の贈賄容疑が報道され、2020年東京オリンピック返上を主張する声までネットではあがっています。

竹田恆和氏の贈賄容疑はそれだけでスキャンダルですが、過去の交通事故まで取り上げられて攻撃されています。またさらに、その息子・竹田恒泰氏が有名なネトウヨ芸人だということも、この炎上に一層油を注いでいます。

『虎ノ門ニュース』

それでもパパの苦難に立ち向かい、必死に弁護する息子の竹田恒泰氏。

本日の「虎ノ門ニュース」では、パパの贈賄問題を、カルロス・ゴーン氏逮捕の報復と捉え、フランスという国家そのものを攻撃。

竹田 フランスという国はですね、ヨーロッパの中国と言われている。……日本人って、フランスを良い国だと思ってるじゃないですか。
居島 まぁそんな悪い印象は…
竹田 「フランス革命」とか「人類の栄光」とか言ってるじゃないですか。あんなもの、人類史上の汚点ですからね、フランス革命なんて。あいつらのおかげで社会主義とか共産主義とかできたわけですからねえ。
居島 はーはー。
竹田 だいたい、パリの様子見たらわかるじゃないですか。自分のとこの治安も守れずに国がグチャグチャになってですよ、何がオリンピックの贈収賄、ふざけんなっていうんですよ。
居島 これはあの色々囁かれていることですけど、所謂、ゴーン氏の件に関しての何らかのその報復的な措置と言うか。
竹田 これ、どう見たって報復でしょ。
居島 間違いないですか?
竹田 間違いないですね。フランスの民度が低いと言うことですわ。…だから、ゴーンをぽっとでも保釈すれば、話終わるんですよ、たぶん

【DHC】2019/1/17(木) 有本香×竹田恒泰×居島一平【虎ノ門ニュース】7:09~

さらにこの罵詈雑言は加速して次のように。

竹田 ヨーロッパの中国ですから。
居島 中華思想という点ではね東西相通じるところがあるのかもしれません。
竹田 そのくせに戦争すると弱いんですよ。第一次世界大戦も始まった瞬間、敗戦。第二次世界大戦も始まった瞬間に敗戦じゃないですか。すぐパリ陥落ですもんね。
居島 強かったのはナポレオンの時ぐらいですかね。
竹田 その時だけですよね。それでも最後はダメでしたしね。
居島 ワーテルローでね。
竹田 結局、フランスは敗戦国のくせにね、戦勝国ぶってるんですよ。ふざけんなっつうんですよ。

【DHC】2019/1/17(木) 有本香×竹田恒泰×居島一平【虎ノ門ニュース】8:25~

フランスは戦勝国ですけどね (;゚Д゚)

ネトウヨというのは、個別的問題の原因をすぐに国家だとか民族だとかに帰結させます。ゴーン氏の事件と、竹田パパの事件とを、どうやら「フランスvs日本」という構図の中で理解したいようです。

あと、それとナポレオン以前はフランスはヨーロッパの中心です。ナポレオンが徴兵しすぎたために、外人部隊などを創設しました。まぁそんな細かい世界史の情報に竹田氏は興味ないでしょうが(笑)

氏子たちの祝詞(妄想)

このように竹田恒泰氏が、陰謀論に基づいて、パパの逮捕の黒幕を「フランス」という国家そのものに定めたため、氏子たちもこれに共感して陰謀論垂れ流し。

竹田氏のツイッターには次のようなコメントが寄せられています。

ん?「フランスは欧州の中国」じゃなかったのかな…。というか、フランスは日本の何に攻撃しているというのでしょうか…。

!? 勝手にすごい解釈。というか日本をボコボコにしたアメリカの没落するどころか繁栄しているんですけど。

まさか竹田パパのスキャンダルが、GHQの仕掛けた時限爆弾だったとは…。

裏の裏を読みすぎる陰謀論の典型例。

単純明快な最強理論、「見ていれば解る」。

少しは疑いましょう。

にしても何でこう氏子というのは単純なんでしょうか…。

関連記事

竹田恒泰氏、パパの贈賄疑惑について「意図的にワイロを渡していたとしても違法ではない」と主張していた

2019年1月13日

竹田恒和(JOC会長)が贈賄容疑で起訴手続き

2019年1月11日

【トンデモ】天皇は「神に近い存在」と言わせてしまう中学授業(服部剛『教室の感動を実況中継!先生、日本ってすごいね』高木書房, 2015)

2018年10月26日


14 件のコメント

  • 氏子さん達、事の時系列とか理解出来てなさそう……
    ゴールポスト動かしてイデオロギーの話になるとコロっと騙されちゃうのね

  • つーか社会主義や共産主義ってフランス革命がなければ出てこなかったわけじゃなくね?ホッブズとかルソーとかの思想が源流でしょ?

  • フランス政府当局に取っては、オリンピック不正への操作によって自国民の恥を世界に曝す一面があります。
    時系列を無視した、日本に対する嫌がらせや意趣返しといった意味付けは「彼らはその為なら自爆テロをも辞さない」という最低最悪の被害妄想に他なりません。

    • 「操作×→捜査○」。
      本件では、フランス他諸国の法体系に関する理解も必要な様です。
      しかし、一般論としては「巨額の興行収益をもたらす国際親善事業を贈収賄で歪曲してはいけない」のみならず、「政府事業として推進したのだから、冤罪であれば政権が外交的解決を図るべき」です。
      「外交の安倍政権じゃなかったのか?」と声を挙げて頂きたいですが…

  • アメリカの没落するどこから繁栄している➡?

    ネトウヨの人達って、snsが生んだのか、それとも発見されただけなのか気になりますね。

    • 天皇に逆らったら没落するには、さすがに笑いましたよ(笑)
      一体どういう理論体系しているんでしょうかね。

      • 山岡荘八氏が『徳川家康』で、晩年の家康が井伊家を彦根藩に封じるに辺り『伊勢神宮が安泰である限り日本は安泰』だという論理を語らせていました。
        「伊勢神宮が創建される前や、国家鎮護及び皇室守護の神社として設定される前はどうだったのか」と言いたくなりますが、この手の牽強付会に繋がる物がありそうです。

  • 「アメリカの没落するどこから繁栄している」
    →「アメリカは没落するどころか繁栄している」

    ですね。

  • こんな妄言はインターネット放送だからこそ許されるのであって、地上波では放送できないでしょうね。番組編成基準アウトになるどころか、放送法4条にも抵触するでしょうから(笑)

  • 地上波の報道番組なんかひどいもんだと思い至ってからはテレビをほとんど見なくなりましたが、このような妄言が垂れ流されているとなるとネット放送はそれ以下なんだなと評さざるを得ません。

    地上波は番組基準やら放送法の規律があるが、インターネット放送には表現に関わる法規制がないに等しく、このような自由度の高い表現の場が与えられたとき滅茶苦茶な言説が蔓延ってしまう我が国の現状に接すると暗澹たる気分になります。

    まあ、トンデモな人たちは、こういう場でしか活躍できないのでじょうけど。

  • 2019年1月18日 5:57 AMの匿名さんへ

    仰る通りなんですが。

    「地上波は放送法の規制があるのにネット放送には無い。不公平や。せや! 放送法4条を撤廃して公平にしたろ!」と言い出したのが昨年の安倍晋三首相です。

    テレビ局は国から電波が割り当てられているので、政治的中立性が失われたらどっちに転ぶかは明白です。
    まあ、総務省やテレビ各社の反対もあって撤廃は先延ばしになりましたが、今後のことは分かりませんよ。

  • pipisan にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください