【呉座勇一×八幡和郎④】「盗用の言い掛かりをつけたが、それは冗談で、非難しているわけではない」と新たに主張

盗作告発騒動

先に保守論客の一人として知られる八幡和郎氏は、Facebook上で呉座勇一氏によって自身の書評が「盗作」されたと告発しました。本ブログではこの問題を取り上げ、既に三本の記事を執筆しています。

結論的に八幡氏の主張は一方的な言い掛かりでしかなく、呉座氏が何らかの剽窃に類することをしたとは到底考えられません。明らかな八幡氏の誤解もありました。

しかし自身告発に誤りがあると解った後も、八幡氏はなぜか呉座氏に謝罪の言葉ひとつかけることがなく、不可解な開き直りを続けています。これを三行で表せば次のように。

保守論壇の病巣「謝ったら死ぬ病」

本ブログでも何度も言及していますが、保守論壇においては、「間違い」だと解っても謝らず開き直るという悪い習性があり、「謝ったら死ぬ病気に罹っている」と噂されています。

どうも保守論客の一人として名高い八幡氏も、この病に侵されているように思えます。一言謝ればそれまでだったのに、開き直ってしまったため更に炎上中です。これに飽きず八幡氏は、新たな「言い訳」をTwitter上で次のように発表。

今度は「盗作」だと言い掛かりをつけているのに、それを「冗談」で済まそうとする作戦に出ました…

ところで八幡氏は、今も尚、次のように呉座氏の「盗用」を「拡散希望」しています。とても冗談で済まされるモノではないでしょう。

なお、「呉座氏が百田『日本国紀』を盗作のようにいうなら」と冒頭にありますが、これすら言い掛かりであり、呉座氏はそんなこと一言もいっていません(関連記事)。

中世史家・亀田俊和氏の呆れ

流石にここまでいい加減だと、炎上に油を注ぐことに。本件に最も敏感に反応されたのは中世史家の中世史家・亀田俊和氏。

八幡氏の言動に呆れ果てています。

全く御説ごもっとも…。

ホント見苦しいです。一言謝ればいいのに、何でそれができないのでしょうか?

変な大学教授と言うのは多いです。歳をとればとるほど多いです。何でその椅子に座っているの?というレベルの人間は確かにいっぱいいます。

ドイツ現代史・柳原伸洋氏の呆れ

八幡氏は歴史研究者というよりも、歴史愛好家ですからね…。

知的財産法学者・玉井克哉氏の呆れ

研究者にとって「盗作」「剽窃」というのはアイデンティティに関わる重大な問題です。どのような形であれ「冗談」では済まされないでしょう。

その他の呆れ

などなど八幡氏への非難が殺到…。

保守論壇の宿命ゆえか、謝れないが為に、一晩で名声の全てを失った八幡氏。

今からでも遅くなりません。ぜひ陳謝の言葉を発表していただきたい。

関連記事

【呉座勇一×八幡和郎③】なおも「盗作」の言い掛かりを続けるコメントが発表される

2019年1月13日

【呉座勇一×八幡和郎②】決定的な反証が示されたのに、謝罪せず日常会話を始めるトンデモ【日本国紀】

2019年1月12日

【呉座勇一×八幡和郎①】呉座勇一氏の書評を「盗作に近い」と八幡和郎氏が非難(追:呉座氏が決定的証拠を提示)

2019年1月12日

6 件のコメント

  • >どうも保守論客の一人として名高い八幡氏も、この病に侵されているように思えます。
    >保守論壇の宿命ゆえか、謝れないが為に、一晩で名声の全てを失った八幡氏。
    で、でも、八幡氏はリベラルを公称していますから…(・_・;)

    「リベラルの私が安倍首相を支持する理由」
    http://agora-web.jp/archives/2031255.html

  • 八幡の人間性に問題があるってのは何も今に始まったことじゃないから。
    初の著書の中でも、論旨と関係ない俺様語りや自慢をぶっ込んできたり、自分の嫌いな人物をダブスタを使っても貶めようとしたり。

  • 今後はあらゆる発言に、『※この主張は冗談です。実在する一切の論説とも関係ありません。』と明記すべきですね。
    それにより百田氏が、日本的美徳の体現者に相応しく水に流してくれると良いのですが。

  • コメントを残す