『日本国紀』関係者による人身攻撃が酷すぎる件。批判者に対し「法的に対処」と言及

有田芳生氏に対して

年が明けてから『日本国紀』の著者・編者・版元など関係者が、本書への批判に対して非常に攻撃的な態度をとっています。

『日本国紀』に対する批判の多くは、コピペ問題や、こっそり改版など道義的問題についてですから、正誤表を発表するなどこれに真摯に答えれば済む話なのです。にもかかわらず、なぜか製作サイドは批判者を恫喝しはじめ、しかもその恫喝は「批判」の域を超えて「人身攻撃」になっています。

過日、立憲民主党の有田芳生議員が次のように呟きました。

このツイートには『日本国紀』とは書かれていないのですが、なぜか幻冬舎サイドは異常なまで過敏に反応。三日間にわたって延々とこれを批判しています。

さらに部下まで動員して誹謗中傷。

しかも見城氏はこれを引用RTまでする執拗さ。

しかし当の有田氏はどこ吹く風。

これを受けてか見城氏のボルテージはさらにヒートアップ。

有本氏は弁護士に相談することを表明。

なんと見城徹氏は、法的に対処を表明。

百田氏は「えらい目に合うよ」と凄みかけた言論封鎖に。

あまりの過剰な反応に驚くばかりです。そして、これらツイートのコメントには、批判者に報復・懲罰を求める声が多数寄せられており、抑制の効かない感情の発露を感じずにはいられません。間違った方向にこの感情が爆発しないことを願うばかりです。

津田大介氏に対して


また先に有本氏は、「文化人」への報復予告とも取れる発言をしていました。

この少し前、紀伊国屋が『日本国紀』のサイン本を宣伝したことを受けて、津田氏はつぎのように呟いていました。

これに激しくかみついたのは有本香氏。全く関係のないネタまで含めて人身攻撃を開始。

また執拗に本の出版部数をネタに津田大介氏を扱き下ろします。

松井計氏に対して

有田氏批判から松井計氏にも非難が移ります。

この300万円や住居のエピソードは松井計氏の書籍に書かれていますので、松井氏を攻撃していることに間違いないでしょう。

過日、松井氏は幻冬舎の見城徹氏への恨みをツイッター上で語っていました。それを有本氏が意趣返ししたつもりなのでしょう(現在は削除済み)。

なお、松井氏は『日本国紀』へのコメントは一切していません。手あたり次第な人身攻撃です。

津原泰水氏に対して

また『日本国紀』のコピペ問題などに批判的な態度をとっていた津原泰水氏に対して次のような発言を。

この発言は、文庫を人質に恫喝しているのではないかとコメント上で騒がれました。

四月に発売とのことですから注意深く見守りたいと思います。

また百田氏は津原氏に対して、「生きている意味がない」と受け取れる侮辱発言もしています。

このように『日本国紀』界隈の攻撃性の高さは尋常ではなく、読者を不安に陥れています。

また熱心な百田氏や有本氏のファンは、『日本国紀』への批判者に対する暴力まで示唆しています(関連記事)。

社会的影響力の大きい言論者として、節度ある言説をお願いしたく思います。

関連記事

百田尚樹氏、『日本国紀』の「男系」の記述ミスを公式に認めるが、大したミスではないと開き直り

2019年1月15日

【悲報】やっぱり『日本国紀』、在庫過剰の「押し本」状態だった【在庫7箱も…専門誌の報告】

2019年1月14日

【日本国紀】幻冬舎側が書店に本を押し付けていると指摘【配本談合】

2019年1月13日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日




21 件のコメント

  • 有田議員は「コピペ話題本」としかツイートしてないのに何でこんなに必死なんでしょうね…

    やましいことでもあるんですかね(笑)

  • 「風説の流布」という言葉を濫用する人間は基本的に頭が悪いと思っています(法学士)。
    2ちゃんねる時代から、気に入らない特定個人への批評に対して「風説の流布」と言っちゃうお馬鹿さんはいっぱいいました。

    構成要件として「風説の流布」が明示されている特別法は何ですか?w

    要するに有本香なんて観光業者の舌先のデキモノは、広告主や旅行代理店にに逆らえないし、修学旅行でいたいけのない中学生の家庭から1万円で済むところを1万5千円もらって、儲けられそうな話の編集だけやってきた人だってことですよ。
    万が一、アレが100万部売れていたら「日本国紀の聖地巡礼ツアー」でもやって、さらに一儲けするつもりだったんではないか、と愚考している。そうならなくて良かった。

    結論:有本香が「編集者」を名乗るなんて、ちゃんちゃらおかしい。
    本屋大賞に加えて「本屋が選ぶアホ出版社大賞」が必要ではないか。
    本屋の店員頑張れ。

  • 仮に法的手段に出るとして、弁護士に依頼するでしょう。しかし弁護士になんと言うつもりなんだ?
    事実を言えば言うほど、自分が不利になり、弁護士からあなた自身の非が裁判記録に残るだけですよと諭されるのでは。

  • 近くのツタヤに行ったら、たくさんの日本国紀が平積みになっていた。
    3冊手にとって奥付をみたところ、1刷、4刷、6刷。
    内容は全部違うのか。
    っていうか、まだ初刷が結構な数残っているのが面白かった。

  • >っていうか、まだ初刷が結構な数残っているのが面白かった。
    それが『日本国紀』のハイライトです。

  • 何をブチ切れてるのかよくわからない。「本当の事を言って名誉毀損するな」ってこと?
    歴史書のつもりなのに原典にあたる手間を惜しんでコピペという手抜きをしていること、無断転載という違法行為に対する謝罪もないこと、あらゆる批判にキレることしかできないこと、コピペ批判を回避するための修正も増刷で行っていること、読者に正誤表の公開をしないこと、正誤表の公開を求められても逃げ続けていること、やってることが最低最悪。
    自分たちにまだ名誉があるなんて自惚れてるにも程がある。年を重ねた著名人でこんなに不誠実で卑怯で醜悪な人達を見たことがなかったから毎日驚いてる。日本国紀界隈見てると本当に日本ヤバいって思う。

  • 近所でも1刷が残って居るのに増刷のも置いているんだよね。
    それだけで見城社長のコメントからすると不思議なんだけど、それ以前の話として、
    内容変えているので有れば、ちゃんと改版として旧版を引き上げさせないとダメなんじゃないかと。
    古い瑕疵まみれの物を消費者に売りつける事は、出版者としてのモラルと矜持に抵触しないのかな。

  • もはや物書きとしても一人の人間としても落ちるところまで落ちたという印象を受けますね(最近露呈してきたというだけかもしれませんが)。
    しかし、一番恐ろしいのは……少なくともネット界隈においては、依然として日本国紀を支持している方々が圧倒的に多い、ということではないでしょうか(数多ある関連ツイート・記事に対するコメントの傾向を見て判断しただけですが)。
    この国の行く末が本当に心配です……杞憂に終わればいいのですが…

  • おっさんやおばさんになってしまうと異常な言動を誰も叱ってくれないからね
    自分の主張をほぼ制限なしに垂れ流せるツールを年取ってから手にするといろいろと面倒なことになるな

  • 本当に愉快な方々だなぁ。ヒステリックに喚き立てる編集者と、大阪生まれの民度の低さを露呈し始めた作者。こういう本性を微笑ましく見届けるのが面白いんだまたこれ。

    • 何を愉しもうと個人の自由ですが、ヘイトを書き込むことはやめて下さい。
      犯罪率、相次ぐ警察の不祥事等、問題点があるのは承知していますが、それを民度の一言で片づけられるのは不当です。
      不適切な行動をとっているのはあくまで一部の人々であり、大勢の人は真面目に生きる普通の人々です。
      それ故、出身者としては極めて不快な書き込みです。
      今後このような書き込みがなされることがないよう、また看過されることがないよう切願します。

      • @sideswipieさんへ
        お察しします。「特定地域代表」面をしつつ権威や権力・権勢を振り翳すご歴々の蛮声に惑わされる事なく、個人個人を尊重したいと思います。

  • 本気で「法的に対処」するつもりなら、不特定多数の目に触れるSNSでちらつかせるのではなく、水面下で粛々と準備を進めるでしょう。萎縮を狙った威嚇であるのは見え透いていますが、それが通用する相手だと思うのが、彼らの浅はかさですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください