【日本国紀】幻冬舎・見城徹社長、「コピペ」「著作権法無視」のコメントに過敏反応【やましいコトでもあるのか?】

日本国紀、コピペ、改憲

改憲を強く訴える『日本国紀』。

日本国憲法は色々なところからのコピペらしいのですが、そんなコピペ憲法すら、70年間、一文字も変えずに守り通した日本。

Wikipediaなどからコピペして繋ぎ合わせた『日本国紀』が、販売開始わずか一月で何度も内容をコッソリ改版してしまったことは、「改憲くらいサクっとしろよ」という著者・編者・出版社からのメッセージかもしれません。

有田芳生氏のツイートの過剰反応する見城徹社長

立憲民主党の有田芳生議員が呟いたツイートが話題に。

『日本国紀』とは書かれていないことがミソです。

にもかかわらず『日本国紀』の版元・幻冬舎の見城徹社長はこのツイートの敏感に反応。

別に有田氏は『日本国紀』を名指ししているわけじゃないんですから、こういう反応はちょっと墓穴を掘っていますね。

まるで『日本国紀』がコピペ話題本だと自白しているようなものです。

見城徹氏の罵詈雑言は続く

さらに見城氏の批判ツイートは続きます。

イチイチ話がデカい。

落ち着いてください(笑)

何をそんなにカリカリしてらっしゃるのか…。

見城氏の「しかし、こんな人が国会議員であることに驚きを禁じ得ない」という発言は、そのまま「しかし、こんなコピペ本が書店に並んでいることに驚きを禁じ得ない」とブーメランします。

著作権法無視のコメントにも過剰反応

さらに次のようなやり取りも。

『日本国紀』問題の核心をついた発言。

このGEISTE氏の発言に対して、

即ブロック…。

竹田恒泰氏の言葉を借りるなら見城氏も「アナルの小さい奴」のようです(笑)

そもそも『日本国紀』のようなコピペ事故本を、世に問わなければここまで叩かれなかったわけで…。世のバッシングの原因は幻冬舎にもあることを理解いただきたいと思います。

そして見城氏ともあろう公人性の高い権力のある人物が、自身への批判を一切受け付けないというのは、ファシズムのそれと何ら変わりありません。

見城氏は自身のレピュテーションを非常に気にします。ミュートにしておけばいいのにブロックしてしまうところから、その習性が窺えます。やたらツイッター上で人脈自慢が多いのも、何かの裏返しでしょう。

百田氏の妄想をRTしてしまう見城氏の妙

また『日本国紀』問題について、見城氏はややバランスを失っているのではないかと思う節が。

次の百田氏による妄想ツイートをRTしてしまう見城氏。

そこまでして読ませたくないのか!」というのは希望的憶測の入り混じった妄想ですね。

少なくとも日本国内で『日本国紀』が叩かれている原因は内容ではなく、倫理にもとる数多の剽窃と、問題が発覚したのに開き直っている著者・編者・出版社の態度でしょう。

それに気付かずに見城氏がRTしていたのであれば、よほどの重症でしょう。

関連記事

幻冬舎・見城徹社長が『日本国紀』に捧げたポエムの意味と、その価値

2019年1月8日

幻冬舎・見城徹社長、読んでもない原稿の内容を語り、「ホームレス作家」に着古しを与えて「侮辱」する。【松井計氏の告白】

2019年1月6日

【弔歌】見城徹vs桜ういろう【特攻からブロックまでの系譜】

2018年12月21日



7 件のコメント

  • ことの発端である自らのやらかしは棚に上げてヒステリックに相手を叩く。この人たちが嫌うどこかの国の仕草と一緒ですな

  • 「返品すればいいのだ」って…書店の店員さんが「一方的に送られてきて返品もできないから並べるしかない」みたいなことをツイートしてたの見たことある。
    返品は不可能ではないけど通常しないってのが実際の所では。
    この見城さんってツイートしか知らないけど、後暗いことから全力で逃げてる様が愚鈍にしか見えないし、書籍の流通システムとやらも実情についてはわかってなさそう。

  • “『日本国紀』とは書かれていないことがミソです”はどういう意味なのでしょうか?
    有田芳生氏はウソを言っているのでしょうか?

  • 店員は命令に従って仕事をすれば良いだけです。経営者でもないのに返品の心配などすることはないです。
    不満があれば転職すれば良いです。

  • 匿名 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください