【呉座勇一×八幡和郎①】呉座勇一氏の書評を「盗作に近い」と八幡和郎氏が非難(追:呉座氏が決定的証拠を提示)

八幡和郎の叫び

Facebook上で歴史愛好家の八幡和郎氏が、中世史家の呉座勇一氏の書評を非難し、「盗作に近い」と表現しています。

つまり、『日本国紀』が井沢説に拠っていることは自身(八幡氏)の発見であり、後から同じ指摘をした呉座氏の書評は、これを剽窃しているというのです。

本記事では、この八幡氏の指摘が妥当であるかどうかを検討していきます。

八幡説に新規性はあるのか?

まず、問題となる八幡氏の(第一発見?)記事を見てみましょう。

そんななかで目立つのは、井沢元彦氏からの強い影響である。祟りや怨霊の重視、武士の勃興についての見方、刀伊を撃退した藤原隆家の称揚、足利義満の皇位簒奪計画という見方への支持、信長や秀吉についての見方などである。古代では応神天皇についての記述とか、すでに「「日本国紀」の江戸時代観には根本的な矛盾がある」で書いた江戸時代の経済政策などの見方もそうだ。

百田『日本国紀』は井沢『逆説の日本史』に似てる?(アゴラ, 2018.11.23)

以下の六点について井沢説との類似性を指摘しています。

  1. 祟りや怨霊の重視
  2. 武士の勃興についての見方
  3. 足利義満の皇位簒奪計画
  4. 信長や秀吉についての見方
  5. 応神天皇の記述
  6. 江戸時代の経済政策

しかし『日本国紀』と井沢説との類似性を発見したのは、八幡氏が第一という認識は間違っています。

というのも『日本国紀』の前近代史が井沢元彦『逆説の日本史』をなぞっていることは、歴史好きなら誰でも気が付くことです。よって、これに言及したからといって新規性はありません。

事実、八幡氏の書評が2018年11月23日に出る前から、百田尚樹『日本国紀』の種本が井沢元彦『逆説の日本史』であると、既にツイッター上で指摘されていました。

このように、『日本国紀』と井沢説の類似性は、読んだ人ならば誰でも気が付く性格のものであって、そこに新規性を見出すことは難しいでしょう。

よって「盗作に近い」という八幡氏の発言は、想像力が逞し過ぎるでしょう。

指摘される類似が全く異なる

また、先の述べたように八幡書評は六つの類似点をあげていますが、呉座書評ではこれを踏襲していません。

八幡書評呉座書評
①祟りや怨霊の重視怨霊信仰の強調
②武士の勃興についての見方
③刀伊の入寇勇猛果敢な幕府と無為無策な朝廷の対比
④足利義満の皇位簒奪計画足利義満暗殺説
⑤信長や秀吉についての見方
⑥応神天皇の記述
⑦江戸時代の経済政策
天智天皇と天武天皇は兄弟ではない

したがって二つの書評で共通して指摘されている、「『日本国紀』と井沢説の類似点」は、①怨霊信仰と、③刀伊の入寇と、④足利義満です。

このうち、④足利義満については、呉座書評では義満暗殺説、八幡書評は義満簒奪説にしか、それぞれ触れていないので、似て非なるものでしょう。(後述するように呉座氏は八幡書評が発表される前に本件をSNSに投稿していた)

また、③足利義満の類似については、八幡氏の書評が出る前にツイッターで指摘されていました。

八幡氏の理論を借りるならば、八幡書評こそが、ツイッターから「盗作!とはいわないが、それに近い」ものであるとも表現できます。

もちろん、さすがに八幡氏がツイッターから剽窃したとは私は考えていませんし、誰もそうは思わないでしょう。なにせこれまで述べてきたように、歴史好きが読めば誰でも気が付くレベルの話なのですから。

まとめ

以上をまとめれば次のようになると思います。

  1. 呉座書評が八幡書評から剽窃したなどとは、到底、考えられない。
  2. 八幡氏が第一発見と主張する「『日本国紀』と井沢元彦説との類似」に新規性は無い。八幡書評が発表される前から既にツイッター上で幾人もこれを指摘していた。
  3. 八幡氏が列挙する類似点と、呉座氏が取り上げる類似点すら一致していない。

研究者にとって「剽窃」などの研究不正の疑いをかけらることは大変不名誉なことです。研究者にとって自身の発見は子供のように大切なものですが、さすがにこれは八幡氏の言い掛かりでしかなく怒りを禁じ得ません。私は八幡氏は呉座氏に謝罪するべきであると考えます。

また最後に、八幡氏が抱いている少し変わった著作権意識について述べて筆をおきたいと思います。

そのあたり、初出が必ず出ている学術論文や専門の学者が書いた本とは違う(もっとも、私が概説本で書いてから普及して一般常識になったようなことが平気で無断引用されていることも多い。学者は学術論文以外には著作権がないと思っているようだ)。

百田『日本国紀』は井沢『逆説の日本史』に似てる?(アゴラ, 2018.11.23)

八幡氏が歴史研究において貢献があったとは驚きですが、それ以上にこの自信過剰さに驚嘆の念を禁じ得ません。

呉座書評:『日本国紀』監修者・久野潤氏の反論に応える②(アゴラ, 2019.1.11)

【追記】呉座先生が「盗作」ではない決定的根拠を提示

その後、本記事のコメント欄に、呉座先生御本人から決定的な根拠の提示がありました。

つまり八幡氏の書評が出る前から、呉座氏も気が付いていたということです。

これで完全に疑いは晴れました。って両書評自体そもそも全然似ておらず、単なる言い掛かりなんですけどね。

研究者にとって「剽窃」のレッテルは非常に重たいものです。八幡氏も大学に属する人間ならば、素直に自らの過ちを認め、謝罪するべきではないでしょうか?

【追記】間違いを指摘された八幡氏のトンデモ対応については以下の記事を参照ください。

関連記事

【日本国紀】呉座勇一「批判者に対して匿名だの罵詈雑言だのと難癖をつけるのは筋違い」【当ブログが引用される快挙】

2019年1月10日

【失笑】『日本国紀』監修者・久野潤氏、自らの無能さを証明する書評を発表【iRONNA】

2019年1月7日

【朗報】保守論客・八幡和郎氏、『日本国紀』を「戦後史観的」と評価、保守分断化か

2018年11月19日



15 件のコメント

  • 国粋系論者でありながら『第三文明』誌に連載を持つ様なご仁ですから、自己の正当性に確信を抱きかつその立証に余念がないのでしょう。
    電車の中吊り広告で拝見する限り、「池田大作名誉会長を称揚し創価学会の教義を布教する一環として、日中・日韓友好を含む平和主義を主張する記事群」の傍ら、『革新系自治体』への妄執に満ちた敵意を露わにするご記事は、違和感に溢れる代物でした(誌面までは拝読していませんが)。

  • 八幡氏と言えば以前、池上彰氏の「パクリ疑惑」を追及していましたっけ?
    これは一体どうなったんでしょう?
    「池上彰「パクリ疑惑」へ「Me Too」騒動」
    http://agora-web.jp/archives/2034671.html

    ろだんさんも既にご存じかもしれませんが、これによると八幡氏は「ヨーロッパ的は穏健左派だし、アメリカ的にはリベラル」とのこと。
    八幡氏の名前はむしろ保守・右派論壇誌の方でよく見かけるような気がしますが。
    「リベラルの私が安倍首相を支持する理由」
    http://agora-web.jp/archives/2031255.html

  • 私は昨年11月13日の段階で井沢元彦説との類似性に気づき、twitterに投稿していました。
    https://twitter.com/moegi_hira/status/1083951321743425536

    八幡さんの記事は割かし『日本国紀』には好意的で「一般書だからいちいち引用元を明らかにしたり参考文献を挙げるのは難しいかもしれないが、井沢元彦説のようなユニークなものを参照にした以上、一言触れても良かったのでは」という論旨に思えます。

    これに対して私は、「正統的な学説に基づいて執筆すべき日本通史の本に陰謀論的な井沢説をちょこちょこ混ぜるのが問題」という批判的スタンスで記事を書きましたから、主張の方向が全く違います。

    これで盗用とは誹謗中傷甚だしい。

    • @呉座先生へ
      初めまして。常々ご高説を興味深く拝読しています。
      アゴラは言論プラットフォームを名乗りつつも、国粋論壇及び所謂保守論壇向けのお召し列車が年中引きも切らない印象を受けます。
      その様な中で、普通列車として情報流通及び交流の責務を果たしておいでですので、いち利用者として頼もしく思います。
      安倍政権政権系の論者はしばしば、「社会の改革に急進的なのがリベラル」「社会の資産を擁護するのが保守」といった定義付けには興味がないか、前者は新自由主義推進・後者は国粋主義復活を目的として読み替えるのが常に思います。
      とは言え、八幡氏に限らず「論説の為の適切な引用」に対する排斥と「剽窃の為の無断転載」に対する擁護はあらゆる学問の敵となりますので、キッチリとお仕置きして頂ける様にお願い致します。

    • 呉座先生
      私もそのように考えます。これで盗用云々は言い掛かりでしょう。
      私も両書評を比較して、全然似てないじゃん!って思いました…。

      • 早速拝読しました。
        八幡氏は、FBで朝日新聞デジタルにリンクを張ると死んでしまう病気にでも掛かっているのでしょうか?
        「百田史観は井沢史観のパクリだ!池上みたいな事するな!」と明確に批判出来ていれば、牽強付会とは言え呉座先生に対してももう少し強く出られるでしょう。
        それによる精神的得点より、保守論壇での失点の方が遙かに大きい以上、奥歯にコピペテキストの挟まった様な申し様も仕方ないでしょう。
        因みに、池上氏は解説者であって評論家ではないと考えていますので、「既存の学説を、非創作的であれ客観的にかみ砕いた上でのご論説」であれば妥当だと見做しています。
        知的財産権上の不適切性な処置が存在したにせよ、「一種の巷説に独善性をまぶしこそすれ、かみ砕きもせずにコピペした代物」とは、話題ずらしでさえ一緒くたにすべきでないでしょう。

        • 『井沢陰謀史観のパクリだ!』と書くべきでした。
          アゴラで素敵な表題共々ご愛読の皆さんが、あんなふにゃけた表現でフラストレーションを溜めないと良いのですが。

  • 八幡センセー、「僕が井沢説の一番乗り!」みたいな雰囲気ですがセンセーの記事よりも早い日付のAmazonレビューにも井沢氏の名がありますね。
    日本国紀界隈には論文も書かない謎先生がたくさんいらっしゃる…。

  • 八幡氏は以前から自主研究レベルの歴史本を乱発していましたが、その内容のお粗末さは2chあたりでも失笑を買ってました。最近はネトウヨに持ち上げられて舞い上がってしまっているようです。

  • 八幡氏は以前から思い込みの激しい自主研究レベルの歴史本を乱発していて、その内容のお粗末さは2chの歴史関係板でも失笑を買っていました。最近はネトウヨに持ち上げられて完全に舞い上がってしまったようです。

  • 八幡氏こそ盗作しているそうです!
    http://agora-web.jp/archives/2025422-2.html

    このagoraの記事と時事通信の記事がそっくりだそうです!

    中国主席、異例の軍事力行使容認=シリア攻撃に「理解」
    【時事通信:2017年4月8日】
     【パームビーチ時事】ティラーソン米国務長官は7日、中国の習近平国家主席がトランプ大統領との首脳会談の席でシリア・アサド政権への軍事攻撃について知らされた際、「子供が殺害されている時にそうした対応は必要だ」と述べ、「理解」を示したと明らかにした。中国首脳が他国への軍事力行使を容認する発言を行うのは極めて異例だ。
     トランプ氏は6日夜に行われた夕食会の終盤で習氏に対し、シリアへの攻撃を実施したことを伝達。アサド政権が化学兵器で女性や子供を殺害したことへの対抗措置であるとの理由を説明し、発射した巡航ミサイルの数も伝えた。習氏はトランプ氏が情報を提供したことに感謝の意を述べたという。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)