竹田恒和(JOC会長)が贈賄容疑で起訴手続き

オリンピックと収賄はコンビ

JOC会長・竹田恒和が2020年東京オリンピックに関連して、フランス当局から起訴する準備にはいったと報じられました。(息子は保守論客として高名な竹田恒泰氏)

フランス語ニュースサイト:L’homme fort des JO de Tokyo 2020 mis en examen pour « corruption active »

これまでも竹田恒和氏をめぐっては、東京オリンピック招致に関連して2.3億円ほどの資金が、JOC委員に賄賂として流れていることが報道されていました。

本人は送金を認めるも、正式な業務委託と主張

ただし、竹田恒和氏は、この2.3億円について、確かにコンサルティング会社に送金したことを認めながらも、それは贈賄のためではなく正式な業務委託と主張していました。

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は13日、招致委が国際陸連前会長のラミン・ディアク氏の息子に関係するシンガポールの会社に計280万シンガポールドル(約2億2200万円)を送金した事実を認めた。しかし、この会社は「ペーパーカンパニー」との指摘もあり、シンガポール汚職捜査局はフランス当局と協力して捜査していることを明らかにした。

招致委、2.2億円送金認める コンサル料、露薬物隠蔽絡む口座(産経新聞 2016.5.14)

なんと送金された2.3億円が、何に利用されたのか知らないそうです…。

2020年東京五輪・パラリンピック招致の不正疑惑で、招致委員会(既に解散)の理事長を務めた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は16日、招致時の13年にシンガポールの「ブラックタイディングス社」に支払った2億3000万円の最終的な使途について、同社代表のイアン・タン氏に「確認していない」ことを明らかにした。

東京五輪 竹田JOC会長「2.3億円の使途知らない」

さすがにそれって無責任すぎるような。

本当に知らないのか、知っているんだけど言葉に出せないのか、どっちなのでしょうか。

オリンピック招致に海外コンサルタント(=賄賂?)は必須との見解

ただし次のような意見も。竹田氏によれば、オリンピック招致を獲得するためには「海外コンサルタント」に送金することが必須なのだそうです。

2020年東京五輪招致を巡る、不透明なお金の流れが国会審議で取り上げられた。16日、五輪招致委の理事長だった竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長が、衆議院予算委員会に参考人で呼ばれた。……

海外コンサルタントなしには、招致は成功しないとまで言われている」。この日の衆院予算委員会。参考人として呼ばれた竹田会長は主張した。
竹田会長が説明した契約の経緯はこうだ。

招致決定2カ月前の2013年7月。投票権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)委員が多く集まる陸上世界選手権を前に、海外コンサルタント数社から売り込みがあった。招致委は大手広告会社の電通に実績を確認したうえで、その中からブラック・タイディングズ(BT)社(本社シンガポール)と契約。委託した業務は2度にわたり、計約2億3千万円を支払った。

13年7月、国際ロビー活動、IOC委員の動向と情報収集を委託し、その対価として、約9500万円。東京五輪招致成功後の同年10月には、約1億3500万円を振り込んだ。勝因分析が名目で、成功報酬の意味合いもあった。この額は業務に見合っていたのか。竹田会長は「有形無形の各種報告が成果。票獲得に欠かせなかった」とするが、「どう使われたか確認していない」とも述べた

オリンピック招致2.3億円の使途は「未確認」 JOC竹田会長、国会で説明(朝日新聞デジタル | 執筆者: 阿久津篤史, 2016年05月17)

ということで、やはり怪しげな団体にロビー活動の費用として送金したことは事実のようです…。今回の報道内容から察するに、このロビー活動なるものが、結局、贈賄に相当すると判断されたようです。

まとめ

以下のようにまとめられます。

  1. 竹田恒和氏が、海外コンサルタント会社に2.3億円送金したことは本人も認める事実。しかしこれを正式な業務委託であると主張。
  2. 竹田恒和氏曰く「海外コンサルタントなしには、招致は成功しない」。にもかかわらず海外コンサルタントが2.3億円を何に使ったのか知らない。
  3. フランス当局は贈賄目的で海外コンサルタント会社に2.3億円送金したと判断して、起訴の準備に入った。

さすがに、招致成功には海外コンサルタントが必須だと主張するのに、実際に海外コンサルタントが何にお金を使ったのか知らないというのは無理があるような…。竹田氏は正式な業務委託と主張しているわけですし。

そういえば石原元都知事が、2016年のオリンピック招致に失敗した時に、正攻法で行き過ぎたという旨を言っていました。やはりオリンピック招致に贈賄・収賄は切っても切り離せないのでしょうか?



9 件のコメント

  • 正式な業務委託のために送金したのに、使い道を知らない?いくらなんでも筋が通らないですねぇ。
    素人目にも怪しいって思いますよ。

  • どうせ他の国もやってるんだろうけど。
    隠すのが下手だったのか、日本だから標的にされたのか、どっちだ?

  • 日本国内では、甘利明元経済産業相への判決の様に、『ラミン・ディアク国際陸連前会長は、見返りを与える権限もないのに収賄した』という論理で幕引きを図る懸念があります。
    無論、フランスやシンガポールの検察当局が乗るかは別問題ですが。
    それにしても、ホイホイと収賄に応じるのみならず秘書のせいにして訴訟さえ起こさない様なご仁が、国務大臣(TPP担当)として国益を巡る交渉ごっこにうつつを抜かしていたかと思うと…

  • 文脈上、判断が難しいのですが、2段落目の
    >JOC委員に賄賂として流れていることが報道されていました。
    って、JOCじゃなくてIOCじゃないですか?

  • この男、人殺しなんですか?本当なら、平民以下の面汚し、ただの罪人じゃないですか。もし当時の新聞記事とかあったら、ぜひ記事にしてください。

    • 補足です。ネットを見ていたら、以前に二十代の女性を車で轢いて殺したという記事やツイートがあったので。そのあとオリンピックに出場までしていたらしいです。人殺しが何事もなかったかのようにオリンピックまで出られるのって、やっぱり旧皇族様の特権なんですかね。

  • 若い女性をひき殺しました。その後、なんの罪にも問われず。示談でもみ消し。平民なんて、死んだってイイワケよねw

  • とても怪しい。真っ黒け。
    (1)個人の判断で、送金したとは思えない。政府高官の了解も得ているのでは?
    (2)日本の法律に触れないのでしょうか?2億円以上の税金無駄遣いですから。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください