【小川榮太郎×長谷川豊】闇の組織が自分たちを追い込んだ!と言う妄想。【陰謀論】

トンデモはトンデモを呼ぶ

LGBT問題で「LGBTを認めるなら痴漢の触る権利を社会は保障すべき」などとトンデモ発言をしてしまい、『新潮45』を廃刊にまで追い込んでしまった保守論壇の風雲児、小川榮太郎氏。

フジテレビ時代に経費使い込み疑惑で処分を受けたり、人工透析問題について「殺せ!」などと暴言を吐いたりして世間を騒がせた問題児、長谷川豊氏。

こんな社会常識から逸脱したトンデモな二人の対談が、なんと『実話BUNKA超タブー』(Vol. 41, 2019.2.1)に載っていましたので、これを紹介したいと思います。対談のタイトルはズバリ「日本の報道を考える」です。

陰謀論丸出し

さてさてトンデモ発言をして社会から袋叩きにあったこのお二人。

その原因を次のように分析しています。

豊 一部分を切り取り拡散し、レッテルを貼り、本筋と関係ない話で騒いで既成事実化するのは僕の時とまったく同じ。小川さんに対しても、炎上させて攻撃しようという組織的な動きがあったとしか思えません。
 はい。一気に社会問題化させようという強い思惑を感じました。結局、発売から3日後の21日に新潮社の社長が事実上の謝罪としか思えない声明文を出しましたが、そこまでのスピードも尋常じゃない。わずか3日で出版社を追い込むのですから、一つの司令塔のもとに組織戦が行なわれた以外に考えられません。

陰謀論きましたー!

袋叩きにあった原因はトンデモ発言をした本人にあるのですが、全くその反省は無い模様。なんとその騒動の裏には、謎の「組織」(笑)がいると理解しておられるようです。

というか「一つの司令塔のもとに組織戦」って小川氏は言っていますが、誰なんでしょ、その一つの司令塔って…。お前らはそんな大物じゃないのだよ、と言ってやりたい。

LGBTを認めるなら痴漢の触る権利を社会は保障すべき」とか、人工透析患者を「殺せ」とか、本筋に関係あろうとなかろうと、切り取りであろうとなかろうと、言った時点でアウトだということを解っていないようです。

沖縄知事選を見すえた左翼集団の攻撃

さて、両者をイジメる謎の組織は、もちろん左翼集団らしいのですが、ここ最近の一連の保守論壇界騒動はすべてそいつらの策謀らしいです。

榮 杉田氏が『新潮45』に寄稿した論文も内容以前に「生産性」という三文字を切り取られて、一方的に批判されました。……ここのところ、私や杉田氏へのパッシングも含めて、竹田恒泰氏やKAZUYA氏のYouTubeのチャンネルがban(アカウント停止措置)されるなど、多くの保守系の論客が攻撃されています。私はこうした攻撃が強まっている背景には、9月初日の沖縄知事選を見据えた動きもあったのではないかと睨んでいます。
豊 沖縄知事選は日本の弱体化を狙う左翼集団にとっては絶好のチャンスですから、時期的に見て小川さんの予想は間違いないでしょう。
榮 私は、こうした攻撃は個々の論客への攻撃そのものよりも、日本における保守系の言論の封殺や弱体化が目的だと見ています。現在の状況は日本の言論にとって、非常に由々しき事態です。

きっと保守にとって都合の悪い出来事はすべて左翼の陰謀なんでしょうね。

本当に左翼にそんな策謀を巡らすだけの組織力があったならば、右派や保守に勝ち目はないはずなのですが、参議院も衆議院も選挙では自民が圧勝しています。いったいどういうことなんでしょ。

絶対に謝らないと宣言!

このように自らの失言が原因で炎上したにもかかわらず、その原因を左翼集団による組織戦と妄想してしまった二人。

全く反省していません。なんと次のように宣言。

榮 その通りで、今は暴力対自由という構図になっていますから絶対に負けられません。保守系の言論人がひとたび正論を言うと、攻撃にさらされ、非常に危険な立場に置かれます。ですが、私は絶対に「謝るな」ということを声を大にして言いたい。……発言を撤回することが自由な言論の死に直結するという自覚があまりにもないからです。この感覚は非常に重要で、私は失言も含めて絶対に謝りません。なぜなら、それも含めて私という人間の言葉だからです。
豊 私も、どんなに批判されても言論の自由は貫きます。今日はありがとうございました。
榮 こちらこそ、ありがとうございました。

いやいや、あんたらの発言は「正論」じゃないから…。

というか失言したって自覚あるなら謝ればいいのに、開き直るから更に炎上するんです。そんなところで頑固になるのは、言論の自由とは無関係でしょう。

まとめ

幾ら社会からバッシングを浴びているとはいえ、お二人は被害者妄想に陥っているように思えます。互いが互いの傷を舐めあいどんどん妄想が加速している気配が見て取れます。

このお二人が非難を浴びた理由は偏に自身の失言にあるのであって、それ以上でも以下でもありません。それを謎の組織の策動だと断ずるのは陰謀論に過ぎないでしょう。

そういえば小川榮太郎氏も、長谷川豊氏も、この対談が『実話BUNKA超タブー』に載ったことをSNS上で全く告知していません。フルトヴェングラーを嗜んでしまうほど高尚な小川氏や、東久邇宮文化褒賞(定価35000円税抜き)を受賞してしまうほど高尚な長谷川氏にとって、アダルト広告と記事が満載の『実話BUNKA超タブー』に対談が載ったことは、ある意味で屈辱なのかもしれません。

しかし、自身のトンデモ発言を正論と嘯いて反省しない両者にとって、当面は実話誌がお似合いでしょう。

【追記】本記事発表後、1.12になってようやく小川氏がFacebook上で告知しました。

関連記事

【日本国紀】百田尚樹氏に新たなパクリ疑惑。長谷川豊氏が、自身の講演会と「驚くほどにかなりの部分」が一致すると告白。当ブログが問い合わせたところ即ブロック。

2018年12月17日

【Hanada, 2019.1号】小川榮太郎氏、Hanada以外の論壇誌からハブられ恨み節(笑)

2018年11月27日




13 件のコメント

  •  >結局、発売から3日後の幻日に新潮社の社長が事実上の謝罪としか思えない声明文を出しましたが
    『幻日』は「21日」(発売日は,18/9/18)の間違いだと思いますので、ご確認をお願いします(昨今とみに、国粋系商業論考の校正は宛になりませんが)。

    喪女JKでもないのに、「私らがワビしいのはどう考えても左翼らが悪い!」等とは傍ら痛いにも程があります。
    文字の獄ではないのですから、回避したければ『発言にも気をつけい』という程度で充分では…

  • 哀れだが、どういう惨めな末路を辿るか興味深いので、このまま妄言を垂れ流してほしいな。暇つぶしくらいにはなる。

  • “アダルト広告と記事”を根拠なく負のラベルとして用いるのは止めたほうがいいと思う
    “アダルト広告と記事”それ自体は両氏の発言や思想には関係ないはずなのだから

  • マジなのか…。びっくりだ…。『発言を撤回する事が自由な言論の死に直結する』…逆ではないですかね?『過ちを自覚しても絶対に訂正しない言論には価値など無い』…と私などは考えるのですが。『言論は自説が覆るかもしれない所にこそ価値がある』と私は考えます。それを経た時にこそ、より自分が鍛えられ、真実のようなものに一歩近付くのではないか?…と。小川さんの言う『自由な言論』とは、自分が好き放題に喋って、皆がそれを賞賛するだけの世界なのですかね…?それ、私の感覚では『布教』とか『カルト』とか言うのですが…。『ありのままのボクを認めてくれ!』こんな発信がしたいのであれば、言論人よりも、芸能人や宗教家になった方がよろしいでしょう。そこでも批判はあるでしょうけどね。

  • 長谷部豊氏の『ワンピースに学ぶ反日問題』もなかなかのトンデモ本っぽいのでネタにしてほしいです。

  • 日本の左翼が一つの指令の下に次から次へと都合の悪い人物を社会的に抹殺できるくらいの力を持っているなら、なんで左翼政党は国政選挙でぼろ負けし続けて消滅しそうになってるんだよw

  • >本当に左翼にそんな策謀を巡らすだけの組織力があったならば、右派や保守に勝ち目はないはずなのですが、参議院も衆議院も選挙では自民が圧勝しています。いったいどういうことなんでしょ。
    >2019年1月13日 11:49 AM
    それにもかかわらず「全部左翼のせい」なんだから、道理で話が噛み合わないはずである。
    しかもこの陰謀論、自民党をも愚弄しているように見えるし。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください