【日本国紀】百田氏・有本氏RTの「コピペ擁護論」が崩れる。「フロイス日本史」からの歴史的事実以上の転載、および参照元未言及を認める。

『日本国紀』の「コピペ擁護論」

昨日より百田尚樹氏と有本香氏が、当ブログを積極的に言及して批判しています。

そんな中、当ブログで特集している『日本国紀』のコピペ問題について、ある方が次のようにツイートしました。

『日本国紀』のコピペ問題について、かなり頓珍漢なトンデモ見解を示しています。もうめちゃくちゃなのは、一体どっちなのかというレベル。

詳しくは後述しますが、端的に言って著作権法やWikipediaのCCライセンスなどを全く理解していないことは明白でしょう。

百田氏・有本氏がリツイート

しかし驚くべきことに、このトンデモ見解を、なんと百田尚樹氏がリツイート (;゚Д゚)

マジなの?

【拡散希望】ってあるけど、これが著者の公式見解なの!?

恐るべきことに編集に携わった有本香氏もリツイート。

な、何を言っているんだ…。

というのも百田氏はコピペした箇所について「誰書いても一緒の話や」と言っていました。ですから有本氏のこの発言と全く矛盾しています。百田氏の主観・考察が入っていれば、コピペ元と同じになるはずがありません。

こんな非論理的な発言を堂々とできるなんて、頭の中でどういう思考回路が成り立っているのか不思議でなりません。

しかしこんなトンデモ見解を両者がリツイートしている以上、きっと『日本国紀』の公式見解はこれなのでしょう…。

コピペ(無断転載)の定義の問題

しかし、氏の見解は滅茶苦茶すぎます。

なにより百田氏のコピペ(無断転載)箇所は、「1582年に本能寺の変が起きた」といった単純な歴史的事実のみならず、二次創作物の独自性や、文章の構造、表現に至るまで一致しており、加えてその参照元を明示していないことが問題なのです。

これは著作権法やWikipediaのCCライセンスを侵害している恐れがあります。事実、これらの状況を踏まえて一部書籍では「著作権者が権利侵害を訴えれば間違いなく認められる」と断じています。(参考記事

私はこういうトンデモ説を主張する信者には「何を言っても無駄だ」と思い込み放置していたのですが、なんとアンチ『百田国紀』氏がこれを解りやすく氏に説明。

ここでアンチ『百田国紀』氏が、氏に示しているのは、ルイス・フロイス『日本史』の諸訳対照です。次のように、誰が見ても『日本国紀』の一文は、特定の先行訳からの転載(しかも勝手に改変)です。

①『日本国紀』pp. 143-144②ルイス・フロイス(訳:松田穀一、川崎桃太)『フロイス日本史4』中央公論社, 1981, 第32章.③ルイス・フロイス(訳:柳谷武夫)『フロイス日本史4』中央公論社, 1970, 第83章.
信長についてはこう書かれている。
極度に戦を好み、軍事的修練にいそしみ、名誉心に富み、正義において厳格った
彼は中くらいの背丈で、華奢な体躯であり、髭は少なくはなはだ声は快調で、極度に戦を好み、軍事的修練にいそしみ、名誉心に富み、正義において厳格であった。……彼は中背痩躯で、髭は少なく、声は甚だ快調で、きわめて戦を好み、武技の修行に専念し、名誉心強く、義に厳しかった。
ほとんどまったく家臣の忠言に従わず、一同からきわめて畏敬されていた彼はわずかしか、またはほとんどまったく家臣の忠言に従わず、一同からきわめて畏敬されていた。……彼は部下の進言に左右されることはほとんどなく、全然ないと言ってもよいくらいで、皆から極度に恐れられ、尊敬されていた。
彼は日本のすべての王侯を軽し、下僚に対するように肩の上から彼らに話をした彼は日本のすべての王侯を軽し、下僚に対するように肩の上から彼らに話をした。……日本の王侯を尽く蔑し、彼らに対してまるで自分の下にいる家来たちに対するように見くだした態度で口をきき……
神および仏のいっさいの礼拝、尊崇、ならびにあらゆる異教的占卜や迷信的慣習の軽蔑者であった」とある一方、「極卑賤の家来とも親しく話をした神および仏のいっさいの礼拝、尊崇、ならびにあらゆる異教的占卜や迷信的慣習の軽蔑者であった。……ごく卑賤の者とも親しく話をした。……神仏の祭祀や礼拝はどんなことでも軽んじ、異教の卜占や迷信的な慣習はすべて軽蔑した。……ごく卑賤な、軽蔑されていた僕とも打解けて話した

【日本コピペ紀】「歴史的事実」ならば逐語的に一致するのか【仁徳天皇・フロイス日本史の諸訳比較】

2018年11月28日

説得は続く

このように「『日本国紀』の一文が、特定の先行訳と酷似している」という証拠を前に折伏が進みます。

なんと「百田氏の引用が歴史的事実を超えたものである」こと、そして「引用を明示していれば問題なかった」という問題の本質にようやく気が付いたようです。すごい成果。

さらに核心部分に進みます。

氏のツイートの日本語がやや不明瞭ですが、なんとアンチ『百田国紀』氏の説明に納得しています。

この事実は極めて重要です。つまり、歴史的事実以上の二次創作物からの無断転載があることを男氏が認めたということです。大成果です。

これを受けて当ブログが氏にシツコク凸して、次の言質を取りました(おかげでブロックされてしまいましたが…。シツコクて申し訳ありませんでした)。

まとめ

以上、氏は「歴史的事実以上の二次創作物からの無断転載がある」という点を認めました。これは、百田氏・有本氏がリツイートしていた氏の主張、いわば「コピペ擁護論」が崩れることを意味します。

もう一度振り返りましょう。氏は、当初、次のようなトンデモ説を主張していました。

氏が全く著作権法や、『日本国紀』をめぐるコピペ問題の要点を理解していなかったことは明らかです。にもかかわらず、百田氏や有本氏がこれをリツイートした理由は、恐らくコピペ問題を矮小化しようとしたのでしょう。

裏を返せば、本ブログに集積された数多のコピペ箇所指摘は、揚げ足取りなどではなく、まさに『日本国紀』を評価する上で最も重要な論点であるということです。

関連記事

【失笑】百田尚樹氏、ヘイト通報に恐れをなして「一般論として、人種差別をしたわけではありません!」と日和る。【通報案件】

2019年1月5日

【日本コピペ紀】「歴史的事実」ならば逐語的に一致するのか【仁徳天皇・フロイス日本史の諸訳比較】

2018年11月28日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日


45 件のコメント

  • 普通は説得など思いも寄らないコメントなのに、納得させられるなんて感動しました! アンチ『百田国紀』氏に敬意を表します。

  • 男さんは初め句読点やカギカッコまでコピペ文字数に含むのはオカシイもうめちゃくちゃですと仰ってたわけですがでもふつう日本語の文章というのは漢字ひらがなカタカナ数字アルファベットだけじゃなくいやむしろ句読点こそ文意を決めるキモであり打つ位置によっては意味を逆にも変えうる重要な構文要素なわけだからカッコ英文だってカンマ打つ位置大事だよねカッコ閉じるそれをオリジナルから写し取ったならカギ括弧含めて文字数にカウントするのは当たり前だろバーローてなわけでこのコメントみたく句読点もカギ括弧もなしで書くことは普通はしないおわり

  • アン・サリヴァン先生とヘレン・ケラー女史の、”water”に纏わる逸話を想起しました(Wikipediaには、コピペ出来るだけの内容が記載されていませんが)。
    ヘレンと違って、『男』氏の癇癖が治ったかはさて置き。

  • 上岡龍太郎さんは「立ち読みは万引きや」とよう言うとりましたが、
    出典記載なき長文引用は盗作の疑いすらありますが上岡さんの意見をお聞きしたいものです。

  • 1月7日 8:24 AM匿名様へ
    ウィキペディアから訴えが出てるのでしょうか?訴えがないのならウィキペディアは容認しているということです。何度でも言いますが、ウィキペディアから訴えが出てるのでしょうか?
    ウィキペディア自体がコピペで出来ています。非難するならウィキペディアを非難すべきです。
    そこにウィキペディアがあるからコピペしたのです。非難するならウィキペディアを非難して下さい。

    • ご指名頂いた者ですが
      あなたは何をいっているのか私のコメントは男さんの認識の誤りをつまり句読点やカギ括弧はコピペ字数に含まれて当然ということを指摘したものでそれは訴えが出ていようがいまいが全く関係ないことだよ字数カウント法の話なんだから

      ちなみに訴えが出てないなら容認してることになると言うけどそんなバナナじゃあ仮に私が百田氏の著書をまるごとパクってコッソリ出版して百田氏が気付かなければそれは容認してもらえたことになるの?気付かれても裁判さえ起こされなければ容認なの?パクった私を百田氏以外誰も注意しちゃいけないの?

      それと貴方はウィキペディアはコピペで出来ているから非難すべきはその元々のコピペ主のほうだと言うけどつまり最初に盗んだ奴からは又盗んでも構わないって意見かな?例えば他国の人が日本の仏像を勝手に持ち出してそれをまた別の人がさらに盗んで自分が創った作品として売ってもOKってことだよね?最初の人だけ非難しろと
      でも考えてみれば最初に持ち出した人は皆に見せようとしただけなんだよね何々寺から持ってきました!とちゃんと示して 二番目の盗んだ人は自作として売って利益を得ようとしてたけど
      さてどっちが悪ーくだ?

      なお私は門外漢なのでウィキペディア記事の著作権や引用の際守るべきルールがどう規定されているかはヘルプやFAQなど該当ページでご自分で確認してね容認してることになるとか勝手なこと言う前にマジで

      • 1月7日 1:25 PM 匿名様へ
        ウィキペディアへ問い合わせはしましたか?
        以前に「ウィキペディアの関係者と名乗る」とかの記事がありましたが、その後どうなったのでしょうか?
        ウィキペディアはコピペ騒動を知っているでしょう?知っていて何も行動を起こさないのは、百田さんがルールにのっとってコピペしたということです。論壇ネットさんがルールではないでしょう?

      • 1月7日 11:39 AM名無しのごんべぇ様へ
        どうして悪質なのでしょうか?悪質だという論理を示して下さい。
        あなたが悪質と思うから悪質なのでしょうか?

  • 「どうして句読点やカギカッコまで含めて文字数を増やしたいのか?」なのです。
    どうしてこのように意味を取り違えるのだろうかと思う。「どうして」という意味なのです。
    コピペで良いではないですか?

    • 文字数(コピペ量)を増やしたいからでなく、句読点やカギ括弧なども字数にカウント「しなきゃダメ」なんです。百田氏は違反し放題ですが、引用というのは本来「元の文を勝手に変えない」のがルール。テンやマルの数、括弧や感嘆符・疑問符の数もすべて正確に写し取るべきものです。
      よってコピペ箇所を判断する際、句読点だろうと何だろうとオリジナル由来と認められるなら計算に「入れないとダメ」です。

      • 1月7日 3:58 PM匿名様へ
        私は、「日本国紀」のコピペの仕方が良いとは思っていないです。コピペするなら文章を変えずにコピペすべきだったと思っています。また引用元を示してくれていた方が良かったと思っています。
        しかし、もう済んでしまったことです。百田さんを責めてもどうにもならないことです。

  • 私が「日本国紀」を評価しないのは、古代の間違いとコピペを隠す作業をしたことです。コピペで良いではないですか?

  • >9:56
    誰かが万引きしてる現場を押さえて、万引きよくないよ、と話をしたら、お前は店の人間じゃないから黙ってろ、と仰りたいんですね
    ここまで品性下劣な開き直り、ありがとうございました

    • 1月7日 12:57 PM匿名様へ
      コピペは万引きではないです。どうしてそのような発想になるのでしょうか?
      万引きは悪いことですが、コピペは良いことです。

      • (別の人だけど…)
        万引きは悪いことですが、コピペも悪いことです。ただしちゃんとルールに則った「引用」であれば悪いことではありません。むしろ国は著作権法上の例外として応援してくれています。百田氏もルールを守っていれば良かったのです。

        >どうしてそのような発想になるのでしょうか?
        このブログで言われている「コピペ」とは他人の著作物をコピーして出典の明示なく流用・発表する行為なので、万引きのように「モノ」を盗るわけじゃなくても、他人の仕事の成果を横取りするという意味で同じ「盗む」行為です。だから万引きに喩えるのは論理的整合性があります。

        なお、コピペが本当に良いことだと思うなら、『日本国紀』をコピーしまくって画像化でもPDF化でもWebサイトへのテキストアップでも何でもいいからして、拡散しまくってみては如何でしょう? 良い事か悪い事かきっと判りますよ。

        • 1月7日 5:29 PM匿名様へ
          ”『日本国紀』をコピーしまくって”はこのサイトのことですね。
          コピペは悪いことなのでしょう?それなのにどうして百田さんに無断でコピペをしまくっているのでしょうか?

          • 作文し終えて来てみれば、誰が誰にレスしてるんだか(笑)
            取り敢えず私は5:29PMなので直接ご質問頂いた6:17PMさんに答えます。
            以下、

            あのですね、先程の投稿ですでに述べましたが、このブログで問題視されてるコピペ行為とは簡単に言えば「剽窃」「盗作」です。そして、これもまた先程すでに述べましたが、きちんと出典を明記するなどのルールを守った「引用」なら勝手に文章を使ってもOKだよ!と、云わば著作権法上の“例外”を国は設けてくれています。

            例えば小説『永遠の0』を批評するのに、作中のセリフや文章を一切使えないとなると不便すぎるから、必要最小限なら使っていいなどの決まり事がいくつかあるんです。引用した部分より自分の書いた部分のほうがメインの構成になってることとか。

            著作物は著作者のものだけど、世の中全体の役に立ったほうがもっと良いわけだから、皆が自由に使えるような道も用意しておこう――という考え方、配慮です。細かなことは自分で文化庁ホームページ等で確認してね。

            で、私が見てきた限りでは、ここ論壇netはその「引用のルール」をきちんと守っています。例えば最近の記事で言えば、『勝手に焦土にさせられてた札幌~』という記事。
            https://rondan.net/10063
            6刷で修正された箇所を紹介する記事だけど、画像で引用されてるのは402ページの「3行」のみ。同ページ内でも記事と関係ない行は引用されてないし、出典も判る。
            こんなふうに、説明のための必要最小限の利用は“例外”として認めらるので違法にならないんです。

            もちろんこの意見は私のもので、実際には百田氏が訴えることも可能です(まず勝てないけど)。
            百田先生もここと同じように、ちゃんと出典を示すことで「本来の作者に敬意を払う姿勢」(←これが大事)を見せていれば、今のような騒動にはなってなかったかも知れません。
            ちなみに、本来の作者が匿名だったり複数人の共同編集だったりしても「敬意を払う姿勢」を持つべきなのは言うまでもありません。たとえ作者不詳でも、自分が作ったことにしてよいわけではないからね。

            ということで、このサイトで行われているのは【引用】で、法的に認められた行為です。百田先生の行った悪いコピー行為とは違うということをぜひご理解下さい。

            (ややこしいので固定HN化)

            • 1月7日 9:35 PM 匿名88号様へ
              私は、このサイトが無断でコピペしていることを責めてはいません。訳の分からないことを言って来るので、それに反論しただけです。長文で書いてくれているのですが、あなたの言っていることは理解していますよ。
              「日本国紀」のコピペの仕方が悪いことは分かっています。そのように虎ノ門ニュースには意見を送っています。
              私が言いたいのは、ウィキペディアがCCライセンスに照らし合わせて問題ないとしたものを、当事者でもない者が百田さんを泥棒呼ばわりするのはいけないと言っているだけです。
              批判するのは良いのですが、マナーを守って下さいね。言葉遣いにも気を付けて下さい。

          • 質問に答えてくれないのですか?
            どうして無断だとわかるのですか?
            どうしてコピペがいいことなのですか?
            論理的に説明して下さい

            • 1月7日 7:21 PM匿名様へ
              私は質問に答えるのに疲れました。もう夜中になっています。
              「どうしてコピペがいいことなのですか?」なのですが、武田邦彦先生からの引用文を示しておきます。
              ”原則: 学問で得られた結果は人類共通の財産だから、だれがどういう形で利用しても構わない。つまり「コピペは自由」で、良いことである。なぜ「良いか」というと、人類共通の財産を積極的に使うことを推奨しているからこそ、人類共通なのだから。

              例外: 学問で得られた結果のうち人類共通の財産にしない場合として知的所有権が定められていて、1)著作権(創造物に適応)、2)特許権、3)意匠権、商標権など、がある。
              もともと人間が生み出した知的なものは「人類共通の財産」として誰でも使えたのだが、18世紀になってイギリスで著作権が生まれ、続いて特許権も登場した。特許権は、「本来は発明はみんなで利用しても良いのだが、そうすると発明の意欲がなくなるので、「審査をして期限を区切って」権利を与える」という概念で、これは今でも変わっていない。”

          • 1月7日 6:17 PMさん
            アンチ『百田国紀』氏と男氏のやりとりを良くご覧になって下さい。
            「引用・コピペ」について触れてますよね。

            • 1月7日 6:40 PM匿名様へ
              「日本国紀」のコピペに問題があるのは分かっています。
              しかし、終わったことなのです。ウィキペディアは何も言っていないです。

  • 記事にある
    ”これは著作権法やWikipediaのCCライセンスを侵害している恐れがあります。事実、これらの状況を踏まえて一部書籍では「著作権者が権利侵害を訴えれば間違いなく認められる」と断じています。”
    は情報操作です。検索画面の「情報操作 – Wikipedia」には”根拠が薄弱なまま「○○の恐れがある」と不安のみを煽る報道”という文章が確認できます。
    朝日新聞の得意技です。また、「一部書籍」は多くの人の意見ではないです。書籍は無数にあります。

    • マスコミの得意技がどうかしたんですか?
      このサイトはマスコミだったんですか?
      無数の書籍で剽窃してたんですか?
      「「一部書籍」は多くの人の意見ではないです。」の意味が分かりません。
      何が問題なんですか?

      • 1月7日 4:22 PM匿名 様へ
        このサイトはマスコミではないから倫理は必要ないということですが?
        だから百田さんへの人格攻撃なのですか?百田さんは犯罪者なのですか?
        ”「一部書籍」は多くの人の意見ではないです。」の意味が分かりません。”については答えようがないです。
        もう一度小学校に行ってもらうしかないです。
        「著作権法やWikipediaのCCライセンスを侵害している」のなら、侵害された側が何か行動を起こすでしょう?
        私は、それを何度も聞いているのです。訴えは出ているのですか?
        あなたはお金などを盗まれたら警察に届けるでしょう?それを言っているのです。

        • 特定のサイトとマスコミに求められる倫理とは同じなんですか?
          訴えなかったら犯罪じゃないのですか?
          行動を起こそうにも起こせない理由があるとは考えないのですか?
          人格攻撃については人によって見方が違います。自分の価値観を押し付けてはいけないです。

          • 1月7日 5:50 PM匿名様へ
            「特定のサイトとマスコミに求められる倫理とは同じなんですか?」なのですが、違うと思います。
            しかし、百田さんへの人格攻撃はよろしくないと思う。
            ”行動を起こそうにも起こせない理由があるとは考えないのですか?”はその通りですが、当事者でない者がとやかく言っても仕方ないことです。
            人格攻撃については、人を傷つけるので自分の価値観で判断してはいけないです。

          • 1月7日 5:50 PM匿名様へ
            「訴えなかったら犯罪じゃないのですか?」なのですが、法律は良く分からないのですが、民事ではそうなるのではと思う。ウィキペディアには、
            ”民事訴訟は原告(及びその代理人)が訴え提起をする事によって開始し、またそれのみによって開始される。”
            と書かれていました。
            法律に詳しい人に聞いて見て下さい。

            • 本当に人を傷つけるかどうかは人によって見方が違います。自分の勝手な価値観で判断してはいけないです。
              民事訴訟で犯罪じゃないなら何が問題なんですか
              百田氏は「韓国いちご問題」の時に「泥棒」と表現していましたよ。
              これ、民事訴訟にはなってなかったですよね。
              泥棒もしていないのに泥棒と言われたらどうしますか?

              • 1月7日 10:47 PM匿名様へ
                「韓国いちご問題」は被害者がいます。しかし百田さんのコピペは被害者はいないです。
                被害者がいないからウィキペディアは問題なしとしたのだと思う。

  • 管理人 様へ
    泥棒もしていないのに泥棒と言われたらどうしますか?
    ウィキペディアが泥棒と言っていないのに、どうしてあなたが罪もない人を泥棒呼ばわりするのでしょうか?
    CCライセンスで判断した結果です。どうしてこれを受け入れることが出来ないのでしょうか?

    • ある程度名前を売った人間の愚かしい言行に対し、多方面から非難の声が上がることについて、これは「世の常」というほかないのではないでしょうか?
      もっとも、昨今のネット言論において、匿名性故の攻撃性、事実誤認、不寛容さに辟易することは多々あります。が、一読者として、このサイトは批判の要項を満たしているように思います。
      今回の百田さんの一件、「誤謬とコピペにまみれた粗悪本を執筆、販売する行為」そのもの、さらにツイートを含め、その後の対応が稚拙を極めたことが反感を招いているように思います。

    • 著作権侵害が親告罪から非親告罪になるのが規定されたら
      万引きされても気付いていない店より、万引きを目撃した第三者が軽いフットワークで訴訟するかもね

  • 「まとめ」
    リツイートしていた男氏が主張、
               の
    もしくは
    リツイートしていた『男氏が主張』
    『我が闘争』っぽいな、アカンか。

  • 2019年1月8日 12:07 AM匿名さんへ

    あなたは根本的に論点を理解していませんね
    世の中には「善意の傘」という物がありますね、どこかの団体が寄付してもいいですし、個人でも持ち寄ってもいいです
    その善意の傘を誰かが売っているのを知った時、あなたはどうしますか?
    私なら少なくともその場所に傘を寄付することはやめますね
    そうやって傘を売ることを止めず、皆が寄付することをやめたら善意の傘なんてものは消えてしまうんですよ
    あなたは被害者が問題だと言いましたが、私は被害者などいなくてもその影響が問題だと言わせていただきます

    クリエイティブコモンズとは法的には存在しない権利放棄の過程を、意思表示という形で合意する画期的なものです
    wikipediaだけではありませんよ、事はネットの自由に関わる問題です
    あなたの言っているコピペの良さとはこの自由によって成り立っているものです
    それが、不自由になっていくことが本当にいいことだと思っているなら、あなたの主張を止める権利は私にはありません
    しかし、権利放棄してくれる(善意の傘を提供してくれる)人が消えていくことだけは覚悟して下さい
    ルールを守らない限りコピペはどんどんできなくなっていきます

    • 1月8日 8:55 AM匿名様へ
      あなた様の言っていることは良く理解できます。私もそう思うところもあります。
      しかし、原則は武田邦彦先生の引用文を良く読んでもらうしかないです。
      百田さんのコピペは原則として「良いこと」なのです。
      ”原則: 学問で得られた結果は人類共通の財産だから、だれがどういう形で利用しても構わない。つまり「コピペは自由」で、良いことである。なぜ「良いか」というと、人類共通の財産を積極的に使うことを推奨しているからこそ、人類共通なのだから。

      例外: 学問で得られた結果のうち人類共通の財産にしない場合として知的所有権が定められていて、1)著作権(創造物に適応)、2)特許権、3)意匠権、商標権など、がある。
      もともと人間が生み出した知的なものは「人類共通の財産」として誰でも使えたのだが、18世紀になってイギリスで著作権が生まれ、続いて特許権も登場した。特許権は、「本来は発明はみんなで利用しても良いのだが、そうすると発明の意欲がなくなるので、「審査をして期限を区切って」権利を与える」という概念で、これは今でも変わっていない。”

  •  コピペした文章をプリントして仲間内で楽しむ程度ならともかく、自作と信じさせて有償で頒布してるんだからより悪質だろう。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)