【保守速報】栞一枚(1000円)につき500円も小坪慎也氏にピンハネされていた【原価10円】

栞家業

AdSense広告を全て剥がされた「保守速報」。

現在では一枚1000円の栞を販売して運営費に充てていることはよく知られます。

その様な状況のなか、内部事情に詳しいスパイの方が驚きの報告。

なんと販売されている栞の半額がピンハネされていたそうです。

で、わかったこと。
栞ちゃんは一枚10円で作れて、それを1000円プラス消費税・送料で売っている。
そのうち、500円が保守速報の取り分。
残りはカウンターカルチャーがとっている
(人件費、事務用品など)。
これは確実なんですよね。
で、消費税分プラス普通郵便とゆうメールの差額をちょろまかしてるでしょ?
郵送料98円プラス消費税80円は、ポッケナイナイ。
美味しいですよね。

国際信州学院大学の人が、凸ってくれましたよ 2019-01-02 15:33:18 | 日記(魚拓

保守ビジネス(笑)

いくら発送作業に手間がかかるとはいえ、まさか半額もピンハネされていたとは驚きです。なおカウンターカルチャーの代表は、ネトウヨ政治家として名高い小坪慎也氏です。

この小坪氏が「保守速報」を救済するために保守基金なるものを立ち上げたのですが、こういう目的があったのかとゲスの勘繰りをしてしまいますね…。

「保守速報」はこのような物販ではなく、素直に「カンパ」を求めてはどうなのでしょうか?

高須克弥氏のような篤志家が現れて、安定した運営費を提供してくれるかもしれません。

「保守速報」関連記事

【保守速報】新サイトを制作して広告料を得る作戦【さっそく嘘八百を垂れ流して物乞う】

2019年1月2日

「保守速報」の敗訴確定から見る、保守系まとめサイトと、保守論壇界のゆくえ

2018年12月13日

【時事】保守速報が敗訴【復活の道はあるのか? 寄せられたコメントの内容分析・感想】

2018年12月12日



16 件のコメント

  • 著名ボランティア団体に対して、お金を出さずに「人件費ガー」等と口だけは出しているボランティア評論家(笑)の皆さまは、どうお思いでしょうか?
    幾ら余命三年(の振りをしている)とは言え、24時間365日死ぬまでまとめ作業とエア闘病に費やしているわけではないのですから、栞の製造販売位は管理者ご自身でなさるべきでは…

  • 自分でやれば良いだけだが、一度小坪の利権としてしまった以上、切るにも切れないのだろうね。
    ビジウヨが自己定義上で作られた金目の繋がりだと良く分かる事例だわ。

  • 国際信州学院大学は実在しないネタ大学ですが、引用元のブログは信用して大丈夫なのでしょうか…?

    • 存じております。それを名乗った上で電話したのでしょう。
      その他情報も入手しておりまして、カウンターカルチャーの事務担当の方の名前の一致も確認済みです。

  • >管理人さん
    安心しました。
    記事本文にもその旨記載しておくと、変な言いがかりを付けられなくて良いと思います。

  • 株式会社カウンターカルチャー
    https://baseconnect.in/companies/0ef555d5-0881-43ce-9053-e06b34db054e

    SNS-FreeJapanのWebフォーラムの運営を行う会社
    行橋市の市議会議員小坪慎也が、政治を語るフォーラムとしてWebサイトを公開し、運営を行う。また、ロビー活動や請願、および選挙支援を主な活動とし、賛助会員として会費を募ることで運営を行っている。その他、機関紙の発行や販売を手がける。

    実在の会社組織を出してデマでしたでは洒落では済みませんので、こりゃまじすね。
    小坪しんやも、もしこの情報がデマなら、イメージが重要な議員としては対処せざるを得ないでしょうし、
    仮に法的措置をしなかったとしても、流石にこれはデマですとぐらい言うでしょうから、
    そういった簡単な反応すらないということは、図星なんでしょうなぁ。

  • カウンターカルチャーって既存の文化や体制に反対する文化ないし、運動のことを指しますよね。
    保守を標榜している人間が選ぶような名前とは思えんのですが・・・。一体どういう神経してるんだ?

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)