【悲報】ケント・ギルバート「WGIPが日本をダメにした」⇒読者「謝罪しろ」⇒ケント「被害者ビジネス乙」という謎の理論を開陳。おかげで「変態」になってしまった日本人の責任は?(笑)

保守ビジネスの外国人補強選手

虎ノ門ファミリーの重鎮で、ベストセラーを量産しまくっているケント・ギルバート氏。

そんなケント・ギルバートの不思議な発言を津原泰水さんが呟いていましたので、これを紹介したいと思います。

まず、ケント・ギルバート氏は、ツイッター上で次のツイートをピン止めしています。‏

被害者ビジネスするな!

にもかかわらず次のようなやり取りが(笑)

つまり、ケント氏が「日本はもう終わりですね」と言うなら、それはアメリカがWGIPによって日本を滅茶苦茶にしたことがそもそもの原因なのだから、アメリカは日本に謝罪しろというのです。

これは当然の理論でしょう。

これに対するケント氏の回答は驚愕。

WGIPによって日本人は洗脳されてダメになったと散々煽って商売しておきながら、その責任はアメリカにはないという(笑)

しかも、その責任を負えというのは、被害者ビジネスだというのですから開いた口が塞がりません。

*発言中の「どこかの半島の国の人」とは、おそらく朝鮮半島の慰安婦問題を揶揄しての引用。

GHQのWGIPによって洗脳されたけど、アメリカは悪くない理論炸裂。

当ブログでも何度か言及してきましたが、WGIP陰謀論の根本的錯誤点は、洗脳工作を図ったアメリカの責任を追及せず、なぜか批判の矛先が朝日新聞やらNHKやらに向いてしまうことです。WGIP陰謀論によれば、洗脳され反日の尖兵となったのが朝日新聞やらNHKだというのです。

しかしWGIPが反日思想を生み出すような恐ろしい洗脳工作であったならば、本来、真っ先に批判すべきはアメリカであることは言を俟ちません。

この様なよく解らない謎の構造が、ケント氏の発言のなかにも確認されます。もちろんこの場合、ケント氏のアメリカ国籍なので、「アメリカは悪くない」という愛国心が出てしまっただけなのかもしれませんが。

追記:変態になってしまったのも…

なお、ケント氏によればWGIPが原因で、日本人は「愛国心」に抵抗を感じる異常性をもつ変態なのだそうです。

ぜひアメリカは、日本人が異常性と変態性をもつようになってしまった責任を取るべきですね(笑)

『日本国紀』「WGIP洗脳世代」なる概念を論ずる:あるいは花田紀凱氏による『日本国紀』への評価を見て

2018年12月3日

【トンデモ】WGIPの裏にはコミンテルンが!(高橋史朗「GHQに葬られた日本の「武道」」『正論』2018.1)

2018年11月2日

【トンデモ】「朝日」憎けりゃWGIPも憎い。でもアメリカは憎くない(水間政憲「反日歴史認識の「教典」:『朝日新聞』は日本人洗脳放送『真相箱』に加担していた」『Voice』2014.6)

2018年10月23日


6 件のコメント

  • 前から思ってたのですが、
    ムダに「愛国者」気取りな宇予くん共の脳内世界では、
    アメリカという国は、
    かつて大日本帝国を罠にはめて「大東亜戦争」を引き起こさせ、
    戦争中は、東京大空襲などの都市無差別空襲や、広島・長崎への原爆投下などで多くの日本人を虐殺し、
    さらに、戦後は、このウォーギルトなんとかプログラム、とやらで、日本人を洗脳・無力化したような連中であるのであって、
    よくそんな国の軍隊の基地を日本国内に置くことを認めてんな、と思う。
    また、なんで、そのアメリカ人であるケント・ギルバート氏のような人物の発言をありがたがってんだろ、とも。そのケント氏が、アメリカによるそれらの所為を批判してる、というのなら話は別ですが

  • そもそも、WGIPだの東京裁判だのと言った小手先の代物より、ヤルタ会談及びポツダム宣言の方が、「日本全体の改変」という点で遥かに重大です。
    とは言え、当時は左派やリベラルが主権者の一員でないばかりか弾圧されており、陰謀論を駆使しない限り連合国への迎合を認定出来ません。
    引いては、「国家元首兼大元帥の分際で、マゾみたいに『耐え難きを耐え忍び難きを忍び難』んでるんじゃねぇ!」と言う論理に陥り兼ねません。
    『ヤルタ・ポツダム史観』認定及び批判を見掛けない理由でしょうか…

  • 某米国人「日本人はアメリカに愛国心を消されたけど、私は愛国心があるからアメリカが悪いなんて思わないぜHAHAHA」

    カモンベイビーアメリカですね。

  • NHKって右派からは反日の尖兵、左派からは政権に忖度してばかりいると言われるけど
    これはつまり中道とみてよいのでしょうか

  • >ケント氏のアメリカ国籍なので、「アメリカは悪くない」という愛国心が出てしまっただけなのかもしれませんが。
    アメリカ人に日本人の愛国心を語らせるという保守論壇の謎センス。
    これではむしろケント氏の方がWGIPの尖兵でしょうw

    【ケント氏の華麗なる変遷】
    『わが子を国際人にする方法』(1997年)
    http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002574701-00
    『国際化途上国ニッポン』(1998年)
    http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002735126-00
    『日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ!』(2017年)
    http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027976240-00

    90年代後半~2000年代って「国際化」ブームでしたっけ? ケント氏の言論もその程度ということなんでしょうか?
    「言論人」にもこういう人は多いみたいで、例えば清水幾太郎もブームが去った進歩派から保守派に転向したようです。
    この豹変ぶりは人間の恐ろしさと適当さをよく表していると思ってしまいます。

    • 11:46AMさんへ

      その手の出版物って、その出版の経緯で、「執筆者」とされる人物がどのくらい、能動的・主体的に関わっているのか、という点で色々あるのかもしれません。
      ケント氏の場合、自分発信というより、単に、周りから、「ケントさんに、是非こういう感じの本を書いて欲しいのですが・・・」みたいに言われて、それに応じる形で書いてるのかもしれません。まあ、単なる推測ですが

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください