【トンデモ】パンを食べたらガンになったり、ADHDになったりするぞ!だからご飯を食え。(『パンはも~いらない』美健ガイド社)

美健ガイド社のトンデモシリーズ

「美健ガイド社」の出している漫画シリーズは、「古き良き日本」の生活様式を取り戻そうとする保守運動の一つの有り方を示しています。

現代的なもの、非自然・天然的要素、欧米的要素は滅多打ち!美健ガイド社トンデモシリーズ。

毎回「戦前の暮らし、自然・天然、日本って言葉が大好き!」と言う気持ちが炸裂している作品群から、今回はこちら

現代日本食事情③:パンはもーいらない!!』(美健ガイド社, 2012)です。

タイトルを見るに、今回は「パンの隠された恐ろしさ」を解明してくれるようです。

うちではパンは食べません!

小学校からお話が始まるようです。

このマツコ・デラックスさんによく似た「校長先生」に、小さな男の子が学校給食で「パンはダメ」と言ったようです。

偶然にもマツコさんに似たビジュアルの校長先生は、どうやらパンが好きみたいですね。

少し前にバラエティ番組などで「白米好き」と言っていたマツコさんを思い出しながら、話を読み進めます。

それにしても、ビジュアルめっちゃ気になる。

この一家だったのかあああ!!!

この一家、美健ガイド社漫画シリーズファンならばピンとくる一家なんです。

「お肉=悪」を唱え、幼稚園のお友達に「死の予定」を聞いてしまった女の子の一家です。

美健ガイド社の理想は多世代家族。そしておじいちゃんからの「昔からの暮らしの伝承」

いつも話してることだから。つい言ってみたんだよ」と言う男の子から察するに、おじいちゃんから「パンを食べると死ぬ」と言う教えを受けているんじゃないかと思います。

子供の家庭教育がいかに重要か考えさせられる……

おじいちゃん、単機突撃!!

しかし男の子がが校長に「ダメ」と言ったところで、パン食をご飯食に代えてはもらえません。

そこで、おじいちゃんが校長の自宅に乗り込みます。

読んでたんですけど、おじいちゃん、完全に不法侵入してました。

先生がお風呂上がりで全裸でいる家に勝手に入って来ました。

え、もう何、こわい。警察は? え、おじいちゃんこわ!

もう何!?もうわからん!

パンが恐ろしい前におじいちゃんが恐ろしいんですけど!

と、とにかく読もう。

えっと、ですね、不法侵入したおじいちゃんは校長先生に「パンの恐ろしさ」を語り始めるわけです。

校長に怒鳴られます。でも怒鳴られるだけで済んでよかったね(?)

もう、ここまでで既に全体的に意味がわからないんですよ。色々ボケが散らかって。

今回の「パンはもーいらない!!」は美健ガイド社の真髄という感じです。

大きな話の流れは変わらないので、先生の洋食擁護のターンが来ます。

なんの話をしてるのか、私たちを置いて、どこまでも走っていく美健ガイド社。早い、早すぎる。ついていけない。

日本食なんて居酒屋さんで細々食べるのが現状でしょう

そうだっけ!??!???!?

ファミレスの日本食チェーンとかあるじゃん夢庵さんとかさ!おいしいよね!?

もしかしたら「ファミレスの日本食」は「エセ日本食」とか言う世界観!?早めにそう言う設定は教えておいてください!

あ、もしかしたらファミレスは「添加物を使っている儲け主義の極悪企業で、マスコミと政府はそれを隠蔽している」のかもしれない。

そうだった、美健ガイド社ワールド共通の世界観があったんでした。

世界観だけをまとめた「美健ガイド社ワールド パーフェクトブック (大丈夫!美健ガイド社の攻略本だよ)」を出して欲しいです。

パン食はとにかく危ない!!

校長先生の頑ななパン食愛を聞いたおじいちゃん。

先生のために、パン食の危険を語ります。

食べたら即死しそうな勢いで原材料をディスるおじいちゃん。容赦のないディス、ラッパーとしては優秀。

お米だって農薬使ったりするんですが、お米はいいんだ、和食材だからね。

さらにパンには色々な食品添加物が入っているらしい!

食品添加物は石油から作られている。

確かに、その昔「味の素」は石油由来の成分から作られていました。しかし今は違います。「サトウキビ」から作られていることは、企業サイトにも記載され、主な成分のグルタミン酸は昆布や野菜の旨み成分と書かれています。(味の素サイト様より)

昆布や野菜は、おじいちゃんが推しに推している食材なわけですが、美健ガイド社の今までの漫画を読んで得た「美健ガイド社の世界観」から考えると……

昆布ややさいの旨み成分はいわゆる「化学調味料」と同じ。

化学式で表せるものは全部化学物質

化学物質=毒

「昆布や野菜」には化学物質が入っている…おじいちゃん大変!もう何も食べられないよ!

美健ガイド社ワールドでは「食品添加物=化学物質=毒薬」という絶対的関係があります。そのせいで「おからも毒」になりました。

【トンデモ】添加物はとにかくダメ!何をしても人類は滅亡って決まってるからね!?(『子ども法廷シリーズ:食品添加物の光と影』美健ガイド社)

2019年1月2日

データは闇の中!パン食の弊害

具体的なパン食の悪影響を教えてくれます。

だいたいこのパターンです。奇形児や、障害を持つ子供が生まれると言う説明。

これは、本当に良くない手だと思います。

まだ判断力の弱い子供や、漠然とした不安を抱えている妊婦さんに対し、恐怖を与えて不安を煽るのです。そして、「でも私たちの言うことを聞けば大丈夫ですよ」と続ける。

これは、洗脳の手口と同じです。

さて、このうさぎの事件が本当に起きたのか調べたのですが、結局見つかりませんでした。

と思ったら!!!

学校給食会という組織が隠してる!!!

陰謀だーーー!!!!

さらに加速する美健ガイド社!早い!

調査中に行方不明……

一体、どこの美健ガイド社が情報を操作しているんだ……

いくらネットで検索しても事件がヒットしないなんて、おかしいと思ったら陰謀があったからなのか……

恐ろしい、闇の動物実験

更に怪しげな動物実験が紹介されます。

もうこれは実験というよりか虐待です。

だって「不健康な食事」「健康な食事」って時点で既に「不健康になるとわかっている食事」を与えているわけですし…

言ってることもやってることも、データもめちゃくちゃ!早く攻略本頂戴!バグが多くて先に進めません!

もはやパンが危険とか安全とかいう問題ではないですね。「不健康な食事」に至っては、別に「パン」って明記もしてないですし。

もちろんこの危険性は人間にもそのまま当てはまります。

さらっと出したデータ。やっと信頼できるデータなのかと思いきや、「ナショナル出版」を調べると

ガンが消える

とか疑似科学書ばかり出しているところでした……トンデモの世界は、どこかで繋がっているのだな……

散々パン食の危険を説いてきましたが、解決方法はただ一つ!

知ってた!!!!絶対そう言う流れだもんね!

ご飯は無添加!ご飯は無添加!ご飯への信用がマックス厚い!

和食大好き!でもおからは毒!昆布と野菜も毒を含んでるから、もうおじいちゃん実質米しか食べられないんじゃない!?

パパのしんみり居酒屋

今回、ストーリーを持たせた登場人物が多く、展開が激しいです。

お父さんがお友達と居酒屋で飲みます。

お友達のお母様が亡くなられたと言う話をしているようで……

でもそんな時 食べ物で治るって勧められて

って!!!!美健ガイド社のなんか読んじゃったの!?それはまずいよ!

トンデモはどんどん加速

食材をすごく具体的に言った!!!!!

丁寧に説明した!!!!!!

言いたいこと、それは「日本食がガンを治し、洋食がガンを再発させた」ってことなんでしょう……はっきりとは言わないけど、そう言いたいんだなって私にはすぐにわかったよ。

美健ガイド社の漫画シリーズはだいたいこれだからね……!!

さらには

お母様のガン再発からのパン給食攻撃!!!えぐいくらいの不意打ち!

崖を背に布陣して安心してたら、崖上から急襲された!

もう、何も言えなくなるこの展開。言葉失うストーリー。

給食で洋食を食べていたせいで、その味がクセになり、やめられなかった。だからガンで死んだ。パンのせいだ、そしてパンの毒を知りつつ食べさせていた奴らのせいだ!という鬼のような理論展開。

パンで脳に悪影響!?

パンの害悪説が広まり、商店街で活動が始まりました。

大声で「新米のお米で給食を!」と嘆願書の協力を募っています。。

そしてここでも「パンがどれだけ危険か」を話し合う人々……

食品添加物は脳に影響し、脳にアレルギーを引き起こしてADHD等になる……

最近、よく聞くようになったADHDは化学物質のせい。昔はそんなものは無かった。と言いたげな展開で話が進んでます。

この考え方、すごく怖いですね。

「エンゲル係数」についても話してくれますが

なんか、それ、違うんじゃない…????????

いや、違うって言ったら、この本全部が違うんですけどね……

どうすればいいの!?解決法まとめ!

最終的に、箇条書きでまとめてくれます。

みそ汁に対する情熱なんなの。

カタカナ食って何、カタカナ=英語=洋食という方程式があるの?

なんで朝にみそ汁作ったのに、その夜のご飯に前夜のみそ汁を温め直すの。朝のみそ汁はどこにいったの。

①に「カタカナ食を止め」って書いてあるのに、②には「カタカナの食品は週末だけ」って書いてあるけど、止めななくていいの?週一ならいいってこと?????

②の途中でパン食べてない!???!!?ねぇ!食べちゃってない!?

子供のストレスになるので完全撤廃はしないって書いた後の③で完全撤廃を強要してる感じあるけど!?スナック菓子と清涼飲料水の完全撤廃は、子供のストレスに関係なくやれってことなのか!?この小さなスペースで情報が多い!!!!!

まだある!!!

割と普通の後半。いや、普通じゃないですけど。

さらっと肉は危険、魚は安全っていう謎の決めつけとか入ってますけど。前半が凄すぎた。後半が弱いですね。

別ページにも箇条書きが

出典元がNHK『日本人の食生活』と書かれていたので、検索してみたところ1983年に出された本でした。

今が2019年ですから、だいぶ前ですね。この「パンはもーいらない!!」は2012年に書かれているわけですが、時代にあった資料と言えるのか疑問です。

「NHK」という名前を出したかっただけなんじゃ…と疑ってしまう!!

洋食材の知識がないだけで、洋食材自体が少ないという風に書かれているだけな気もしますし、最近は洋食材、和食材なんていうくくりにとらわれず、様々な料理が登場しています。

一体、美健ガイド社は読者をどこへ導こうとしているのだろうか。

箇条書きの小さなスペースにたくさんの矛盾を抱え、数行前に書いたことを忘れ、マツコさんを校長先生のモデルにし、左遷させた美健ガイド社。

具体的な病名や症状を上げてはいるものの正しい知識はなく、とにかく不安を煽りに煽って「でもこの本に書かれていることを実践すれば助かります」とまとめる。そんな手法で作られた物語を「漫画」という子供たちの読みやすいであろう形にして出版する。

そんな美健ガイド社の漫画シリーズです。

【トンデモ】添加物はとにかくダメ!何をしても人類は滅亡って決まってるからね!?(『子ども法廷シリーズ:食品添加物の光と影』美健ガイド社)

2019年1月2日

【トンデモ】ついに来た!電磁波の恐怖!IH調理器では1mの箸を使え!?(『裏側探偵団シリーズ 電磁波』美健ガイド社)

2018年12月21日

【トンデモ】TVゲームが脳を汚染する(『麻薬より怖い!?脳毒①』美健ガイド社)

2018年11月30日


21 件のコメント

  • 桜多先生はこんな晩節を汚す様なものを描いてて本当に悔いはないのか。
    金の弱みでネトウヨ人脈に絡め取られてしまったのだろうか。

  • ①の最後の文は「夜、多めに炊いたご飯」と「前夜の味噌汁」を朝ご飯に出せば簡単と言いたいのでは。
    カタカナ食も朝は禁止、他で週1~2回?

    しかし小麦が毒薬まみれってことは、この一家ではそうめんやうどんもNGなんですかね?
    香川県に行ったらすごいことになりそうですね。

  • ①の最後は「夜、多めに炊いたご飯」と「前夜のみそ汁」を朝ご飯に出せば簡単ということでは。
    カタカナ食(品)も朝は絶対ダメで、それ以外で週1~2回、と言いたいのでしょうね。

  • パンを食べれば死んでしまう。
    だったらケーキを食べましょう、
    だったらまだ嗤えたんですけどね。

  • 平然とビール(麦)が出てきたり炊飯器が出てきたりガスが出てきたり爺さんの謎の陣羽織にハチマキ姿…
    なんやろなぁこのツッコミどころに気付いてない感じ

  • 夜に前夜の味噌汁なら、その味噌汁はさらに前夜の味噌汁であって、でもそれはその前夜の味噌汁だから前前前夜?

    「うちの前夜の味噌汁は150年ものだ」とか?

  • パンを食べたら奇形児が生まれる!和食なら大丈夫!と言いながら「(奇形は)日本は群を抜いている。海外では原因不明の奇形は殆ど見られない」て。逆に和食の方がヤバイんでは?

  • >食品添加物は脳に影響し、脳にアレルギーを引き起こしてADHD等になる……
    この元ネタは、福島章『子どもの脳が危ない』(PHP新書、1999年)でしょうか。
    同書は「環境ホルモンの影響で現代の子どもや若者の脳は凶悪犯罪者の脳と同様の状態になっている」というトンデモです。この本は、先日紹介した森昭雄氏や高橋史朗氏にも影響を与えています。
    教育論に脳科学が持ち出されると、そのほぼすべてが「最近の子どもや若者の脳はおかしい」という論調になります。そしてそれはイデオロギーに関係なく支持されるという万能理論です。

  • 「エンゲル係数」の部分、「高熱」って何?と思ったら、「光熱(費)」の誤植だったり、推敲もいい加減…。

  • 魚のほうがむしろ生物濃縮でヒ素・水銀・そのほか重金属の濃度が結構アレなのは、美建ガイドワールドではなかったことになってるんですかねえ。

  • トンデモとは言えないんですけどね:

    乳がん患者の8割は朝、パンを食べている2015年10月10日

    「乳がん患者の8割は朝、パンを食べている」
    https://www.amazon.co.jp/%E4%B9%B3%E3%81%8C%E3%82%93%E6%82%A3%E8%80%85%E3%81%AE8%E5%89%B2%E3%81%AF%E6%9C%9D%E3%80%81%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-%E5%B9%95%E5%86%85-%E7%A7%80%E5%A4%AB-ebook/dp/B008974GBA

    という本を読んだのですが、乳癌患者には驚くほど共通した食習慣があると書いてありました。

    この本の著者である幕内秀夫さんは病院などで食事指導をしている方で、今まで何千人の患者を見てきたと言う。

    このデータから乳癌患者ほど食生活が影響している病気はないと言っている。

    それは

    〇朝はパンを食べる

    例1

    パンに油たっぷりなマーガリンやバターなどを付けて食べる。

    例2

    パンを食べるときには健康を考えて野菜も食べる人が多いですが、その野菜にドレッシングをたっぷり付ける。

    〇昼や夜にパスタやピザを食べる

    パスタ(特にカルボナーラ)やピザに含まれている油はかつ丼より多い。

    〇米、味噌汁を食べない

    米と言えば味噌汁が付いていますが、国立がんセンターが味噌汁2杯以上飲むと乳癌を予防できると発表しています。

    〇乳製品が大好き(バターや牛乳など)

    「乳がんと牛乳 [ ジェイン・プラント ]」という本がありますが、この本の著者は「乳癌の原因は牛乳(乳製品)」と断定しています。

    実際にご自身が乳癌であり、「牛乳を止めたら乳癌が治った」と言っています。

    牛乳(乳製品)は加工食品に間接的に入っていますので、必ずしも直接的に飲んでいるとは限らないです。

    〇赤味のお肉が大好き

    特に赤味の肉が乳癌の発症を促すと米ハーバード大学医学部医学助教授のEunyoung Cho氏が発表しています。


    ステーキやハンバーガーをはじめ赤身の肉が、若年女性のエストロゲン受容体陽性乳癌(がん)リスクを上昇させることが米国の研究で明らかになった。「エス トロゲン受容体陽性(+)」乳癌は、体内を循環するエストロゲンやプロゲステロンが高レベルな場合に誘発される癌で、乳癌の大部分はこの部類に入る。

    HealthDayより引用

    〇甘いものが大好き

    体の中で使われなかった糖は脂肪として蓄えられます。

    また、太っている人は痩せている人より乳癌の疾患率が高いと国立がん研究センターが発表しています。

    以上6つの原因を取り上げましたが、まとめると食の欧米化が乳癌を生んでいるってこと。

    食の欧米化を一言で言うと「高脂肪食」ですが、これが乳癌の発症に関わっているエストロゲンの過剰な分泌を促します。

    日本に住んでいる日本人女性の乳癌疾患率は欧米に比べると半分以下です。

    しかし、ハワイやサンフランシスコに住んでいる日本人は欧米各国と同じように乳癌疾患率が高くなっています。

    ここから分かることは人種に関係なく、欧米食を食べているかどうかで乳癌になる率が変わってしまうということです。

    2015-10-06_105543

    乳癌を発症するまでには10年から20年の長い期間がかかりますので、30歳で発症したのならば10代20代の頃から高脂肪食(欧米食)を食べているということです。

    私はこのまま行くと、いつか日本も欧米各国と同じような乳癌疾患率になるんではないかと危惧しています。

    まずは朝から日本食に変えてみましょう。
    http://kenkoubyouki.com/?p=676

    毎日のように次から次へとパンを買う父、誰も食べないので、毎日のようにそれを一生懸命片付け食べる母。
    1年のうちに、本人でもわかるくらいの大きなしこりが乳房に出来ていました。そう、乳がんです。

    すぐに乳房を全摘しました。しかし1年後、肝臓へ転移した後、母は亡くなりました。

    お酒もタバコも間食もせず、健康志向で、よく動き回っていたので、生活習慣が悪いわけではありませんでした。

    ただ、パンだけは、せっせと食べていました。早く片付けないと腐るから…と。また、ストレスもあったのでしょう。

    パンを食べると自然と脂っこいものやヨーグルトなどの乳製品がもれなくついてくる。その通りです。そして、甘いものも。。。

    乳がんほど、食生活に影響される病気はないそうです。カタカナ食よりひらがな食。納得です。

    パスタよりうどん、そば。パンよりお米。1日2食はお米を食べること。スイーツや乳製品・コーヒーもなるべく控えること。

    また、輸入小麦には、カビが生えないように、大量の防腐剤がふりかけてあると書いてあり、その事実に驚きました。

    スーパーで売られている食パンは、臭素酸カリウムが問題視されていますが、それ以前に、小麦自体にも問題があったんですね。

    お酒もタバコもない生活をしていても、スイーツやパン・パスタ・ピザなど、ある種ファッションとして好む女性が増えつつあるようです。

    そしてそれが、乳がん患者を増やしている一因ではないかと…。

    癌病棟へお見舞いに行った時に聞いたのですが、朝食にパンかご飯か選べるらしいのですが、乳がん患者のほとんどが、パンを選んでいたそうです。
    https://www.amazon.co.jp/%E4%B9%B3%E3%81%8C%E3%82%93%E6%82%A3%E8%80%85%E3%81%AE8%E5%89%B2%E3%81%AF%E6%9C%9D%E3%80%81%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-%E5%B9%95%E5%86%85-%E7%A7%80%E5%A4%AB-ebook/dp/B008974GBA

    乳がんは遺伝しやすい病気だといわれていますが、閉経後に脂肪を摂りすぎた場合にも、
    女性ホルモンの分泌を増やしてしまう為にかかりやすくなる病気だとテレビで知りました。
    私も今年44歳になり、閉経も近づいてきたことと、乳癌発生率の高い年齢になったことで、
    乳がんをとても意識するようになりました。

    女性は見た目や雰囲気重視で食事をする傾向があり、
    パスタなどの脂っこい食事を好むことが多いとか。

    確かに女性同士で食事をする時には、雰囲気のいいイタリアンなどが圧倒的に多いです。

    生クリームたっぷりのパンケーキやコーヒーなども…。
    自分たちはサラダなども食べているからヘルシーなつもりなんだけど、
    実際にはサラダにも油が結構使われているし、すごい脂肪を摂っているんだと気づきました。

    この本を読んでから、パンとご飯で迷った時にはご飯を選択するようになり、
    家で一人ランチをする時にはなるべく極力油を使わないですむご飯と味噌汁に納豆や煮物などの和食などを食べるようにしています。

    朝食にパンとコーヒーを選択することもありますが、バターはつけず、ココナッツオイルを使用しています。

    また、お付き合いでピザなどの脂っこいものを食べる時には、黒ウーロン茶やブラックのコーヒーを飲むようになりました。

    そのせいか、過多月経で生理中に外出することが困難だったのですが、この数か月で随分と改善されました。

    乳がん患者です。2016年3月に抗がん剤治療を終えて、4月に右乳房全摘。

    これからの生活や食事を気をつけて、もう二度と再発などはしない、と誓い食事をどうするか、と考えていた時にこの本に出会いました。

    まさに指摘されている通りの食生活でした。パンやパスタ大好き、果物野菜をよくとり、肉食べない、酒飲まない、煙草吸わない、ご飯食べない、と、、、ほとんどの条件に合ってました。

    この本の教え通り、和食中心に戻し、なるべくご飯は一日に最低でも二杯、味噌汁、魚を中心になりました。

    なぜ、病院では一番重要な食事指導をしないのでしょうか?

    バターやミルクたっぷり、生クリームたくさんのケーキやスイーツ、パスタやパンなどの洋食中心に戻ったら、せっかく治療したり手術して乳がんをなくしたのに、再発は必至でしょう。

    データがないから、わかりませんが、どれほどの乳がん患者が、食事内容を改めているのでしょうか?

    洋食中心から和食中心に直したから再発せずに済み、相変わらず牛乳たっぷり飲んで、バターやチーズをたくさん食べて、パンばかりの食事内容で再発を繰り返す、など食事が病気の予後に関係していることを、もっと知りデータがあれば理解しやすいかもしれません。

    余談ですが、私は乳がんになってから牛乳、バター、ヨーグルト、など乳製品を一切辞めました。それと、レトルトやインスタント食品、スナック菓子、チョコなどの甘いもの、スイーツの洋菓子を辞めました。

    抗がん剤治療中の時、通院で抗がん剤投与していたのですが、隣や周りで抗がん剤投与受けながら、コンビニの菓子パンや添加物だらけのサンドウィッチを食べる女性がなんて多いことか!驚愕でした。油だらけのスナック菓子やチョコレートを食べる乳がん患者もみました。

    こんな安易な食生活をすれば、また再発は必至でしょう。

    これまでの食生活をガラリと変えて身体を作り直す、免疫力を上げる身体にしていくには、食べ物が大事だと気づかない人は、自分で命を縮めているのだと思いますよ。

    抗がん剤や薬がガンを治すのではないのだから。抗がん剤や薬は、一時的にガンの進行を遅らせる効果だけです。

    乳がん患者さんで、牛乳は辞めたがバターやチーズやヨーグルトは食べている人もいました。まったく意味がない。
    同じ牛乳原料なのだから。

    江戸時代や昔の日本の食事にもどせば、乳がんは二度と再発しないのではないでしょうか。

    ちなみに、乳製品を一切絶ってから、重症だった花粉症は、治ってしまいました。牛乳はアレルギーや免疫力を壊すと思いますよ。和食で、ガンになる前より健康で元気になりました!

    • ちょっとした書評のコメントなのに、渾身のコメントを返していただいてありがとうございます。
      元ネタの本は良いところもある、悪いところもある。それだけに「古き良き時代の日本」の匂いがするから、という理由だけで思考停止してしまうのは、もったいないと思います。
      777のように、これをきっかけに思考を深めることができればいいな、と思います。

    • やっぱり洋食や欧米型の食事が悪いのではなく、偏った食生活がダメなんだと思います。肉やパンが一切ダメみたいな美健ガイドのマンガは極論すぎます。

  • むしろこの漫画全部正しいくらいだろ。
    パンが悪いと言っているのは漫画だけではないぞ。あのマドンナも日本食のシェフをつけているし。ジョコビッチはグルテンフリーにして世界ナンバーワンプレイヤーになれたし。
    自分自身も、肌荒れがとまり、疲れにくくなり
    花粉症も軽減した。

    • すげーなこれ本気で言ってんのかね。
      ジョコビッチはグルテン不耐症だったからグルテンフリーで体調が良くなったという話で一般的にパンが悪いわけじゃない。
      マドンナが日本食のシェフを付けてる云々は意味わからん、論外。有名人がすることは正しいとか思ってる感じか?思考停止もいいとこ。
      テレビで「あのハリウッドスターが食べてる食材!」とか紹介されたら即Amazonでポチりそうだなw
      自身の体験談はエビデンスレベルが低すぎてやはり話にならない。プラセボも観察者バイアスも何も排除できてない。
      個人的には「ネタだろ?」と言いたくなるくらいやばい書き込みなんだが、本気だったらこんなとこに書き込みしてないでもっと勉強した方がいいぞマジで。
      じゃねーと川島なお美みたいに疑似科学にすがって死ななくていいとこで死ぬことになるぞ。

    • パンが悪いというよりは、輸入小麦やマーガリンような添加物が悪いということだと思います。美健ガイドは国内の小麦農家も応援して欲しいものだ。

  • 頭の沸いたやつらがコメントしているな。江戸時代にだってガンはあったはず。ただ今のような明確な診断基準がなかっただけで。添加物も、世間が言ってるより全然危険なものじゃないぞ。

    • 横からだが補足
      確かに江戸時代にはガンはあまり知られていなかったようだ。
      そもそも平均寿命が今よりはるかに短い時代で、ガンになるほど長生きする人が少なかった。
      抗生物質が無い時代なので結核や梅毒の方がガンの何倍も恐ろしい病気だった。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください