『日本コピペ紀』で荒稼ぎした百田尚樹氏、「韓国いちご問題」を泥棒と表現【どの口が】

国士・百田尚樹氏の発言

Wikipediaやら新聞記事やらから無断転載しまくって『日本国紀』を仕上げた百田尚樹氏。

そんな百田氏が、韓国いちご問題について次のように正論をかましました。

どの口が…。

この「韓国いちご問題」とは、韓国農家が、日本の苗を元にいちごを栽培するとロイヤリティが発生するため、日本のいちごを掛け合わせて新種を作って売りさばいたという問題です。

日本の農家からすれば、ルールの抜け穴をつかわれて盗まれたようなものです。

しかしこれを無断転載しまくって『日本国紀』を仕上げた百田氏が批判するのですから、あきれてものも言えません。

韓国に対して日本農家が不満を述べることは当然ことです。だからこそ『日本国紀』のコピペ問題もまた糾弾されなくてはならないにのです。

保守論客とトンデモ科学者の近似性について——『日本国紀』監修者・谷田川惣氏を例にとって

2019年1月2日

【日本国紀】有本香氏にコピペ主導の疑い。本件を問い合わせたところ即ブロック【執筆のプロセスに関する考察】

2019年1月1日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日


10 件のコメント

  • 正規に借用した種苗を、無断で掛け合わせると新品種が産まれる訳ですが、無断で借用した文章を切り貼りしても、偽史一編さえ産まれませんね…

    • せっかく皆で擁護してるのに百田先生がこっそり修正したりして認めちゃうもんだから
      こういうかわいそうな人達が出てちゃうんだなぁ

    • ろくに調べもしないでのコメントだろうけど、批評のための引用でいちいち著者の許諾を得る必要があるんですか?

      • もちろん百田さんから許諾を得る必要はないです。私が言ったのは「無断でコピペしてることは同じでしょう?」です。

  • 武田邦彦先生のブログ「アコースティック哲学:友の条件」で、なぜ韓国を友人にしてはいけないのかが分かります。
    http://takedanet.com/archives/1073605892.html
    脱亜論は的中しました。韓国の併合に反対していた伊藤博文が暗殺され悪夢のような日韓併合となりました。
    韓国との付き合いは程々にすべきです。絶対に付き合えない相手なのです。1000年の恨みとかいう相手と付き合うことは不可能です。

  • 農家の怒りはもっともだが、その他大勢は怒る立場にはない
    日本は技術や知的財産の保護と利用を重要視してこなかったことが背景にはある
    悪辣ではあるが、韓国は逆にその重要性を十分に理解して国家ぐるみで事を進めていた
    事態の本質を理解していない人が感情論で批判してる限りは、また同じような失敗をするでしょうね

  • イチゴの件で韓国叩こうたってそもそも日本のイチゴ農家がそこまで生産してないからお互いに食いあうことはありえないだろ

  • いち愛読者 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください