【悲報】安倍首相、「年頭所感」にコピペ改変疑惑。四年間も使い回しか。

安倍首相

昨年度末に、コピペ本と名高い百田尚樹『日本国紀』を推してしまった安倍晋三内閣総理大臣。

なんと、首相官邸のホームページで公開されている「年頭所感」が、この四年間、使い回しであったことがアームズ魂氏によって報告されました。

比較テーブル

早速この四年間の「年頭所感」を比較してみましょう。

H28H29H30H31
お年寄りも若者も、女性も男性も、一度失敗を経験した人も、難病や障害のある方も、誰もが、もう一歩前に踏み出すことができる。「一億総活躍」の社会を創り上げることは、今を生きる私たちの、次世代に対する責任です。女性も男性も、お年寄りも若者も、障害や難病のある方も、一度失敗を経験した人も、誰もが、その能力を発揮できる一億総活躍社会を創り上げ、日本経済の新たな成長軌道を描く。 女性も男性も、お年寄りも若者も、障害や難病のある方も、一度失敗を経験した人も、誰もが、その能力を最大限に発揮できる「一億総活躍」社会を創り上げることができれば、日本は、まだまだ力強く成長できる。私は、そう確信しています。 女性も、男性も、若者も高齢者も、障害や難病のある方も、誰もがその能力を存分に発揮できる「一億総活躍社会」が本格始動いたします

平成28年度の文章をコピペして使いまわしていることは明らかですね。にしても今年(平成31年度)になってようやく「一億総活躍社会」が本格始動いたしますって、これまでの3年間はまだ始動していなかったんでしょうか…。

いったい本格始動していなかった去年と、本格始動した今年とで何が違うのか知りたいところです。

もちろん「一億総活躍社会」ですから、残りの2000万人は活躍する必要がないという素晴らしい教え。私も残り2000万のうちに入って楽して過ごしたいところです。

安倍首相はコピペ好き?

なお、もちろんご本人の文を自分でコピペして改変していますので、著作権法的には全く問題ありません(笑)

ただ単に、安倍首相にとって「年頭所感」はその程度のものだったということの現れに過ぎないということです。

ところで、そんな安倍総理ご自身も、自著『新しい国へ:美しい国へ 完全版』(文芸春秋)のなかで無断転載改変をしてしまっていますので併せて参照いただければ幸甚です。

【朗報】安倍首相も、同じ朝日系出版物から無断転載・改変していた【百田尚樹と同じ穴の狢】

2018年12月7日

安倍首相は「憲法改正」を本気でやり遂げる気が無いと思う根拠

2018年12月6日


コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください