【トンデモ】歯みがき粉は口の中を高濃度汚染地帯にする。(『子ども法廷シリーズ:歯みがき編』美健ガイド社)

美健ガイド社のトンデモシリーズ

「美健ガイド社」の出している漫画シリーズは、「古き良き日本」の生活様式を取り戻そうとする保守運動の一つの有り方を示しています。

現代的なもの、非自然・天然的要素、欧米的要素は滅多打ち!美健ガイド社トンデモシリーズ。

毎回「戦前の暮らし、自然・天然、日本って言葉が大好き!」と言う気持ちが炸裂している作品群。

今回取り上げるのは『子ども法廷シリーズ:出口のない毒 経皮毒 歯みがき編』(美健ガイド社, 2012)です。

始まりは突然!歯みがき剤の危険性

今回の美健ガイド社、唐突な始まり。

開廷後、すぐに「歯みがき剤」を毒物のように扱うフクロウさん。

早い!仕事が早いよ!

さて、フクロウさんの素早い仕事の後、いつもの主張です。

大人たちは化学物質を沢山使っている!

この1コマ目で、「企業が儲けるために化学物質を使っているけど、陰謀により公表されない」っていうこの物語の全てを読み解くことができるんですが、

それを言い出したら「美健ガイド社が出してる本」ってだけで、読まなくても同じことが全て読み取れるんで、読む意味が皆無になるんですよね。

企業側の主張!ヒーロー登場!

それはともかく今回は、弁護側にスーパーなヒーローっぽい何かが登場して、マウスウォッシュのスゴさを実演。

口の中がどうなってるか見せてくれるヒーロー的な何か。

細菌の集合体「バイオフィルム」を一掃!!

「細菌が一匹もいなくなったぞ!?」

!?

マウスウォッシュをいくらしても、歯磨きをいくらしても「一匹もいなくなる」ことはあり得ないので、企業側もCMなどのイメージ映像に「汚れや細菌がゼロになる映像」を作らないのですが。

でも良いんです。全てがファンタジー。

毎回言う「少しぐらい化学物質が入っていても大丈夫

これは「おすなよ」や「やめろよ」と言う類の「フリ」と同じですので、「ああいよいよきたぞ」と思って読みましょう。

さあ、始まりだ!!マウスウォッシュがなぜ危険なのか!?

もちろんこんなので納得する原告側ではありません。

ともかくイチャモン。

いよいよきたぞ!

ヒトの体には、いたるところに常在菌がいる。と言うことですね。

「もやしもん」で見ました。「もやしもん」読みましょう。すごく面白いし為になります。「もやしもん」良いですよ!

で、えっと、あ、美健ガイド社の漫画に戻りましょう。

常在菌のほとんどが「日和見菌」で、本人の体調などにより、良くも悪くもなる。と考えれば「善悪はない」と言うのも分かる気もしますね。「もやしもん」で読みました。もやしもん、いいですよ。可愛いですし。おすすめです。

「マウスウォッシュに何が入ってるかご存知なんですか?」

何だろう!?

う〜ん、多分……化学物質かな!?

「PG(プロピレングリコール)」が大問題と言うことのようです。

PGによって、皮膚から化学物質が吸収されやすくなる!(可能性がある)

「可能性がある」「言われているそうです」みたいな語尾が多いのが特徴的な美健ガイド社。

そして「ウラリル硝酸Na」!!

「これはとんでもない情報が出てきましたね」

誰に向かって言ってるんだ、自社を破壊するブーメランか。

基準を満たしている」これも毎回言います。

でも美健ガイド社からしてみると、政府と企業とマスコミは癒着しているので、そんなものは「陰謀」でカタがついてるんです。

舌の細胞が壊れる!?ついに先生登場!

マウスウォッシュをした直後のタケル君にオレンジジュースを飲ませます。

マウスウォッシュした直後ならだいたい変な味になるからね。

なんと言ったらいいのかわからない、複雑な思いになる。この子は今後、どう成長するのだろう。恐ろしい。

この後、企業側が「便利なんだから、化学物質が入っていてもいいだろう」と言うような主張をする、お決まりの流れ。揺るがない。

そこについに現れた!!!!!!

半兵衛先生!!!!!!!!!!

きたー!

毎回法廷に遅刻してくる先生きたー!

歯みがき後の口の中は汚染地帯!?

大きい声で怒鳴ることにより、主張が通る。

「歯みがき後の口の中がどんな状態になっているか」?

どうなってるんだろう!?うーん…スッキリしてるかも……。

ようやく、なんかデータっぽいものを出してきた美健ガイド社!

どうしたの!?今日はデータっぽいものを出しますね!

いかにもっぽい数字と、化学物質の名前を組み合わせ、〜%などと組み合わせるともっともらしいデータのように見えるんです。

こうして、雑誌の合間や、ウェブの隙間に掲載される「トンデモ商品の広告」が生まれるんですね。妙な水や石なども、この方法で説明すると「なんだか効果がありそう」に見せられます。悪用してはいけないワザです。

さて、魚の住める水質を基準に、口に入れるものを考えると、醤油、味噌、牛乳その他諸々が口の中に入れられないことになります。

先生の大好きな和食の味噌汁に稚あゆを入れると100%死にます。味噌汁は危険ではないですか?

これが「水質汚染の話」ならばともかく「経皮毒の話」です。なぜ稚あゆを出して来たのでしょうか。

先生は稚あゆなんでしょうか?もう訳がわからないよ。

歯磨きは合成洗剤説。

さあ!ともかく先生が来たので、法廷はもう子供たちのものさ!

化学物質を口に入れるのは危険!

そういえば、「粘膜は吸収率が高い」と他の美健ガイド社シリーズでも言っていました。

先生はトイレットペーパーも使わないつもりでしょうか。製造過程で何が使われているかわからないわけですからね。それを粘膜に当てたら危険ですからね。

ウォシュレットも家電なので、電磁波が心配ですし。先生は何で尻を……?

歯ブラシも、オーガニック素材のものなのでしょうか。それとも、江戸時代よろしく、フサ楊枝?

先生への妄想が止まらない!!

企業は知ってるけど隠していた説!

いつものやつ!

「企業は何か隠している」「マスコミは儲けのために報道しない」と信じ切っている美健ガイド社。

一体、普段どうやって暮らしているんでしょうか。こんな疑心暗鬼な状態で……

地獄き。この閻魔様、多分話とか聞いてない。

「地獄行き」って言うだけの仕事。

最後に爆弾発言。

最後に爆弾発言。

って言うか使っていいの!??!??!???!??!??!

少しでも使ったら、それが体内に蓄積され、さらに子々孫々害が出るから化学物質は少量でもダメと言い続けていたのに!??!???!??

歯みがき剤、歯みがきの回、と言うことで、私は「おお、来たぞフッ素陰謀か」と思ったのですが、想像を裏切り、さらにまた最後に裏切られました。

まさか使っていいとは……

歯みがきについては、ネットを少し検索するだけで様々な方法を推奨するページが出て来ます。

「歯磨き粉はNG」「研磨剤がダメ」「泡の立たない歯磨き粉が良い」「フロスは歯みがき後」「フロスは歯みがき前」等々……

私としては「行きつけの信頼できる歯医者さんに歯みがき指導を受ける」のがいいのでは…?と思います。歯みがきに迷ったら、歯科医!

専門家に相談せず、すべてを半兵衛先生に任せる!美健ガイド社の漫画シリーズです。

【トンデモ】添加物はとにかくダメ!何をしても人類は滅亡って決まってるからね!?(『子ども法廷シリーズ:食品添加物の光と影』美健ガイド社)

2019.01.02

【トンデモ】ついに来た!電磁波の恐怖!IH調理器では1mの箸を使え!?(『裏側探偵団シリーズ 電磁波』美健ガイド社)

2018.12.21

【トンデモ】シャンプーで不妊や奇形児に!?嫌なら米のとぎ汁で髪を洗え!!(『経皮毒:シャンプー・リンス篇』美健ガイド社)

2018.12.16

1 個のコメント

  • 「少しなら歯磨き粉を使っても良い」というまさかの大どんでん返し。一体なんだったのか…
    『牛乳はモー毒?』や『白砂糖は麻薬!?』などのトンデモ食育論は美健ガイド社の専売特許かと思っていましたが、そうでもなかったようですw

    『牛乳には危険がいっぱい?』
    https://store.toyokeizai.net/books/9784492041918/
    『なぜ「牛乳」は体に悪いのか』
    https://store.toyokeizai.net/books/9784492059258/
    『スイート・ポイズン』
    https://store.toyokeizai.net/books/9784492044841/
    『野菜の裏側』
    https://store.toyokeizai.net/books/9784492223048/
    「砂糖は体も心もぼろぼろにする」
    http://www.tos-land.net/teaching_plan/contents/7706

  • コメントを残す